ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Chronicle 2nd


ヨミ: クロニクルセカンド
掲示板をミル!
9カキコ!

歴 史 ハ 竄 ヲ 赦 サ ナ イ ・ ・ ・

Chronicle 2ndとは、SoundHorizonが作成した自主制作CDのうち、最後の作品である。

略称としては、クロセカと呼ばれる事が多い。

催するRevoが最初に制作したアルバムである1st CDChronicle」をリニューアルして作られた作品であるため、1st Story Renewal CDと記載されている。

自主制作の際の作品であり、09年ごろまでは不定期に刷られてとらのあなで新品で買うことができたものの盤し、メジャーデビュー後の作品と異なり入手することがかなり困難なため、結構な額のプレミアが付いている。

なお、初版トラックリストでは「戦と死神」全4部が一めになっていたが、再プレス版では各部にサブタイトルが追加されている(ブックレット内のトラックリストのみに記載)。


収録曲


SoundHorizonの楽曲の解釈は各自委ねられているため、ここでは簡単に各楽曲の概略を紹介する。

  1. の予言書
    楽曲の内容よりも途中のコーラスが、ブラック★ロリコンと聞こえることで有名。
    一度そう聞こえてしまうと、もうブラック★ロリコンとしか聞こえなくなるとかならないとか。
    論実際は、曲のタイトル通りBlack Chronicleブラッククロニクル)と歌っている。
  2. 詩人バラッドの悲劇 
    Chronicleから再録のインストゥルメンタル曲。歌詞は存在しないが、ブックレットショートストーリーが記載されている。
    天才と謳われた詩人エンディミオ・バラッドが時の女王に、その美貌をにせよと命じられるものの、これに従わず
    処刑される事となる。そのバラッドが最期に残した唄は、人から人へと伝わっていきいつしか
    ったかも分からない名もなきとして大陸中に広まっていく。 
  3. 辿りつく
    ルーナが自身の過去の経験をるお話。若きルーナは、手掛かりなく消息を絶った人エンディミオを探す為、とある連れに孤独なへと出発する。困難の末、そのはエンディミオが最期に残した唄であると確信に至る。
  4. アーベルジュの戦い 
    Chronicleから再録のインストゥルメンタル曲。
    ショートストーリーの内容は、後の英雄であるアルベールアルヴァレスアーベルジュ、アルベルジュの故郷であるベルガが敵国侵略に会い、滅亡するものを想起させるものである。後の曲からその敵国プロイツェンであると思われる。
  5. 約束の丘
    アルヴァレスとその彼女であるシャルロッテは、ある丘で必ず君の元へと帰るという約束を交わした。
    アルヴァレスはそこで生涯忘れえぬ夕日を見ることになる。
  6. 薔薇騎士
    ブリタニアで 圧政に苦しむ民衆を解放した前女王の姪であるローザギネ・アヴァロン自身の大切な人であるエンディミオ・バラッドの名を背負ったルーナ・バラッドが登場する。
    フランドルが戦と称してブリタニアへと進行を開始する。薔薇騎士団とはそのような状況の中、人々が再び一つにまっていく情ルーナがったの一節である。
  7. 戦と死神 第1部「銀色死神 戦場ける者〜
    フランドルに身を寄せるアルベルジュは、先を切り、数的不利を物ともせず、プロイツェンカスティリヤと制圧していく。その姿を見たものはしか彼を「ベルガの死神」と呼ぶこととなる
  8. 戦と死神 第2部「戦と死神」 〜英雄の不在〜
    アルヴァレス率いる軍は、ブリタニアへと進行をする。ある山村で行われた虐殺の最中にある少女に火矢が放たれた際、その少女の姿に人であったシャルロッテの姿を重ねて、その少女を助ける。その火矢を放った人物はアルヴァレスが率いて壊滅させたプロイツェンで捕虜になったゲーフェンバウアーであった。ゲーフェンバウアーもその際に、アルヴァレス同様すべてを失い世界を憎み、アルヴァレス復讐を誓う。アルヴァレスフランドルを裏切り少女を抱え、軍から逃亡、ゲーフェンバウアーに過去の自分を重ね苦悩する。
  9. 戦と死神3部薔薇死神」 〜歴史を紡ぐ者〜
    助けた少女を覚まし、その少女ブリタニア王女ローザギネ・アヴァロンであることが判明する。苦悩していたアルヴァレス王女に叱責され、ブリタニアへと亡命することとなる。この際にそれまで名乗っていたアルベルジュから王女ブリタニアアーベルジュと名乗るよう強引に説得した。
  10. 戦と死神 第4部「黒色死神」 〜英雄の帰郷〜
    アルヴァレスブリタニアに亡命をしたことにより、軍民問わず亡命者が殺到する。またそれまでフランドルが侵略してきたカスティリヤ領、ロンバルド領 、旧プロイツェン領が、次々に独立宣戦を布告。熾な四正面作戦を強いられたフランドルは、次第に疲弊し、領土を失う事となり、休戦協定会談を申し出されることになる。
     その会談の際にアルヴァレスは何者かが放ったゲーフェンバウアーにより襲われ、ゲーフェンバウアーもブリタニア英雄パーシファルのに倒れることとなる。この謀殺劇は一体が仕組んだものであったのだろうか・・・
  11. 書の囁き
    この作品の鍵となる<の予言書>(ブラッククロニクル)についての曲。ここでられる男がかについては議論がある。
  12. 界線
    Chronicleから再録のインストゥルメンタル曲。
    ショートストーリーの内容は、と船乗りの父親する少女のお話。石の首飾りは当時父親が持っていたものと思われる。 
  13. 沈んだ歌姫
    歌姫と称されしフィレンツァ領・フィレンツァ公爵嬢「ロベリアマリア・デッラ・フィレンツァ」と、歌姫と称されしミラーナ領ビスコティ公爵嬢「ジュリエッタ・シモーネ・デル・ビスコティエ」。2人は政治的思惑も絡み<最高の歌姫>をし、ロマーナへと向かう。若き王太子が<最高の歌姫>を王妃に迎えると発すると、争いは更に加熱。この戦いに負けたジュリエッタは、国賊として処断され、逃亡するも最期はへと身を投げる…
  14. 魔女
    に沈んだジュリエッタは、ただ歌を歌いたかっただけだと気づくも、もう人ではなくなった彼女セイレーンとなる。 
  15. い眼の海賊
    セイレーンの暴に巻き込まれたアニエス彼女を助けた船の船長レティーシァが身に着けていた首飾りは、彼女父親がつけていたものだと気づく。その首飾りはレティシアがその男を助けた時にもらったと話す。父親が生きていると知ったアニエスく船を出すことを命する。恐らくアニエス親子は界線で登場した親子であると思われる。
  16. 雷神の左腕
    Chronicleから再録のインストゥルメンタル曲。
    かつて邪神を封印した際に右腕を失った男。 再び邪神の復活を感じた彼は左腕だけでそれを抑えようとするも、右腕がなく限界を感じ諦めかけたその間、意識を失いつつある中で幾千の人々の祈りを感じ、そのと自身の左腕で再び抑えこみ、雷神伝説としてり継がれていくこととなる。
    なお、CD-EXTRAボーナストラック内には、右腕を失った雷神物語雷神の右腕」も収録されている。
  17. 雷神の系譜
    かつて邪神を封印した後、彼の亡き後の紋章引き継ぐ雷神の民。その中に、紋章がかざる少年がいた。その少年に手を差し伸べたのは長のだった。時は流れ、3度邪神が封印が解かれ、雷神の民が次々と倒れていく中、なき少年しい閃光が貫いた。彼は、直系のを受け継ぎし者であったのだ。かつての英雄は、邪神を封印する際に右腕を失ったが彼も命を賭け邪神を封印しようとする。そこに現れたのはかつて彼に手を差し伸べた少女。二人の紋章を重ね遂には、邪神を封印する。
     
  18. 書の魔獣
  19. キミが生まれてくる世界
  20. ハジマリ>のChronicle 
  21. 空白>のChronicle 

関連動画



■sm2219564[ニコ動]


関連コミュニティ


■co3895


関連項目



最終更新日: 18/11/25 14:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ