ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


AIM-120


ヨミ: エーアイエムヒャクニジュウ

AIM-120 AMRAAMとは、アメリカで開発された空対空ミサイルである。


概要「週刊 ワールド・エアクラフト」No.92 2001年7月 デアゴスティーニ


アメリカAIM-7の後継となる中距離ミサイルの選定を1975年に開始、その結果レイオン社によって開発された。ミサイルの全長はAIM-7とほぼ同じだが、AIM-120のほうが細身で軽い(発射重量157kg)。

AIM-7セミアクティブレーダー・ホーミングを使用しており、ミサイルを発射してから標に命中するまで発射機が標へレーダーを照射し続ける必要があった。当然発射機は機動を制限され、ミサイルが命中するまで回避行動も取れない。

これに対してAIM-120ではミサイル自身がアクティブレーダーシーカーを内蔵している。発射時の向と中間誘導(飛翔コース更新ミサイルに送信する)は発射機に依存するが、終末段階では自身のレーダーに切り替わるので、発射機は回避行動に移れる。

中間誘導での命を受信するアンテナミサイルの後部にある。飛翔コース更新は発射機のレーダーだけでなく、このミサイルフォーマットの送信機を持つすべての航空機から送信することができる。したがって、AEWが探知した標の情報中待機している戦闘機データリンクで伝え、戦闘機標位置をAIM-120に入して発射、発射されたミサイルの中間誘導をAEWが行なう、という運用も可。この場合ミサイルを発射した戦闘機レーダーを一切使用しないのでレーダー波を逆探知されて自機の位置を敵に暴露するというリスクを負わない。

最大射程は対進標の場合50km以上、退向標の場合約10km、最小発射射程は2km。


その他


AIM-120Bの場合は、標との距離が12nm22.2km)以内であれば、発射時からミサイル自身のアクティブ・ホーミングで誘導される。「BVR Beyond Visual Range石川潤一 航空ファン2007年7月

航空自衛隊では、過去にAIM-120を少数購入し試験・訓練を行なったことがある。2014年にはAIM-120C7と付属品、サポート等をFMSで日本に輸出する案件が承認されている。https://flyteam.jp/news/article/44199


関連動画



■sm26771413?ref=search_tag_video&ss_pos=1&ss_id=d8878ad8-e495-4f48-8a03-906b39692658[ニコ動]

■sm19185784?ref=search_tag_video&ss_pos=4&ss_id=d8878ad8-e495-4f48-8a03-906b39692658[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/08/08 23:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ