ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BT(戦車)


ヨミ: ベテーセンシャ
掲示板をミル!
22カキコ!

BT(戦車)とは、第二次世界大戦の前からソ連で開発・運用された戦車である。
当記事では本の前身となった「クリスティー戦車」ならびフィンランド軍捕獲仕様についても取り扱う。


概要


1929年末、機甲部隊設立への構想を練ったソ連兵器調団を派遣した。的は世界戦車を視察して自の機甲部隊構想に見合う戦車を探し出し、そのサンプルとなる車両ライセンス生産権の購入である。兵器調団はヨーロッパを巡り、イギリスにて「カーデンロイド豆戦車」と「ヴィッカース 6トン戦車」のサンプル車両およびライセンス生産権を入手した。これらの車両は後に「T-27豆戦車」、「T-26戦車」として生産されることとなった。

その後アメリカへ渡った兵器調団であったが、ここで出会ったのがジョンウォルタークリスティーという人物である。「USホイール&トラックレイヤー」の社長を務める彼は、第一次世界大戦から独創的な兵器の開発で注を浴びていた人物であった。

彼が紹介したのは「クリスティーM1928」と呼ばれる戦車であった。この車両は武装は搭載していないものの、側面が二重構造となっている体に鋭い傾斜を持つ装甲、そして4つの大きな転輪と独特なサスペンション機構を持つ、後に「クリスティーサスペンション」と呼ばれる足回りを持っていた。航空機用の高出エンジンを搭載し整地で67.5km/hの高速を発揮、さらに最大の特徴として挙げられる「装輪装軌両用走行システム」により履帯を外しての走行も可であり、この時は実に112.5km/hもの快速ぶりを見せた。ちなみに装輪走行時では一番前の第一転輪がステアリングするようになっている(ホイールを止めているボルトで見分けることが可)。

この車両を見た兵器調団は1930年初頭にサンプル車両を購入、この時クリスティーから渡された車両の「クリスティーM1940」であった。数字を見ると10年ほどずれているように見えるが、これは「未来を10年先取りした戦車」という意味合いが込められた、いわゆる「さばを読んだ」ものである。したがって、資料によっては開発年通りの数字が振られた「クリスティーM1930」と記述されているものもある。

サンプル車両ソ連領内で試験され、1931年2月中旬に最初の生産「BT-2」がハリコフ機関車工場にて完成し、そのまま制式採用された。


実戦


BTシリーズは当時の世界戦車の中でも秀でたを持っていた。装軌状態で50km/h、装輪状態で70km/hをえる優れた機動第二次世界大戦においても希有なものであった。また45mmドイツIV号戦車が現れるまで全周旋回に搭載されたものとしては世界最大のものであり、戦車戦はもちろんのこと、歩兵支援においても圧倒的な威を見せつけた。

しかし傾斜装甲を取り入れながらも装甲防御は十分とは言えず、対戦車や野だけでなく歩兵火炎瓶などによる薄攻撃で多くが撃破されてしまった。そして独ソ戦が始まるとより強50mmを搭載するドイツ軍III号戦車に対して劣勢となり、それまで以上に消耗を強いられた。しかし後に戦車となるT-34KV-1といった戦車の生産体制が整い充分に配備されるまで、多くの損を出しながらも最前線を戦い抜いた。


影響


第二次世界大戦ソ連戦車徴する戦車の一つとして挙げられるT-34は、傾斜装甲やエンジン、足回りなどBTシリーズの設計コンセプトを多く受け継いでいる。BTシリーズの成功こそが傑作戦車を生み出すきっかけになったといえる。

また本による演習の様子を見たイギリス軍はこれに強い関心を抱き、独自のジャンルである「巡航戦車」を開発するきっかけとなった(イギリスクリスティー戦車の購入を打診していたものの、どういうわけかアメリカ政府の横が入ったため見送る羽となっていた)。


名前について


「BT」は「Bystrokhodny Tank(ビストロホドヌィタンク)」の略であり、ロシア語では「БТ(ベテー)」「Быстроходные Танки(ブィストラホードヌィイェターンキ)」と表記した。意味は「高速戦車」あるいは「快速戦車」である。またT-34の「ロジーナ」のような称もあり、本は「ベテーシュカ」と呼ばれていた。

以下、当記事での兵器名は「英語表記(ロシア語読み)」とする。


バリエーション



BT-2(ベテー・ドヴァー)


一番最初のクリスティー戦車を基に体前端部の装甲を強化し、1人用の円形を搭載した。転輪はアルミ製のディスク輪を引き継ぐ予定であったが、アルミ精錬の不足による価格の高騰によって鋳鋼製のスポーク輪で代替することとなった。

武装にはいくつかのパターンがある。以下の呼称は分かりやすいように便宜的につけたものである。

37mm B-3(5-K)戦車を1門のみ搭載したタイプ
標準
上記に加えて同軸にボールマウント方式で7.62mm DTを搭載したタイプ
を搭載せず7.62mm DA-2連装機関銃を搭載し7.62mm DTを撤去したタイプ

本来なら標準仕様で量産が行われる予定であったが、「37mm B-3(5-K)戦車」のである「45mm 20-K戦車」の量産がスタートした関係で37mmの生産が中止されてしまったため非武装の車両が発生(45mmは本には収まらなかった)、応急処置として機関銃を搭載した機を生産することとなった。

1931年中頃から1933年中頃にかけて60両、標準120両、機440両生産された。生産ラインの変動によって実戦投入は予定よりも大幅に遅れ、初陣1939年冬戦争もしくはポーランド戦であった。


BT-5(ベテー・ピャーチ)


BT-2で、搭載されるがより大45mm 20-K戦車となった。また装甲素材の品質向上が行われ防御が上がった。さらに1939年からは火炎瓶攻撃などで炎上しやすいと摘された体後部を修し、後にBT-7やT-34に引き継がれる構造となった。

の違いから以下の2種類が存在する。

1933年
円筒の「KhPZ(ハリコフ機関車工場)製」を搭載したもの。
1934年
装甲が最大25mmに強化されたの「OKMO(試作機械設計部)製」を搭載したもの。
このはBA-6などの装甲車T-26戦車T-35重戦車にも採用された。

両形式合わせて1933年後半から1934年末にかけておよそ2000両が生産され、1937年のスペイン内戦より実戦投入された。


BT-7(ベテー・スィエーミ)


BT-5ので、体の装甲が最大20mmまで強化され組立に電気溶接方式を導入、さらに体前部が被弾経始を考慮したデザインに変更され防御が大きく向上した。また新エンジンが搭載され重量増加による速度の低下は起きなかった。さらに燃料タンクが大化し航続距離は従来の2倍以上となった。本来なら76.2mmクラスを搭載することを的としていたが、生産不足のため従来通り45mmクラスを搭載することとなった。

の違いから以下の2種類が存在する。

1935年(BT-7-1)
BT-5 1934年と同様の「OKMO」を搭載したもので、体容積が増したことで45mm弾数は172発に増加した。一方で7.62mm機弾数は2394発となった。1936年から長用ハッチが対つきのものに変更された。
1937年(BT-7-2)
15度の傾斜を持つ円錐の「防弾強化」を搭載したもので、45mm弾数は188発に増加した。ハッチを開いた時の形状から「ミッキーマウス」とも呼ばれた。1938年から長用ハッチ対つきのものに変更され、さらに1939年から45mm 20-Km戦車(携行弾数不明)となった。

1935年1935年初頭から1936年末にかけておよそ1500両、1937年1937年初頭から1940年初頭にかけておよそ3000両が生産された。このうち対架を装備したタイプや新戦車を搭載したタイプの割合については不明である。1939年のノモンハン事変より実戦投入された。


スペック一覧


BT戦車 BT-2 BT-5
1933年
BT-5
1934年
BT-7-1
1935年
BT-7-2
1937年
全長 5.50m 5.66m
全幅 2.23m 2.29m
全高 2.16m 2.20m 2.40m 2.42m
重量 11.0t 11.5t 13.0t 13.9t
乗員 3名(長、手、操縦手)
最高速 装軌:52km/h
装輪:72km/h
航続距離 装軌:120150km
装輪:200~250km
装軌:150km
装輪:250km
装軌:350km
装輪:500km
武装 []
37mm B-3(K-5)戦車×1
45mm 20-K戦車×1
7.62mm DT×1
45mm 20-K戦車×1
7.62mm DT×2
[標準]
37mm B-3(K-5)戦車×1
7.62mm DT×1
[機]
7.62mm DA-2機×2
携行弾数 []
B-3(K-5):96

20-K:115
DT:2709発(63発入り弾倉×43)

20-K:172発
DT:2394発(63発入り弾倉×38)
20-K:188
DT:2394発(63発入り弾倉×38)
[標準]
B-3(K-5):96
DT:2709発(63発入り弾倉×43)
[機]
DA:2709発63発入り弾倉×43)
装甲圧 6~13mm 6~25mm 6~20mm

派生型



BT-2系列


BT-1(ベテー・アジーン)
クリスティー戦車に与えられた形式。資料によっては「BT-2の機」とするものがあるが、これは誤りである。
BT-3(ベテー・トゥリー)
BT-2のスポーク輪から、後にBTシリーズの標準仕様となる薄い鉄板をプレス加工したディスク輪に変更したものに与えられた形式。この呼称は設計局内での使用にとどまり正式名称にはならなかった。BT-2の後期生産分より作られたとするが、その割合は不明である。

BT-5系列



次へ»
最終更新日: 19/05/10 21:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ