ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Bohemian Rhapsody


ヨミ: ボヘミアンラプソディ
掲示板をミル!
68カキコ!

Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)とは、イギリスロックバンドQUEENの楽曲及び2018年開されたイギリスアメリカ合作の伝記映画である。楽曲の作曲ボーカルフレディ・マーキュリー


概要


1975年発売の「オペラ座の」に収録されている一曲でありシングルカットもされている。シングルでのB面曲はロジャー・テイラーの「I'm in Love With My Car」である。

一曲で6分近い曲であったためにメンバーの中ではシングルカットに難色を示す意見もあったが、イギリスにおいて9週間連続一位を記録する大ヒットとなりQUEEN人気を決定付けた重要な曲である。


曲の構成について


QUEENロックバンドであるため、世間ではこの曲もロックとされている場合もあるがそのではこの曲はれない。

この曲は構成としてアカペラバラードオペラハードロック(一部ではメタル要素もあるという意見)の要素をそれぞれの場面展開として用いられている曲であり、それだけで壮大な雰囲気に仕上がっている。

また中間部のオペラパートQUEENにおいてボーカルを担当するフレディブライアンロジャーの3人がオーバーダビングを繰り返して収録したため曲では200人をえる合唱隊を作り出している(ただこの録音だけで2週間近くかかっている)


世界一有名なPV



■sm2421675[ニコ動]

■sm7224548[ニコ動]

この曲のPVが撮影されたのは1975年11月14日ロンドン近くにあるElstree Studios。撮影に掛けられた時間は4時間、制作費用は4,500ポンド。監督ブルース・ゴワーズ(Bruce Gowers)。

ビデオを再生してみると、まずを引くのは4人のシルエットである。このシルエットからクロスフェードによってぼわっと浮き上がる4人の構図はミック・ロックMick Rock)が撮影したQueenセカンドアルバムQueen II」のジャケット写真アイデアをそのまま引用したもの。これはメンバーの提案で、一番思い入れのあアルバムだったから、ということで採用が決定した。ちなみに、このジャケット写真アイデアドイツ女優マレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)の写真インスパイアされたものだという。

曲がバラードセクションに入って場面が切り替わると4人の演奏シーンブライアンによれば、「サウンドチェックがてら演奏してたのを撮影したんだ。」とのことである。

オペラセクションで見られる特徴的な視覚効果は編集で加えられたものではなく、すべて撮影時に一手間加えただけのもの。顔にい影がミヨヨーン伸びる効果はモニターカメラで撮影することで得られる効果。ビデオカメラテレビにつないで遊んだ人も居るはず。メンバー4人が増殖するシーンカメラの巣状のレンズを取り付けることで得られる効果。

この特徴的で有名なPV古今東西アーティストによってパロディされている。いろいろ探してみると面いかもしれない。


ライブでのパフォーマンス


この曲が初めて演奏されたのは「A Night At The Opera Tourイギリスツアーの初日である1975年11月14日10月30日シングルが発売されておよそ2週間後、全英シングルチャートで1位キープしているっ最中である。

1975年から1976年演奏においてはコンサートオープニングオペラセクションからロックセクションまでの部分を使い、バラードセクションをピアノメドレーに組み込んで演奏していた。(※1)

ただし、1975年12月24日クリスマスコンサートではオープニングがNow I'm Hereに変えられている。このことについて、一説によると、TV収録のための尺合わせと言われている。

1977年以降はアカペラセクション抜きのフルバージョン演奏されるようになった。 (※2)演奏位置はおおよそアンコールを除いたメインセットの後半に置かれることが多かった。

ちなみに、この曲の後はたいていアップテンポな曲がくる。例としてはKeep Yourself Alive、Tie Your Mother Down、Hammer To Fallなど。

(※1)
■sm9748454[ニコ動]

(※2)
■sm12575011[ニコ動]


関連動画



QUEEN


PVに関しては上記ですでに述べているのでここではライブパフォーマンスについてを取り上げる。

1979年12月4日 ニューキャッスル
おそらく、フレディが一番好調な日で、原曲を上回るパフォーマンスとも。
■nm4183315[ニコ動]

1986年7月12日 ロンドン
ファンにはもっともよく知られた映像の1つ。地元オーディエンスが熱い。
■sm6709346[ニコ動]

1992年4月20日 ロンドン
エルトン・ジョンElton John)とアクセルローズAxl Rose)がボーカルをつとめた。追悼コンサート
■sm2450368[ニコ動]

1981年11月24日/25日 モントリオール
フレディ存命中の映像ではもっとも高画質高音質映像の1つ。
■sm24346640[ニコ動]

1986年7月27日 ブダペスト
当時、カーテンを越えてコンサートをしたのは西側のバンドでは最大規模だった。最高画質
■sm18873087[ニコ動]

2012年6月30日 キエフ
Queen + Adam Lambertとしての演奏The Show Must Go Onつき。 
■sm18888500[ニコ動]
 


カバー


この曲に魅せられた数知れぬ多くの人がさまざまな形でカバーをしている。
それぞれの表現の違いを楽しむとともに、彼らの“Bo-Rhap”を感じてみよう。 

海外

■sm9618607[ニコ動]
■sm2444952[ニコ動]

■sm2067695[ニコ動]
■sm29737556[ニコ動]

※↑「Bohemian Polka」も参照されたし。

日本

■sm1583581[ニコ動]
■sm9970058[ニコ動]

■sm2487135[ニコ動]
■sm8988435[ニコ動]


映画「ボヘミアン・ラプソディ」


2018年10月24日英国開された、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた伝記映画日本国内では同年11月9日開。フレディらのバンド結成からメンバー同士の度重なる衝突を描き、伝説ライブエイドでのパフォーマンスを大規模なエンターテイメント性で再現している。

配給は20世紀FOX監督は当初ブライアンシンガーが務める予定だったが、製作途中で降デクスターフレッチャーが後任となった。

ラミ・マレックを演に迎え制作され、音楽プロデューサーにはブライアンロジャー本家Queenメンバーが携わっており、マレックのハイクオリティフレディの演技も相まってファンからの支持は非常に高い。

詳しくはこちらの記事も参照。→ボヘミアン・ラプソディ(映画)


関連商品


■azB004HHAQVK
■azB004HHAR78

■azB004CHSXX8
■azB005C8F2SK


関連コミュニティ 


■co18603


関連項目



最終更新日: 19/02/03 16:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ