ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


BURRN!


ヨミ: バーン
掲示板をミル!
72カキコ!

BURRN!とは日本ハードロックヘヴィメタル専門誌である。


概要


1984年ミュージックライフ誌の別冊として創刊。
オジー・オズボーンジェイク・E・リーの二人が「創刊おめでとう」と書かれたを持って笑顔を振り撒いているものである。

日本初のヘヴィメタル専門、初代編集長の酒井康が「自分が読みたい雑誌」を作りたいと言う理由でBURRN!誌編集部を立ち上げる。
自分が読みたい雑誌作りをすも、ニュースコーナー一発に取り上げた記事は酒井のご贔屓バンドであるRAINBOW解散の記事であった。RAINBOW解散の話を聞いた時にはかなりショックを受けたとの事。

アーティストへのインタビューは基本的に敬語で対応しているが、ごく一部のアーティストへのインタビューのみタメ口になっている。

特に注されるのはアルバムレビューであり、各編集部員&フリーライター達による毒舌レビューは評価が高く
良くも悪くもBURRN!誌の代名詞となっている。

アルバムレビューの特徴として、非常に主観的な評価が下される事が多いが、編集部によればこれはあくまで「参考程度」のものでしかないとしている。

日本でも数少ないヘヴィメタルを専門的に取り扱う雑誌であるが故に、その影が強く、インタビューレビューの評価の下され方次第でレコードCDの売り上げにも影を与えている為、一部のアーティストトラブルになったことがあった。

2013年11月号より発行がバーンコーポレーションからシンコー・ミュージックになった。これに前後する形で、編集部内(酒井とその他)において編集方針に関する確執があったようである。

で扱われるアーティストがここ20年以上変わっていない事がたびたびネタにされる事でも有名。


主な編集部員



日本のバンドの扱い


BURRN!誌は創刊当時から基本的に日本バンドに対して低い評価を下している。
その中でも初代編集長であった酒井康は芸界体質のバンド事務所アイドル上がりのアーティストを過剰なまでに嫌っている。
1994年より編集長が現在広瀬和生になったが、彼が編集長になってからは一部のバンドも扱うようになったが、それらのバンドは大半が編集部が個人的に気に入ったバンドどであり、その勧め方のどは他のバンド中傷して自身のお気に入りのバンドを絶賛すると言う手法である。

載せないだけならまだしも、わざわざ誌面上で「レベルが低い」など様々な理由で批判を繰り返すのだから、影のある雑誌なだけに非常にたちが悪いのである。

以下、BURRN!誌における日本バンドの扱いを一部列挙する


LOUDNESSへの批判



広瀬「外人が日本人と組むと格が下がる」発言について



その他、日本人アーティストへの扱い



次へ»
最終更新日: 13/10/10 07:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ