ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BROKEN THUNDER


ヨミ: ブロークンサンダー
掲示板をミル!
153カキコ!

BROKEN THUNDER(ブロークンサンダー)とは、「再びく!!」「もはや伝説と呼ぶのもなまぬるい!!」等と謳いつつ色々とやらかしまくった、サンダーフォースを題材にした二次創作ゲームである。

本項では「―10年。は帰ってきた。」「伝説復活」等と謳い、わざわざ権利者から許可を貰ってまでブロークン並かそれ以上に色々とやらかしまくりやがった、サンダーフォースVI(THUNDER FORCE VIについても併せて解説する。


ブロークンした作品概要



BROKEN THUNDER


2007年とらのあな専売のWINDOWS同人ゲームとしてFactory Noise&AG(以下FNAG)が発売。

「サンダーフォースVI」として開発されていたが、版権が降りなかった為タイトルを変更している。発売前から元テクノソフト所属である九十九百太郎が「サンダーフォースV」の没曲や新譜を収録したCDを発売しており、多くのファンから期待を集めていた。

が、その実態はプロデューサーすら認める未完成(しかも発売直後は買って同封のテキストファイルを見るまで解らないという状態)であり、先行者が直立不動で宇宙を駆り、ナイトレーベン物理法則視で回ってケツからレーザーを撃ち、3ボスのみがアクションをし、「V」のボスキャラ「A3」らしき物体が体勢を維持したままありえないレーザーを撃ち、土偶が微動だにしないで狂ったような弾幕を放ち、どのボスも死に演出がズコーという内容だった。

当然、俺の心がブロークンしたユーザーから批判が相次いだ。前述の同封テキストには「今後アップデートで対応する」とも書かれていたものの、FNAG側の二転三転する説明・対応(ブログで「元からアップデート前提だったので未完成品ではない」と発言、掲載した謝罪文内の「返に応じる」という部分をすぐさま「返品に応じる」と変更、mixi上で「アップデート要望に可な限り対応する」と発言するも数時間で削除等)もあって不信感ばかりが募っていき、騒動の末に販売停止・返対応という結果に終わった。その後、FNAGはブロークン関連の全権利を他社(未表)に移行したと発表、再リリースも匂わせていたが、結局何の進展も見られなかった。本当にそんな話があったのかは非常に疑わしいが。

また、開発には外注のスタッフも多数参加していたが、まともな打ち合わせがど行われない、他のスタッフの顔もど知らないという、異様な制作体制だった事が彼らにより言されている。挙句、制作したモデリングデータや立案したステージ・演出プランが実際の製品でど使用されていなかったり、前述の権利移行発表の際には何の連絡もかったどころか「実あるクリエイターにより急ピッチで作業が進行中」という、まるで「出来が悪かったのは外注スタッフのせいです」と言わんばかりの責任転嫁コメントをされたりと、FNAG側から非常にぞんざいな扱いをされた為、発売後は彼らからも多くの不満のが上がっていた。

一応、楽曲と世界観だけは評価する意見もあり、サンダーフォースVI発売後は「こっちの方がまだマシかも」というも散見された。


サンダーフォースVI (BROKEN THUDER II)


2008年セガテクノソフト関連の権利所有者からライセンス許諾されるという形で発売された、サンダーフォース11年ぶりの新作。開発元は未表なので不明(イベント等で「ガルチ」の名前が挙がっているが、スタッフロールには一切表記がく、関与の程がハッキリとしていない)。

基本的なシステムはVから大きくは変化していないが、「オーバーウェポン」のシステムに手が入り、「クロゥ(本作での呼称)」の消耗ではなく敵機を破壊してエネルギーを吸収・最大6本までのゲージストックし、ゲージ消費して発射するようになった。敵の通常弾も打ち消せるが、発動中は機体速度25%に固定される。また、最大3本までのゲージを消費して威を倍加させる「重ね撃ち」も可

楽曲面では、元ZUNTATATAMAYO、元コナミ矩形波倶楽部古川もとあき雷電シリーズで知られる佐藤セガガガ以降ゾルゲール哲と組む事が多い金子剛といったメンバーが手がけるのも売りである。

しかし、発売前から危惧されていた、プロジェクトリーダーを務めたゾルゲール哲による趣味の押し付け的な自己満足設定や演出から世界観を破壊してしまっており、俺の心がブロークンしたファンが多く、批判意見が多い。特にラスボスに至っては、漫画家時代の作品「横綱社長」からのデザイン流用である。発売前の駄に自信満々な発言や事実と異なる詐欺プロモーションユーザーを揶揄したブログ記事が火に油を注ぐ事にもなった。

ゲーム部分もそれなりにはまっているものの、適当オーバーウェポンをぶっ放しているだけで苦もクリア出来てしまう様な中身のさで、作りこみの甘い部分が非常に多い。更にシーンの大半が過去作の劣化焼き直し、おまけ自機消滅・再現100%フリーズメモリーカードデータ破壊といった危険な物も含めたバグも多数発見され、評価は芳しくない。グラフィックPS2とは思えないスカスカ・ペラペラ感で、意味な視点変更乱発と相俟って非常に見苦しい出来となっている。

ビッグネームが名を連ねた肝心の楽曲も、曲自体の評価は置いておいて「TFらしくない」「ステージと全くシンクロしていない」「なんで著作権フリー使ってるの?」「っていうかレイフォースとかグラディウスだろこれ、あとセガガガ」といった意見が集中しており、ニコ動内でも多くのBGM差し替えMAD制作されているのが現状である。

購入の際は、外部リンク先のwikiの閲覧やTF6の動画視聴の後で考え直すことをオススメします。ゲーマガのユーザー満足ランキングなんとかPortable(笑)を下回る点数を初登場で叩き出した挙句、そのままほぼ一年間最下位から脱出する事く集計を終えた事、その後、同誌で行われた「期待外れだったゲームアンケートぶっちぎりの一位を獲得するわ、「歴代ゲーマガ名誉名作ランキング」でそれまでの酷評っぷりを受けて「不名誉名作」として紹介されるわと、散々な代物である事もご留意ください。


在って無い様なストーリー



BROKEN THUNDER


銀河連邦軍と地球統合軍が共闘し、敵勢メフィスト」(=IVファウスト)と争う。前史である小説も含め、設定上はそれなりに凝ったストーリーになっているものの、ゲーム中ではそれが全く活きていない。また、サンダーフォースと同じくテクノソフト制作したSTGハイパーデュエル」と世界観を共有しており、ハイパーデュエルはこれより更に後の時代という設定。ちなみに、前述の先行者ハイパーデュエルの自機三機のオリジナルにあたる「BG-00 "Black Angel"」(4面ボスだったり最終面で共闘したりしたい機体)らしい。全く似ても似つかないが。


サンダーフォースVI


地球に「オーンファウスト」と名乗る連中が侵攻して来てさあ大変。勝ちいし、全に破壊されたなのに何故か現存していた「Vasteel」の封印解いて、銀河連邦に救援してもらいましょう。と息巻いて戦ってたら、いつの間にか自分でオーンファウストの親玉倒してました、めでたしめでたし。というしょーもないお話。「IV以前とVを繋げる物語」とも謳われていたが、実際は矛盾だらけで統合性が全く取れておらず、全に破綻している。ゲーム中の通信で何故か「サンダーフォースVI」というセリフが飛び出す。


翼の壊れた主役機



BROKEN THUNDER



サンダーフォースVI



関連動画


歴代ブロークンシリーズ


■sm407820[ニコ動]

サンダートルコ

■sm5110393[ニコ動]
■sm5100548[ニコ動]
■sm5110205[ニコ動]
■sm6014516[ニコ動]

とんでもバグ

■sm5209338[ニコ動]
■sm10592534[ニコ動]


絶対に買ってはいけない関連商品


 ■azB001CFBSEE

※このゲームもどきは、あなたの大事なメモリーカードを破壊する危険性があります。
 実際にメモリーカード破壊バグに遭遇したという報告件数こそ少ないですが、
 発生する条件等は全く分かっていないので、プレイヤー側からは防ぎようがいです。
 セガも「そんなバグは確認できない」と逃げており、何の対応もしてくれません。
 絶対に買わないでください。


外部リンク



関連項目



最終更新日: 15/06/30 01:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ