ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BIG5


ヨミ: ビッグファイブ
掲示板をミル!
29カキコ!

BIG5とは、漫画遊戯王」及びアニメ遊戯王デュエルモンスターズ」に登場するキャラクター達である。


概要


海馬コーポレーションの重役グループメンバーはいい歳をした5人のオヤジ達である。
初登場は王編。海馬瀬人が意識不明となり経営が悪化した海馬コーポレーションを立て直そうと、瀬人と遊戯を倒すことを条件に海馬コーポレーションを譲り渡すことをペガサス約束する。しかし、ペガサス遊戯敗北したのでこの計画は破綻となった。原作漫画の出番はこれだけで、この後はどうなったかは不明だが、アニメ版では原作以上に立っている。

編終了後、アニメオリジナルであるデュエルモンスターズクエスト編では自身の解雇をかけて瀬人に開発中ゲームデュエルモンスターズクエスト」で勝負を仕掛ける。しかしこれは彼らのであり、瀬人の意識を電子世界に閉じ込め、「F・G・D」の生け贄にしようと企む。
結局は遊戯達によって救助され、自らの意識を使い「F・G・D」を出現させるも「究極竜騎士」に敗れ電世界を彷徨うことになった。
それからしばらく経ち、同じくアニメオリジナル乃亜編にて再登場。電世界を彷徨っていたところを乃亜に拾われ、彼の部下となる。乃亜によって電世界に誘い込まれた遊戯達に現実世界への復帰をかけて決闘を挑むものの敗北。後にBIG4本田体を手に入れたので、それを利用して遊戯城之内リベンジを挑むがこれも敗北。元々乃亜は彼らを捨て駒扱いしていたので、用済みとなった彼らは存在自体が抹消された。
・・・かと思いきや、GBAゲーム遊戯王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神」では海馬ランドロボットに乗り移って生きており、カイバーマンショー悪役として再就職している。損な役回りだが、現実世界に戻ってきただけで幸せ・・・なのかもしれない。

原作ではほんの少ししか出番がかったキャラが、アニメで大幅に出番が増えるパターン過去野坂ミホが存在する。彼女と同等、それ以上にアニメで強い印を与えたオヤジ達だろう。特にBIG2


メンバー紹介


ここでは出番が特に多かった乃亜編を元に解説する。


BIG1 大下 幸之助


デッキマスター 深海戦士
効果 自分モンスターが攻撃対になったとき、
自分フィールド上のモンスター2体を生贄にげることで攻撃を効にし、
そのモンスターの攻撃分のダメージを相手に与える。

BIG5のリーダー格。声優斉藤信行(1代)、園太郎(2代目)。
現役時代は企業買収のプロフェッショナルであり、「妖怪」の異名で呼ばれていた。
冷静な理論であり、世界格言に詳しく、それを決闘中に披露することが多い。しかし空気を読まないため、対戦相手の遊戯は「なんだ・・・こいつ・・・」「うるさいぜ!少し黙ってろ!」と不快な反応を見せた。
使用デッキアドバンテージを重視したコンセプトであり、場にモンスターを絶やさず並べ、デッキマスターで大ダメージを与える戦術を得意とする。「冥府の使者ゴーズ」の先駆けともいえる「精霊王ルクランバ」やドローフェイズをスキップする「ヨーウィー」等、現在環境でも通用するような強カードを操る。
最終的にデッキマスターが直接攻撃に対応していない弱点を突かれ敗北する。
遊戯をとことん追い詰めた実者であり、「クリボー」が勝手にデッキマスターにならなければ遊戯は詰んでいた。
なお、リベンジ戦では先鋒で登場したが、すぐBIG2に交代されてしまう。


BIG2 大瀧 修三


デッキマスター ペンギン・ナイトメア
効果 自分フィールド属性モンスターの攻撃を200ポイントアップする。

海馬コーポレーションの元人事部長声優鶴岡聡(1代)、大谷介(2代目)。
人物のデータ収集を得意としており、大のペンギン好き。
本人のプロフィール含め、詳細は「ペンギン・ナイトメア」の方が詳しいので知りたい人はそちらを参照。


BIG3 大岡 筑前


デッキマスター ジャッジ・マン
効果 1000ポイントライフを払い、相手モンスターをすべて除外する。
その後、除外したモンスターの数だけ相手に500ポイントダメージを与える。
この効果は相手ターンでも発動できる。

海馬コーポレーションの元顧問弁護士声優高橋広樹(1代)、竹本英史2代目)、八代進一(3代)。
どんな手を使ってでも裁判を勝利に導く悪徳弁護士であり、本人く「勝てる勝負しかしない」。
その悪徳ぶりは決闘にも現れており、城之内戦では彼のギャンブルを操作するイカサマを行い決闘を有利に進めた。しかしこの事が乃亜にバレて怒りを買ってしまう。それでも城之内の意志によりイカサマは続けられたのだが、最終的には彼との駆け引きに敗れる。弁護士なのに・・・
リベンジ戦では城之内敗北したにも関わらず未だ彼の実を見くびっており、それがBIG5最大の敗因を招いてしまった。まるで成長していない・・・
使用デッキは【低レベル融合ビート】。魔法カード融合モンスターを強化していくというしいコンセプトなのだが、デッキマスターが強すぎるのでそちらに頼っている感じが否めない。イカサマを含めても城之内を倒せなかったことから決闘の腕前はBIG5の中では最弱といえるだろう。


BIG4 大田 宗一郎


デッキマスター 機械軍曹
効果 自分の手札にある機械モンスターを任意の数墓地に送り、
その数×500ダメージを相手に与える。

海馬コーポレーションの軍需工場の元工場長声優吉川(1代)、杉野博臣(2代目)。
通称「工場の鬼軍曹」。思い入れのあ兵器工場が海馬瀬人に忠心を示すために自ら工場を爆破させられたことから彼に強い恨みを抱いている。また、剣道五段の実を持ち、木刀で瀬人を圧倒するほどリアルファイトが強い。
使用デッキは【機械族】。デッキマスターで地ダメージを与えつつ、機械族をサポートしていく堅実な戦術で御伽&本田&静香を追い詰めていった。
自身は「機械王」と融合し「パーフェクト機械王」となるが、それがとなり「ジャンヌ」と相討ちとなり敗北。しかし本田の撃破には成功し、BIG5の中で体を乗っ取っている。そして本田ロボットに・・・
リベンジ戦では「機械王」が召喚された際、理矢理デッキマスターを自分と交代し、遊戯が仕掛けたに引っかかる醜態を見せてしまった。


BIG5 大門 小五郎


デッキマスター 人造人間-サイコ・ショッカー
効果 相手フィールド上のトラップカードの効果と発動を効にし破壊する。

三郎が瀬人の誕生日に与えた最初の側近。声優竹本英史(1代)、泉尚摯2代目)。
幼少期から見守っており、瀬人の海馬コーポレーション乗っ取りにも協していた。
デッキには女性モンスターが大量投入されていたり、「お注射天使リリー」の攻撃時に「検診のお時間だー!」とノリノリで叫んだり、リベンジ戦では静香の体を狙いBIG2と口論になる等、BIG2並のエロオヤジである。また、名前繋がりなのか某名探偵時計麻酔を使う。
使用デッキは【キュアビートバーン】。デッキマスターと「王宮の勅命」で瀬人の魔法を封じ、「サテライトキャノン」の効果を活かして攻撃を封じる等、相当のガチデッキであり、実はBIG1と同等だろう。
最終的に「サテライトキャノン」の弱点を突かれ、「青眼の白龍」の攻撃により敗北
リベンジ戦では不甲斐ないBIG4と交代し、それ以降彼が決闘の進行を担当した。最初からそうしろよ。


関連項目



最終更新日: 19/04/20 19:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ