ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


B-1


ヨミ: ビーワン
掲示板をミル!
44カキコ!

B-1 by エイ

B-1とはアメリカ軍が運用している大爆撃機である。


概要


称は騎兵を意味する「ランサー」。運用者からは非公式に「ボーン」(B-oneと打撃の要としての”背”の意味をかけている)と呼ばれることもある。

長大な航続距離大な搭載量に加え高高度での音速飛行や低侵攻、さらに分散配備により中規模の滑走路でも運用できるように離陸距離の短縮という要仕様に対応するため、可変後退を採用している。後退の変更は手動で行われるが、前部と尾部の燃料タンク間で燃料を移送し、重心位置を補正するシステムが装備されている。またECMドップラーレーダー、地形追随レーダー赤外線監視装置など多な電子機器を搭載しており、幅広い任務をこなすことができる。


B-1A


1970年軍はB-1(後にB-1Bが提案され、それと区別するためにB-1A称された)の試験用の機体をロックウェルインターナショナル社に発注した。高高度高速侵攻(高度50000フィートでマッハ2.0)及び低侵攻の両方を併せ持つ戦略核爆撃機になるはずだったが、1977年、就任したばかりのカーター大統領によって配備計画は中止になった。ただ生産された試験機での研究は続けられた。


B-1B


1981年共和党のレーガンが大統領に就任すると、軍は次期多爆撃機としてB-1を推奨、大統領は合計100機のB-1Bを生産することを決定した。B-1BB-1Aべ低侵攻重が置かれ、高高度の巡航速度マッハ1.25に切り下げられた他、自重、最大離陸重量が増加した。

B-1B1985年から核兵器を搭載してのアラート任務についた。核兵器はB61 Mod.1、B61 Mod.7、B83の3種の核爆弾AGM-69A SRAM核弾頭を搭載したミサイル)を装備した。AGM-86B ALCMという核弾頭装備の中発射巡航ミサイルも運用できたが実際に搭載されることはなかった。

ソ連崩壊後の1991年B-1Bは戦略核攻撃任務から外れ、その後は通常兵器を使用する爆撃機として修された。初の実戦参加は1998年の「砂漠作戦で、それ以降も様々な作戦に参加している。

B-1B2011年に結ばれた「新戦略兵器削減条約(New Start)」以降は、核兵器運用は除去されている。米B-1B「ランサー」が核攻撃不可なワケ 話題の戦略爆撃機、封印はロシアが保証?[外部] 2017.9.16


ソ連への影響「ミグ戦闘機」ビル・スウィートマン 浜田一穂訳 原書房 1988 pp.228-230


大胆に言えば、B-1はソ連の防体制を一挙に旧式化させることができた。

B-1は戦闘機のような形態ときわめて効率の良いターボファンエンジンのおかげでソ連のどこへでもで侵入できる。ソ連の防体制は地上管制迎撃(GCI)に頼っていたので低侵攻にとりわけ弱く、標と迎撃機がともにレーダー被覆域の下に潜ってしまうと打つ手がなかった。

B-1の登場とベトナム戦争におけるラインバッカーの失敗(米軍B-52間に高を来襲したのにMiG-21PFはそれらを取り逃がしてしまった。B-52の損はすべて地対空ミサイルによるものだった)によってソ連の防体制における有人戦闘機根本的な革が避けられなくなり、早期警戒管制機MiG-31の開発につながった。


主要諸元(B-1B)「世界の傑作機 ボーイングB-1ランサー」文林堂 2007



登場作品



関連動画



■sm1824551[ニコ動]

 


関連商品


■az4893191497


関連項目



最終更新日: 19/07/20 00:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ