ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


B747


ヨミ: ボーイングセブンフォーセブン
掲示板をミル!
48カキコ!

ボーイング747とは、(B747, Boeing 747)とは、アメリカ合衆国ボーイング社が開発したワイドボディ・ジェット旅客機である。


概要


ボーイング747
Boeing 747
ひとまずVC-25で
用途 民間旅客機 / 民間貨物機
分類 ワイドボディ・ジェット旅客機
製造者 ボーイングコマーシャルエアプレイン
製造期間 1969年 -
総生産数 1418機(2010年9月現在
初飛行 1969年2月9日
運航開始 1970年1月22日 パンアメリカン航空

ボーイング747は、大量航空輸送の時代に新たな1ページを開いた革新的な機体である。
初飛行から40年を経た現在においてもトップクラスの座席数、収容を誇り、ジャンボジェット、あるいは単にジャンボ機とも呼ばれている。

アメリカ空軍の次期戦略輸送機計画に提出する機体として設計された大軍用輸送機ベースとしており、当時出現が予想されていた音速旅客機の就航後は貨物機に転用することを想定していた。 1階部分を全て客席とし、2階部分にコクピットを置く設計はこの構想による。
(現に、貨物機のボーイング747では、機首部分が大きく上に開くノーカードアが設置されている。)

座席数400をえる、途方もない収容は過大であると考える航空会社も多かったが、その分1席あたりのコスト、すなわち運賃が下がることとなり、をより身近にする結果となった。

日本においても、要な航空会社が軒並み採用しており、身近な機体といえる。特にJAL日本航空)は一時期世界最大の保有機数の記録を持っていたこともあり、発注機数は合計113機にもなる。

現在では、初飛行から40年を経て、エンジンの性が劇的に向上したため、より燃費の良い双発機に活躍の場を奪われ、の退役が進みつつある。
前述のように、一時は世界最大の747運航者であったJALにおいても会社更生法適用申請による経営再建の中、2011年3月1日JAL75便(JA8089号機 ホノルル空港成田空港行)とJAL3098便(JA8077号機 那覇空港成田空港行)をもって保有機材全てが退役。 ANA全日本空輸)でも2014年3月全退役が決定。3月31日ANA126便(JA8961号機 那覇空港12:35羽田空港15:00着)をもって全ての営業運航を終了した。
貨物の需要はライバルA380が貨物の開発を中止したこともあってか未だに旺盛であり、貨物機としての747の活躍はまだまだ続きそうである。日本国内の民間航空会社では日本貨物航空のみ保有となる。


バリエーション


長い生産期間の間に良が加えられ、大きく以下の3つの世代に分けることができる。


クラシックジャンボ


-100・・・747の初期モデル
SP・・・-100の短胴。「Special Performance」の頭文字。航続距離を延長する為に短胴化したが、これが巡航速度の向上という予想外の結果を生み出し、-300の製造に繋がった。
SR・・・日本航空会社の需要に応えた国内線用の短距離向け。胴体や着陸装置を強化。「Short Range(短距離)」の頭文字500人以上が乗れる。運用者はJALANAのみ。このうちJAL所有のJA8119号機は「日本航空123便墜落事故」の当該機。
-200・・・-100
-200F・・・-200の貨物仕様。「Freighter」の頭文字
-200C・・・-200の貨客混載仕様。乗客と貨物の両方を同時に輸送出来る。「Combi」の頭文字。-300にも設定。
-300・・・-200をベースにアッパーデッキ(2階席部分)を延長させたSUD(Stretched Upper Deck : 2階部分延長)。4機のみSRも製造。


ハイテクジャンボ


-300ベースに電子化。グラスコックピット化により航空機関士をし2人乗務を実現した他、一部を除いて端にウイングレットを装着しと燃費を向上させた)
-400・・・基本形態。際線仕様
-400F・・・純正貨物仕様。アッパーデッキが-200と同様の短いタイプになっているのが特徴である。
-400M・・・貨客混載仕様
-400ER・・・航続距離延長。外観は通常の-400と同じ。製造数は6機のみで、全機がオーストラリアカンタス航空にて運航されている。                                
 -400ERF・・・-400ERの貨物仕様。-400F同様アッパーデッキが短い。-400ERに世界中から多くの貨物航空会社から発注された。最後に製造されたハイクジャンボはこのタイプであった。
-400D・・・SRの後継となる国内線仕様。狭い日本空港事情と短距離では燃費向上の効果が薄い事からウイングレットは非装着。「D」は「Domestic(内)」の頭文字。運用者はJALANAのみ。このうちANA所有JA8963は「マリンジャンボ」と呼ばれる日本初の特別塗装機。
-400LCF・・・-400の中古機材をベースに胴体を大化した、ボーイング787コンポーネント輸送機。通称「ドリームリフター」。日本では中部国際空港に飛来する。振動を防止する為、こちらもウイングレットは非装着。


747-8


現在生産中の第3世代ジャンボ機で、胴体を延長すると共にボーイング787の技術を一部導入。B747シリーズでは初めてより貨物が先行してロールアウトすることになった。)
-8IC・・・旅客機ICとは「InterContinental」の頭文字B777B787等の長距離双発機にべ販売業績が芳しくない状況となっている。現在、ルフトハン航空
大韓航空中国航空の3社によって運航中。またアメリカ合衆国では次期大統領専用機として-8ICベースとした軍用が開発される見込みである。
-8F・・・貨物機旅客機べ多くの受注数を得ており、日本では日本貨物航空が-400Fに代わる新しい機材として導入している。


これ以外にも、旅客機から貨物機への転用改造機などが存在している。このうち-300以降の改造機は2階席部分の長さがそのままの為、純正の貨物機との見分けが付きやすい。またNASAアメリカ航空宇宙局)にも元パンナムユナテッド航空のSPを飛行文台として使用している他、元アメリカ航空の-100と元JALSRJA8117)をスペースシャトル輸送機として使用していた。


その他



関連動画



クラシックジャンボ関連



■sm9030612[ニコ動]

■sm13912234[ニコ動]


-400シリーズ関連


■sm12817857[ニコ動]
■sm1392189[ニコ動]


-8シリーズ関連


■sm16311377[ニコ動]
■sm18957019[ニコ動]


スペースシャトル輸送機


■sm17527584[ニコ動]
■sm17642200[ニコ動]


アメリカ大統領専用機特集「On Board Air Force One」


■sm12541214[ニコ動]
■sm12541295[ニコ動]


日本国政府専用機


■sm3669805[ニコ動]
■sm9882667[ニコ動]


MAD動画


■sm22682329[ニコ動]


MikuMikuDance


第12回MMD杯投稿作品

左:予選 右:本選

■sm22689371[ニコ動]
■sm22891726[ニコ動]

左:機体・作品解説 右:エキシビション

■sm23001712[ニコ動]
■sm23139995[ニコ動]


関連商品


■az4533113192
■az4802204744
■az4871493148
■az4061180290
■az4802206828
■azB002KFZH1K


関連コミュニティ


■community
■community


関連項目



最終更新日: 20/08/11 02:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ