ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


apr(レーシングチーム)


ヨミ: エーピーアール
掲示板をミル!
1カキコ!

aprとは、レーシングマシンの設計、開発、メンテナンスから、チーム運営まで幅広く行うレーシングコンストラクターである。


概要


2014年チーム体制







SUPER GT
エントラント apr
エントラント代表兼監督曽裕人
チーフエンジニア#30 福田聡 / #31 堅田統
カーナンバ 30 カテゴリ GT300
マシン IWASAKI apr GT-R
ドライバー 岩崎 影山正美
ベース車両 NISSAN GT-R NISMO GT3
搭載エンジン VR38DETT 3,799cc V6気筒ツインターボ
カーナンバ 31 カテゴリ GT300
マシン OGT Panasonic PRIUS
ドライバー 新田 守男 / 嵯峨
ベース車両 TOYOTA PRIUS
搭載エンジン RV8K 3,400cc V型8気筒NA
タイヤ

(両)横浜ゴム

トヨタと連携してMR-Sカローラアクシオや、ARTAガライヤ(デザインメンテナンス運営を担当)などでSUPER GTに参戦している。 

ブレーキクラッチの製造販売を行うイギリスメーカーAP Racingとは関係である。

MR-S / カローラ・アクシオ GT

2008年まではMR-S、今年からはカローラ・アクシオGTベースにし、外観を含め大幅に改造を施したマシンで参戦している。
エンジンオリジナルのものではなく、前年までのMR-Sのものを使用し、搭載位置はミッドスペースめられ、外観はもはやカローラとは思えないほどのものとなっており、カローラの名を冠することに対しては、観客の多くが疑問を抱くところである。但し名前はカローラなので子供に「なんでフェラーリカローラに抜かれるの?と言われた。」とはあるドライバーの談。答えに窮したそうだ。

2006年2007年ディズニーアニメ・「トイストーリー」とのコラボレーション(#101:TOYSTORY apr MR-S)で、2008年は同じくディズニーアニメ・「カーズ」とのコラボレーションで、主人公ライトニングマックイーンをモチーフにしたマシン(#95ライトニングマックイーン apr MR-S)を走らせた。
2007年は、この#101:TOYSTORY apr MR-Sを駆った大嶋和也・石浦明組がシリーズチャンピオンいている。

また、2010年の第3戦より、「新世紀エヴァンゲリオン」とのコラボレーションで31号を「エヴァンゲリオンレーシング」として参戦させ、車両名も「エヴァンゲリオンRT初号機 apr カローラ」とめる事となったが、コラボ2010年の単年で終了した。そして2011年シーズンを持って後述のプリウスに移行するためカローラでの参戦は終了となった。

最近ではTDP(トヨタヤングドライバーズ・プログラム)の若手ドライバーを起用する傾向にあり、07年シーズンチャンピオンである石浦明、大嶋和也、昨年95に搭乗したなどは、現在GT500クラスレクサスを駆っている。

トヨタ・プリウス

2012年シーズンの参戦車両について、1月に行われたオートサロントヨタハイブリッド車プリウスを導入する事が発表された。
JAF-GTレギレーション定に伴いエネルギー回生システムの導入が認められた関係などから、「新技術」の導入を考えてとの事だが、発表の段階では「転がすのがやっと」と言う状況と説明があった。 

シーズン初戦の岡山ではハイブリッドシステムの不調でリタイアとなってしまったが第2戦の富士では持ち前のトルクを生かし直線番長の異名をとるポルシェ911オーバーテイクするなどの活躍を見せた。

第3戦のマレーシア・セパンではハイブリッドシステム未搭載になることが発表された。これはチームの事情ではなく輸出入規制の関係で日本からリチウムイオン電池を持ち出せないという致し方ない事情である。そのためウェイトやリストリクタ―などの調整が行われる模様である。なお、第4戦以降は通常通り積まれるとのことである。

ARTA Garaiya

aprは、ARTA ガライヤの開発にも携わっており、SUPER GTでは2003年よりこれで参戦。チーム運営マシンメンテナンスを担当している。

詳しくはARTAの項を参照。


関連動画



■sm5242323[ニコ動]

 


関連項目



外部リンク



最終更新日: 14/08/12 09:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ