ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DANCERUSH STARDOM


ヨミ: ダンスラッシュスターダム
掲示板をミル!
97カキコ!

DANCERUSH STARDOMとは、KONAMIによるBEMANIシリーズ最新作のダンスゲームである。


概要


Dance Dance Revolution稼働20周年を迎える2018年3月23日より稼働したBEMANIシリーズ作品。

タイトルからわかる通りDDRを祖とする同シリーズダンスゲーム作品群に属しており、シャッフルダンス(メルボルンシャッフル)などの本格的ダンスが楽しめるシステム構成を売りにしている。美麗LEDによる筐体演出、4.1chサラウンドによる濃密な重低音はBEMANIシリーズ誕生から20年の技術進歩を垣間見れるだろう。

2017年より突発的に開催されたロケテストでは、
STEPSTAR→ShuffleDancerz→DANCE GENERATIONS→DANCERUSH→DANCERUSH STARDOM
と毎回タイトルを変遷しての稼働となった。正式タイトルはかなりの難産だった模様。

近年のBEMANI機種にはしく、積極的に版権曲を取り入れている。特に北地域でも稼働することから、海外の著名なEDMレーベルアーティストの楽曲も入っており、近年失敗続きだったBEMANIの本作に向けた本気具合が伺える。当初はBEMANIアーティストや他機種に多く収録されている楽曲がほとんどなかったが、稼働開始後はBEMANI楽曲も入るようになっている。そんなオリジナル楽曲はSota FujimoriSYUNNHuΣeRBEMANI Sound TeamかめりあHommarjulapixといったお染みのFLOOR昇格勢はもちろんの事、KO3やおもしろ三国志HyperJuiceら新規参加アーティストらも楽曲提供を行っている。

操作UIはフットセンサー+モーションカメラと、DDRDanceEvolutionを組み合わせたものになっており、フット側が通常の踏みとジャンプの動作の他、スライド動作に対応。モーション側は加速度検知によりダウンの動作に対応している。また、モーションカメラを用いてプレーの様子を撮影し、YouTubeアップロードすることも出来る。

プレイ画面が似ているからか、ロケテスト~稼働開始時点では「足でやるCHUNITHM」と言われていたが、猛なスライドを要するFLOWER(STARDOM Remix)の登場により一転、「足でやるボルテと揶揄されるようになった。

フットセンサーについて

フットパネルセンサーは感圧式ではなく赤外線なため、感度が非常に敏感。軽量なスマートフォンや鞄の紐を置いただけでも反応してしまう。特に多くのプレイヤーが使用する店舗の筐体では溜まったにさえも反応してプレイ中に誤反応を起こす可性があるため、こまめな清掃が必要になっている。


遊び方


プレーは画面から手前に流れてくる、踏み(TAP)、スライド(SLIDE)、ダウン(DOWN)、ジャンプ(JUMP)に対応するマーカーを処理して進めていく。一部楽曲では画面横に振り付けがシルエットで表示されるため、慣れないうちはそれらを真似して動いてみると良い。

クリア制度はDDRGITADORAと同じライフ制で、曲終了までに残っていればクリアとなる。しかしライフ設定はかなり甘く、余程ミスを重ねない限りまず閉店はしない。

上位譜面になるとランニングマン、Tステップ、スポンジボブシャッフルトンプといったシャッフルダンスの技術を駆使しなければ拾えない配置が登場するようになり、高スコアを狙う場合は必然的にそれらのの習得が必須となる。例に挙げた四つのは特に頻出するで、この四つさえ出来ればほとんどの譜面スムーズに踊れるようになるので、まずはこの四の習得を標にすると良いだろう。特に基本となるランニングマンとTステップはゲーム内でも手厚いレッスンが用意されている。その他にもYouTubeなどに多くアップロードされている教則動画を見たり、出来るプレイヤーから教えてもらったりして、動的に習得を進めていこう。習得した後の「自在にステップを踏める」快感は筆舌に尽くし難いので、少し長いのりではあるが根気強く練習を続けて欲しい。

2人プレーの場合は1Pが前側、2Pが後ろ側に配置されるため、ダンエボよりも省スペース。しかしプレイ中に勢いあまって前や後ろに移動しすぎると誤爆が発生してしまう。更にライフコンボスコアも共用となっている。一部楽曲には2人プレー専用で先行配信されるものもあるので、期日をチェックしておこう。

プレイ評価

プレイ評価はスコアによって1~5の5段階で判定される。楽曲の解禁はプレイ評価に直結しており、獲得したを使用してアンロック(解禁)していく仕様になる。そのためかスコア判定基準がBEMANIの中でも群を抜いて甘く、最高評価である5の基準である90点以上が取りやすい。これは後述のEXTRA STAGE進出のしやすさにも繋がる。他機種と較するなら、本機種で99点以上がDDRで言うAAAランクとなる。また、一部の未解禁楽曲にはディスカウントミッションがあり、定された条件を満たすとアンロックに必要なの数が割引されるようになっている。中にはこのミッションを達成しないと事実上解禁が不可能な楽曲も存在する。

EXTRA STAGE

2018年4月27日16時よりPASELI限定のSTANDARDモード実装され、同モード限定でEXTRA STAGEに挑戦できるようになった。進出条件は「2曲プレイして累計180点以上獲得(難易度不問)」と、BEMANIハードルの低さとなっている。しかしEXTRA STAGEライフは特別製のEXTRA LIFE GAUGEとなっており、TAPSLIDEBADを10個出してしまうと即閉店と急にシビアになる。

なお、製品版では曲と難易度自由に選べるが、ロケテストではDOWNとJUMPでもライフが削られた上にLv10楽曲での挑戦を強制される非常に厳しい仕様だった。

オプション・多言語対応

従来のBEMANIシリーズ通り、ハイスピードなどの各種オプションも搭載。本作ではマーカーの太さ、筐体LEDの明るさ調整などに加え、文字表記を日、英、、簡中、繁中の五ヶ国語から選べる。従来の機種でも稼働地域によって表示文字がローカライズされることはあったが、デフォルトで多言対応機種となるのはBEMANI初となる。


収録楽曲


大百科に記事がある楽曲のみ記載。

ライセンス曲

オリジナル、BEMANI楽曲


関連項目



最終更新日: 19/05/30 20:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ