ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


CH-53


ヨミ: シーエイチゴジュウサン
掲示板をミル!
3カキコ!

CH-53とは、シコルスキーエアクラフト社が開発した軍用ヘリコプターである。社内呼称はS-65称はシースタリオン


開発前史とか


1950年代に開発されたHR2S強襲用ヘリコプター(のちにCH-37に呼称を変更)から連なる機体である。

HR2Sは出現当時、西側最大の優秀な機体であったもののレシプロエンジンを搭載していたこともあり、1960年代末と較的期に退役。

その後陸軍は『スカイクレーン』の異名を持つ出現当時、西側最大のCH-54タルヘを配備した。この機体は後により大のタンデムヘリコプターCH-47によって置き換えられていく。

1961年より陸合同でCH-37の後継となるXC-142垂直離着陸輸送機(ティルトウィング輸送機!)の開発が開始されたが、そちらには見向きもせず各航空機メーカー発注した。(そして予想通りXC-142は頓挫した。)

このコンペに参加したメーカーのうちシコルスキーエアクラフト社が提示したプラン、S-65が本機の直系である。


機体概要


出現当時、西側最大の機体。人員輸送だけではなく重量物の輸送にもリソースを振った設計がなされている。

の機体でありながら余裕のある出により海兵隊輸送ヘリとして活躍した機体である。大の機体であるためか多数のが開発され、2014年現在修され一線級の機体として運用されている。なんだか同じで運用されているお爺ちゃん爆撃機を思い出すよ・・・。


派生型


上述の通りが多く、アメリカ4軍全てで利用されている。代表的な機体は以下の通り。


CH-53A



CH-53D



HH-53B


 詳細は「MH-53」を参照


CH-53E


CH-53の機体中央左側に3基エンジンを増設し、機体を大化した機体。ローターブレード枚数が6枚→7枚、エンジンの向上、尾部面を左側に傾ける等大幅に良されている。大幅に輸送が増大しており、兵員55名の輸送が可となった。現在の西側最大ヘリコプターである。

MH-53E

用の機体として米海軍が運用している。CH-53Eとの違いはサイドのスポンソン(り出し)が大きくなっていること。これにより燃料搭載量が3倍となっている。

海上自衛隊にも採用されていたが、2017年3月を以て除籍。http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/aircraft/yusou/details/mh-53e.html

海自では後継機としてMCH-101を使用している。http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/aircraft/yusou/details/mch-101.html


CH-53K


 詳細は「CH-53K」を参照

現在開発中の機体であり、E後継機。完成したには西側最大のヘリコプターとなる予定。 ちなみにエンジンヘリコプターとしては西側最大であり、V-22よりもデカかったりする。速・航続距離以外はV-22以上のを持つ化物ヘリである。輸送は3倍。開発コンセプトは、「運航費用を下げて、ハンヴィーを直接積めるように現在の技術でCH-53Eを作り直す」。当然の事ながら、ぱっと見以外サイズ含め、まるで違う機体となっている。 議会対策?文句あっか!? 


性能


CH-53Dのもの。カッコ内はE


関連項目



最終更新日: 17/11/13 23:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ