ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BGA (Back Ground Animation)


ヨミ: ビージーエー
掲示板をミル!
10カキコ!

BGAとは、Back Ground Animationの略で、BMSで表示される映像部分の総称である。元々はBMSとして使われてたが、現在本家beatmania映像部分をBGAと呼ぶ者もいる。


概要


BMPの連続アニメパラパラマンガ形式)で表示されるのが基本だったが、近年開発された新BMSプレイヤーではMPEG等の動画も使用できる。256ピクセル×256ピクセルで作成したBMP(もしくは動画)を使用し、BMSファイル内にて定義を行い表示をさせる仕組みとなっている。

BMPの場合は使用できる枚数に限度があり、BMSプレイヤーによっては1000枚以上のBMPを使用できるものもある。動画の場合、再生はPCコーデック依存するため、現在MPEG1が流。最近ではHD画質対応のBMSプレイヤーの開発も噂されており、BGAについては以前とはべ物にならないほど進化を遂げつつある。

なお、BGA作成には楽曲作成とはまた違ったスキルを要するため、BMSBGA作成を両立させる作者は少なく、ほとんどの場合はBGA作家と呼ばれる映像制作を専門とする別の作者制作を依頼している。


BGA評価の沿革


BGA実装当初(BM98 Ver3.09)はBMSプレイヤーでの数ある機のうちの一つという認識が強く、それほど重要視はされていなかった。むしろBMSを遊ぶ上で必ずしも必要ではなかったため、精的にBGAを作る作者も少なく、また作ったとしてもBGAが表示されるBMSファイルと「no bga」というBGAが表示されないBMSを別に用意したり、BGA自体を差分として別配布する潮が強かった。また一方では、BGA表示をフル活用していたBMSAと呼ばれるMAD動画的なBMSも流行していた。

そのような「あってもなくても良い」という扱いだったBGAは、BGAの地位向上を図ったCIA UNIONの立ち上げや、BMSレビューサイトでの「BGAがないと完成品とは認められない」という某作者による発言により、徐々に「くてはならない」存在へと変化。BMSプレイヤーもその潮に呼応し、BMP定義数の増加・プラグインによる使用フォーマット増加・動画使用可等、機を拡充させていく。

現在は定期的にBGAを品評するイベントが開催されたり、BGA作者が作品を提供したクリップDVDが発表されたりして一定の市民権を得ている。また、一部のBGA作家本家beatmaniaIIDX映像提供したり、VJとしてBGA作家を越えた活動を行っている。


関連動画



■sm12261905[ニコ動]

■sm11776532[ニコ動]
■sm869254[ニコ動]
■sm2509785[ニコ動]

その他は、タグ「BGA」を含む動画の検索結果[動]を参照。


関連項目



最終更新日: 17/09/18 01:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ