ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


CSDJT


ヨミ: シーエスディージェーティ
掲示板をミル!
10カキコ!

CSDJTとは、コナミデジタルエンタテインメント(KDE)が制作した音楽ゲーム、「beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS」の庭用移植作品の略称・通称である。


概要


16作にあたる「beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS」を庭用に移植(再開発)した作品である。
また庭用では13作品であり、CSスタッフが本気を出しすぎた作品でもある。

今作では久しぶりに次回作(EMPRESS)からの新曲が先行収録され、また前作であるCSGOLDで猛威を奮った皆伝専用譜面はさらに進化し、ANOTHER(通称:黒譜面)となって皆伝以外にも局地的な被害をもたらした。なお黒譜面12以外では較的優しいレベルになっているが、12はお察しください。
なお、この悪な難易度を持つ黒譜面BMS譜面と揶揄する輩がいるが、これはあくまで「発狂BMS譜面」だと言うことを心の隅っこに覚えていてほしい。(BMS自体は譜面難易度の幅は大きく、全てが異様な難易度というわけではない)
しかし、その黒譜面ですら全てHARD CLEARを達成した強者も誕生した。

前述の通りスタッフ本気出しすぎな仕様マニュアルの“REVEROFT-SALXD2MB”表記、楽曲“THE LAST STRIKER”の意味深な演出から、庭用次回作の開発停止を心配するも見られた。後に次回作である庭用EMPRESS(CSEMP)の開発が決定し、杞憂に終わったかのように見えたが…


家庭用としての魅力


庭用の醍醐味とも言える隠し要素は、アーケードモードの利用とこれまでと同じ手法でありながらも新たな可性を見せてくれた。

元々、庭用beatmania IIDX シリーズは売り上げ不振を理由に6th style移植中止を言い渡された。
しかしアンケートによって「7th styleが開発→販売される」という大復活を遂げてからは、ほとんどの曲が最初から選曲可になっている。 
そして庭用オリジナル要素である隠し曲を解禁させるための方法は、従来通りなら「ED回数・EXPERT攻略段位認定攻略が中心となり、スタンダードモードアーケードではメインモードとなるにも関わらず、庭用では導入されたボスフォルダ専用スキンを解禁させる程度の意味合いのモードに過ぎなかった。
しかし「CSRED」において新たな活用例を提示した。
それは「新曲をEXTRA STAGEで解禁させる」という、今までにない方法だった。
そしてそれは今作でも健在であったが、その方法はこれまでと異なり、またCS専用の演出があったことで話題ともなった。

 

特定条件を満たしてボスフォルダに進入することで、
マップにない新曲が「襲撃」してくるのである。

 

アーケードでのボスフォルダに登場する曲は全9曲だったが、庭用では業務用9曲+他機種からの移植4曲+庭用新曲1曲と、大幅に曲数が増加され待ち構えている。DJTのテーマである「戦争・戦い」に合わせた出現演出を交えてくれるため、プレイヤーを非常に楽しませてくれた。

近年beatmaniaIIDXを始めたばかりの方は黒譜面隠し曲解禁に大変苦労するかも知れないが、
今作では久しぶりに全解禁コマンドが搭載されたのででも遊べる(鑑賞できる)ようになっている。
(その方法については庭用公式サイトを見てほしい)

また、このCSDJTでは、全解禁コマンド以外にも、判定がきつくなるコマンド(G.JUDGEコマンド。通称:GAMBOL判定)も新たに登場した。このコマンドは、後に、アーケードEMPRESSにも移植された。


関連動画(一部抜粋)


EMPRESSからの先行収録曲(smooooch・∀・)


■sm6190137[ニコ動]

黒譜面

■sm5577050[ニコ動]
■sm5636222[ニコ動]
■sm7399431[ニコ動]

家庭用ボスフォルダ演出+楽曲

■sm5662155[ニコ動]
■sm5632386[ニコ動]
■sm6767943[ニコ動]
■sm6053971[ニコ動]


関連商品


■azB001GS8KMA


関連項目



最終更新日: 17/02/15 10:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ