ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Ai(遊戯王VRAINS)


ヨミ: アイ
掲示板をミル!
313カキコ!

Ai(遊戯王VRAINS)とは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ』に登場する謎の生命体である。CV櫻井孝宏


概要「オラはただの通りすがりのAIですだ~」


物語の重要なカギを握るAIプログラム

ハノイの騎士SOLテクノロジー社からは「イグニス(個体名なのか種族名なのかは現状は不明)」と呼ばれている。第3話にてAIであることと玉(EYE)だけの姿であることから藤木遊作に「Aiアイ)」と名付けられた。
草薙翔一と遊作の解析によると、人間にとって未知のアルゴリズムで構築されたプログラムだという。

AIたちの世界サイバース世界を、襲撃してきたリボルバーから護るため、ネットワークの何処かに隠した。そのことからハノイの騎士SOLテクノロジー社から追われる身となる。
元々イケメンヒューマノイドのボディを持っていたのだが、クラキングドラゴンに喰われてしまい、現在玉だけの姿となっている。その際にどの記憶データも破損し、何故追われているのかも覚えていない。

その後5年間を逃げ延びたものの、SOLテクノロジー社イグニスり出すために行ったLINK VRAINS内の大規模スキャンによって逃げ場を失い、その存在を知った遊作のにかかり捕獲され、彼のデュエルディスクプログラムとして強制的に取り込まれる。
その後は遊作からハノイに対抗するための「人質救世主」として扱われ、やむを得ず彼と共闘していくこととなる。

性格はお調子者且つ皮屋で、サイバース世界では嫌われ者を自称している。

遊作のことも「遊作」「Playmaker様」で呼び分けている。遊作からは勝手にハノイとの交渉材料に使われたりと、ぞんざい且つ辛辣な態度で扱われているが、Ai自身も遊作の管理を逃れて勝手に振舞ったり、都合の悪いことはをついて黙っていたりするのでおあいこと言ったところか。
しかし、遊作がハノイ敗北してしまうと自身の身も危うくなるため、デュエルの際に勝つためのアドバイスを送ったり、プログラムに干渉したりと、ハノイとの戦いをサポートしている。
スピードデュエルに挑むPlaymakerに、自身がプログラムした独自のスキル後にハノイの騎士リーダーであるリボルバーも使用している。Storm Accessストームアクセス」を与えた。リボルバーの様に自在にとまではいかないようだが、限定的にサイバース世界データマテリアルを開放し、ある程度動的にデータストームを引き起こすこともできる。

飄々とした態度で軽薄な物言いが立つ。
泣きをしたり、慌てたりと、玉だけの姿ながら胡散臭くも表情豊かである。
その一方でプログラムらしく、計算や合理性に基いた思考を持ち、人間の非合理な感情に困惑する様子も見せる。

注意 この項は、作品のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後にリボルバーった話によると、Aiの属する「イグニス」は、ロスト事件拉致された6人の子供達をそれぞれAIに学習させ、自を持たせた存在である。
その中でもAi藤木遊作を学習材料に形成されたAI。即ち、過去作にも存在した「主人公の分身」の一人である。

また、遊作も知らない未知のプログラムの中にAiの記憶プログラムは最初から入っており、Aiの記憶データの破損は全にだったことが明かされている。これ自体はAiの反応から真実だと思われる。
自分の利益の為に気で他人を欺ける知、これはハノイの騎士イグニスを危険視する理由の一端である。

遊作につけてもらった「Ai」という名前をとても気に入っているらしく、仲間に会うたびに自慢している。(「かわいい名前」「合理的」など、仲間からの反応は様々)

2018年4月1日テレビ東京あにてれ 遊☆戯☆王VRAINSサイトを占拠したことがある。(エイプリルフール企画)
トップページPlaymakerからAiに変わり、「このサイトAiが乗っ取った!」とデカデカと書かれていた。


AIは祈ったりしない。するのは動画を見るための計算だけだ!



■1496290943[ニコ動]

■ch2631707


関連商品を掴め!Playmaker!!


■azB0746CLLH1
■azB0785D7KGS

■azB076HNRQBN
■azB072Q3L4K3


関連項目



最終更新日: 19/01/15 22:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ