ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ATM


ヨミ: エイティーエム
掲示板をミル!
56カキコ!

ATMとは、以下のことを表す。

もしかしてアテム


現金自動預け払い機


銀行信用金庫券会社、消費者融、クレジットカード会社等が設置しているATMは、各機関窓口で行う業務の一部を、機械で行うことができる。

機関側には人員圧縮の、取引者側には取引時間短縮のメリットがある。

今日、ATMは機関のみならず、スーパーコンビニなど商店、それに役場、鉄道など共施設にも設置されている。

またオンラインシステムの拡充により、24時間の取引が可となったり、ATMでの取引可内容が拡大され、それにATMの相互解放も進展している。銀行のATMでは、硬貨の入出に対応したものや、キャッシュカード宝くじを購入したり、記入で埋まった通帳を次の通帳に書き換えることを可としたものもある。

もともとはATMの他に、預の引出しと残高照会のみに対応した機械があり、CD(Cash Dispenser)と呼んでいたが、今日では機・台数共に拡大したATMにのまれ、機的にはCDであってもATMと呼ぶことがある。

また、ATMは自行のもの以外で預を引出したり、銀行の営業時間外に預を引出したりした場合は、108216円程度のATM手数料を徴収されるのが普通である。しかし取引状況により、この手数料を回数問わず、あるいはに一定の回数に限って無料とするサービスを行なっている機関もある。

日本では現引き降ろしはATMが流であるため機械を含めた所管官庁は金融庁となっている。なお、アメリカでは買い物の際にデビットを選択した場合、買い物の清算と同時にキャッシュバック(現を一緒に引きおろして渡してくれる)してくれる為、(スーパーレジとかの機械である為)かならずしも監督行政機関が所管ではなかったりする、このあたりは柄の差である。


日本と世界のATM


ATMは日本のみならず、オンラインシステムが構築されたところであれば先進国であろうと新・途上であろうと多くので見ることが可となっているが、日本のATMと世界の標準的なATMには、以下のような相違点がある。


関連項目



最終更新日: 18/07/25 22:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ