ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


CR-Z


ヨミ: シーアールズィー
掲示板をミル!
63カキコ!

CR-Z(シーアールズィー)とは、ホンダが製造・販売する2ドアハイブリッドカーである。


概要


1.5L i-VTECエンジンHondaのIMAハイブリッドシステムを組み合わせ、先進的で躍動感のあるデザインに、俊敏で爽快な走りと優れた燃費性融合した、新しい価値を持つハイブリッドカーである。2010年2月26日に発売開始となった。

エクステリアインテリアに少しの変更が加えられただけでコンセプトカーに近いデザインのまま発売となっている。ハイブリッドカーとして世界初となる6MTが用意されており、ドライビングスタイルに合わせて「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3つの走行モードを選択できる3モードドライブシステムを搭載している。

燃費は10・15モード走行燃料消費率で25.0km/L(CVT)、22.5km/L(6MT)、JC08モード走行燃料消費率で22.8km/L(CVT)、20.6km/L(6MT)。

価格はベーシックグレードの「β」が2,268,000円、上級グレードの「α」が2,498,000円となっていた。6MTCVT共に同一価格である。

2012年9月マイナーチェンジ[外部]リチウムイオンバッテリーを搭載し、バッテリー電圧を高めたことでモーターを向上させ、同時にエンジンを高回転化するとともに内部の抵抗を軽減し、出を向上。足回りでは専用サスペンションチューニングを施すとともに、17インチアルミホイールを採用した。このマイナーチェンジに伴い、車両式がZF2となった。
また同日、M-TECが「Honda CR-Z MUGEN RZ」を発表し、300台限定で11月26日から販売された。エンジンは遠心式スーパーチャージャーを追加するなどのチューニングが施され、最高出30%アップ156PSとなっている。

2015年8月再びマイナーチェンジ[外部]タイプ構成を「α」と「αMaster label」の2タイプに集約するとともに、フロントバンパーグリルリアバンパーサイドシルガーニッシュ、アルミホイールデザインを変更し、ヘッドライトターンランプにもLEDを採用し外観デザインを刷新。走行性ではリアレッドを10mm拡大するとともにサスペンションのダンパー減衰やバネレートの見直しによりハンドリング善し、ブレーキディスクサイズを15インチにすると共にキャリパーピストン径やマスターパワーシリンダー径も拡大したことでブレーキを向上させた。

2016年5月に同年内をもって生産終了、2017年初頭をもって販売終了することを発表すると同時に、特別仕様αFinal label(ファイナル レーベル)」を発表。ロゴしゅう入りの専用シートロゴ入りアルミ製コンソールプレートなどの専用装備とともに、専用色のブリリアントスポーティブルーメタリックを用意されていた。
そして2017年1月、惜しまれながらも販売を終了した。

SUPER GTでは2012年シーズン第4戦(SUGO)より、レーシングハイブリッドシステムを搭載した「CR-Z GT」がGT300クラスに投入され、TEAM 限より参戦。デビュー2戦の第5戦鈴鹿にはポールポジションを獲得するなど活躍。
2013年にはTEAM 限に加え、前年までASLガライヤを使用していたARTAもCR-Z GTで参戦することとなり、ARTAは第3戦(セパン)でCR-Z GT勝利したのち第4戦(SUGO)も連勝。TEAM 限はアジアン・ル・マンシリーズ第5戦(富士)で優勝したほか全戦で入賞し、シリーズチャンピオンを獲得した。
そのCR-Z GT2015年シーズンARTA一台のみの参戦となり、同年で参戦を終了。累計で6回のポールポジションと4度の優勝、一度のシリーズチャンピオンという成績を残した。

余談ではあるが、大のエコカー嫌いで知られるTopGearジェレミー・クラークソンハイブリッドの欠点は摘し、「あれはステーキのふりをした豆腐ステーキだ!」などと言いつつも高評価を付けた。(関連動画参照)


関連動画



■sm9762639[ニコ動]

 ■sm9850909[ニコ動]

■sm11808265[ニコ動]

 


関連商品


CR-Zに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


CR-Zに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/04/09 23:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ