ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BUMP OF CHICKEN


ヨミ: バンプオブチキン
掲示板をミル!
1140カキコ!

升ドット絵

[画像を見る]    [画像を見る]    [画像を見る]

BUMP OF CHICKEN(バンプオブチキン)とは日本ロックバンドである。称は「バンプ」「BOC」など。


概要


バンド名の意味は『臆病者の一撃』。物語性の高い詞のついた楽曲が特徴。
トイズファクトリー所属。

アルバムFLAME VEIN』でインディーズシングルダイヤモンド』でメジャーデビュー
メジャー2枚シングル天体観測』が大ヒットして以降、現在まで音楽チャートの第一線で活躍している。

天体観測 

また、メンバーの4人は全員幼稚園からの幼馴染というしいグループでもある。


メンバー



楽曲


数多くの代表曲を持つため、どれかしら一度は聴いたことがあるものも多いはず。ごく一部を抜する(詳しくは次項「来歴」へ)。

代表曲:「天体観測」、「の名」(『三丁目の夕日主題歌)、「ray」(初音ミク公式コラボした、紅白歌合戦出場曲)など

アニメ・ゲーム主題歌:「sailing day」(映画ONE PIECE』)、「カルマ」(『テイルズオブジアビス』)、「ゼロ」(『ファイナルファンタジー 零式』)、「Hello, world!」(『血界戦線』)、「GO」(アニメグランブルーファンタジー』)など

ネット的に有名:「ラフ・メイカー」「K」「ダンデライオン」など(FLASH黄金時代を支えた楽曲)、「アルエ」(エヴァに影を受けて作られたラブソング)、「星のアルペジオ」「三人のおじさん」(MADを多数生んだ曲)など


来歴


1994年中学3年生の時に校の文化祭へ向けてバンドを結成。

1995年オリジナル曲を持って次々と各地の大会へ出場し結成したばかりのバンドながらほとんどの大会でグランプリを総なめ。
同年には藤原高校中退し、本格的に音楽活動へのめり込むようになっていた。藤原初の単独での作詞作曲となったオリジナル曲DANNY」(後に隠しトラックの形で収録)や、「BUMP OF CHICKEN」などもこの頃に完成する。

1996年Beat Brust in Japan に「ガラスのブルース」(のちのアルバムFLAME VEIN』収録曲)でエントリー、全大会でグランプリを獲得。
その後、都内でのライブ千葉県ツアーを経験したのちに初の音となる「BUMP OF CHICKEN(のテーマ)」「DANNY」「ガラスのブルース」等を収録したデモテープの製作・配布を開始。

1997年-増大学受験のため一時活動休止。

1998年-劇団「すいっち演のミュージカル『はしるおんな』に生バンド役としてメンバーが出演。藤原も6曲ほど演のために書き下ろす。

1999年ハイラインレコーズからデビューアルバムFLAME VEIN』をリリースした。多忙をぬって強行的に行なわれたレコーディング期間はわずか3日間であった。10月には2012年現在も放送中のラジオ番組「PONTSUKA!!」が放送開始。

2000年アルバム『THE LIVING DEAD』を同じくハイラインレコーズからリリース。この2つのアルバムはともに盤となり、2004年4月に再発盤が出された。
シングルダイヤモンド」をリリースし、トイズファクトリーからメジャーデビューした。

2001年セカンドシングル天体観測」を発売、タイアップや宣伝がなかったにも関わらず話題を呼び大ヒット(当時、将来有望バンド開拓に定評があったFM802など、数々のFM曲からヘビーローテーションナンバーに抜され、推されていたのも大きい)

2002年天体観測を聴き感動したプロデューサーがそれを元にしたドラマ企画に同タイトルドラマが放映。
2月には「天体観測」を含んだメジャー1作アルバムjupiter」が発売され、初のオリコンアルバム週間チャート初登場1位を記録。

2003年両A面楽曲の「sailing day」はアニメ映画ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌となった。

2004年5月29日に地元の佐倉市民体育館にて全招待制フリーライブを行い、8月メジャー2枚通算4枚アルバム「ユグドラシル」が発売されこれもオリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得している。
12月には幕張メッセで2日間3万人を動員する単独ライブとしては最大規模のライブを行う。

2005年ゲームソフトテイルズ オブ ジ アビス』の主題歌カルマ」を含む両A面シングルsupernova/カルマ」が翌年1月までTOP10に残り続け、「天体観測」に迫る50万枚近い売り上げを記録した。さらに、2005年発売にも関わらず2006年オリコン年間ランキングでは9位になった。

2006年9月オリジナル映像作品『人形劇ギルド』をリリース
11月には、ロッテairs」CM曲として起用された表題曲を含む1年ぶりのシングル「涙のふるさと」を発売。
涙のふるさとが発売された週は当時人気絶頂だったEXILE倖田來未によるコラボ宇多田ヒカルスキマスイッチ柴咲コウAqua TimezMr.Children(2週)など強アーティストばかりで宣伝量から言っても倖田來未&EXILE1位を取るだろうと言われていたが5万枚の大差をつけ涙のふるさとが1位となった。同時に自己初動記録を更新した。

2007年映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の主題歌となった「の名」を「メーデー」と同時リリースの名が1位メーデー2位となり、史上7組の1、2位を独占することとなった。
またの名発売時において行われた世代別ファン層調では全ての世代から80%以上とかなりの高得点を記録し幅広い世代から支持されていることが分かった。
同年12月に通算5枚アルバムorbital period」 を発売。絵本のような構成のブックレット話題を呼んだ。
ちなみにこの年にニコニコ動画が開設、BUMPの曲を使ったMADが多く製作投稿され始めた。 

2008年-この年は立った活動がなくカップリング集が発売されるだけとなった。

2009年-前作「の名」「メーデー」から約2年ぶりとなる両A面シングルR.I.P./Merry Christmas」をリリース。また、今作でバンドとしては初めて、「R.I.P.」「Merry Christmas」それぞれのPVがトイズファクトリーYouTube公式ページにて開された。

2010年-16thシングルHAPPY」と、17thシングル魔法料理 ~君から君へ~」の2週連続シングルリリースし2週連続の1位を記録。間の1位2位も独占する結果となった。
ちなみに魔法料理NHKみんなのうた4月5月テーマソングとして起用された。
同年10月17thシングル宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」を発売すると「1年のうちに3枚もCDを出すなんて」とファンを驚かせたが、すぐさま通算6枚アルバムCOSMONAUT」を発売、いずれもオリコンウィークリーチャート1位を記録するなどまさに「BUMP」の年とも言える活躍を見せた。

2011年-勢いは止まらず、19thシングル友達の唄」を発売。映画ドラえもん新・のび太と鉄人兵団』の主題歌として話題になった。
続く20thシングルsmile」は、同年3月に起こった東日本大震災支援ポータルサイトTVCMソングとして起用された。これは同CM漫画家井上雄彦氏のイラストが抜された際に、井上氏からの直接の名を受けて二日間という短期間で書き下ろされた楽曲である。井上氏の描く人々の繊細な微笑みと優しくも懸命な歌コラボレーションは多くの人の胸を打ち、期間限定リリースにも関わらず前作を上回る売り上げを記録した。スタッフ全員償でレコーディングに協したという。本作の収益は全額十字を通じて被災地に送られた。尚、BUMPメンバーはそれぞれ個人でも寄付をしている。
同年10月、「ゼロ」をリリースFINAL FANTASY零式テーマソングでもある本作は、曲の完成度の高さもさることながら初回限定盤に実に3年半ぶりとなるツアーの先行応募券が同封されたことで注を集めた。
久しぶりのライブハウスツアーということもありチケット争奪戦は例年以上に熾を極め、一般販売の際には「2売」「10:00売」とも噂される前代未聞の事態が発生し大きな波紋を呼んだ。

2012年1月ニューシングル「グッドラック」が発売決定。初回限定盤には待望のアリーナツアー先行応募券が同封されることが発表された。4月から7月にかけてアリーナツアーGOLD GLIDER TOUR」を行う。
9月にはシングルfirefly」をリリースフジテレビドラマ番組「息もできない」の主題歌に起用され、「天体観測」以来のドラマタイアップを行った。 

2013年3月バンド史上初となるツアーGOLD GLIDER TOUR」のライブ映像を収めたDVDBDを発売。さらに前年から続く大物音楽家ベストブームの波に乗り、2010年までのシングルを中心としたベストアルバム「BUMP OF CHICKEN 1 [1999-2004]」「BUMP OF CHICKEN 2 [2005-2010]」を2タイトル同時で発売すると、オリコンチャートでは1位2位を独占。さらに9月ツアースタートすると、10月ファイナルでは初めて日本武道館ライブ。そのステージ上では翌年に3年ぶりのアルバムRAY」をリリースすることを発表。12月には「FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY」と「COUNTDOWN JAPAN 13/14」に初出演するなど精的に活動した。

2014年3月に3年ぶりのアルバムRAY」を発売すると、オリコンウィークリーチャートで初登場1位を記録。この年も順調な滑り出しを見せたかに思えたが、藤原基央が肺気胸20代30代の痩せ形の男性がかかりやすい)を患っていたことが判明し、手術を受けたため、3月末に予定されていたスタジオコースト演が延期となった。その後、順調に回復し、予定通り4月からツアーWILLPOLIS 2014」をスタートさせると、6月には初の台湾演、7月には延期されていた新木場スタジオコーストでのライブを開催し、7月31日BUMP初の東京ドーム演でツアーファイナルを迎えた。8月には東京ドームで初披露された「You were here」を配信限定リリースした。さらに、11月28日には漫画3月のライオン」とのコラボ楽曲「ファイター」を配信限定リリース。翌29日にも山崎貴監督映画寄生獣」の主題歌「パレード」をこちらも配信限定でリリースした。また、12月には、ドキュメンタリー作品の翌年2月リリースに先駆け、初の映画が全20劇場、2週間限定で開され、開日の12月5日には初のトークイベントも開催された。


次へ»
最終更新日: 17/01/13 15:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ