ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DD(遊戯王)


ヨミ: ディーディー
掲示板をミル!
334カキコ!

DDとは、アニメ漫画遊☆戯☆王アーク・ファイブ」、遊戯王OCGに登場するカードカテゴリ
アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の登場人物についてはDD(遊戯王GX)を参照。


概要


アニメ漫画作中で赤馬零児が使用するカードカテゴリアニメGXの同名キャラクターとの関連は一切なく、「DD」という言葉の意味するところも違っている。悪魔族で統一されているほか、大きな特徴は融合シンクロエクシーズペンデュラムという様々な召喚方法がカテゴリ内に共存していること。
さらにDDDと名のついたモンスターも存在し、DDモンスターを利用してDDDを展開するのが基本戦術。

また、同じくが使用するカードカテゴリに「契約書」があり、その多くがDDをサポートする効果を持っている。ほとんどの契約書には自分スタンバイフェイズダメージを受けるデメリットがあり、いかにしてダメージを回避するかが重要となる。この性質から、効果ダメージを回避したり、契約書を含む魔法を除去したりする効果を持つDDも存在する。

DDは「Different Dimention」(異次元)の略、また、DDDは「Different Dimention Daemon」の略とのこと。ただし、いずれもDを「ディー」と読んでおり、DDDが「デーモン」と名のついたモンスターに含まれることはない。さらにカテゴリとして除外と密接にかかわっているということもない。作中では「融合次元」などの複数の次元の存在についてられているが、それとの関連は不明。召喚方法によって次元が分かれているということで、いくつもの召喚方法を使いこなす性質を表わしているのだろうか。

DDに異次元の意味を持たせたカード自体は過去にも存在した。「D・D・R」(読みは「ディファレント・ディメンション・リバイバル」)や「D・D・M」(読みは「ディファレント・ディメンション・マスター」)など。こちらの場合、多くは除外関連の効果を持っている。

ただし、カテゴリとしてはあくまで「DD」と書いて「ディーディー」と読ませるものが対であるため、「D.D.アサイラント」や「D・D・M」などは「DD」モンスターに含まれない。ただ、「DDリクルート」のイラストには、それら「DD」カテゴリではないDifferent Dimention(異次元)関連のモンスターが描かれている。

アニメでは、ZEXAL以降、OCGで効果が変されたカードが後からOCG仕様に修正されることはほぼなくなったが、このカテゴリカードは全て変更されている。ペンデュラムモンスタープロトタイプという設定があることや、過去エピソードでは修正前のものを使用していることなどから、このカテゴリだけ意図的に修正している可性がある(過去エピソードについては現状1枚しか確認できないので、単なる修正漏れの可性もある)。


「DD」モンスター(非DDD)


神話生物に関連した名前を持つものが多いのが特徴。

非ペンデュラムモンスター

DDネクロ・スライム

効果モンスター
1/闇属性/悪魔族/ATK 300/DEF 300
「DDネクロスライム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード墓地に存在する場合に発動できる。
DDD融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
OCG版)

アニメテキストは不明だが、「墓地のこのカードを除外することで、DDDモンスター融合召喚する」効果を持つ。このカード自身がDDD専用の「融合」になるということである。

遊矢との再戦で登場。通常召喚され、「DDD壊薙王アビスラグナロク」の効果のコストとしてリリースされた後、墓地で効果を発動して「DDD怒涛壊薙王カエサルラグナロク」を融合召喚した。


「ディメンション・オブカオス」(2015年7月18日発売)でOCGに登場。このカード自身を融合素材とし、素材墓地から選ぶようになった。そのため、DDDのみを素材定する「DDD怒涛壊薙王カエサルラグナロク」は融合召喚できない。

自身も含めて墓地のみで融合できるため、手札消費なしで融合できる。しかし、除外してしまうとその後の墓地利用を阻するのが欠点。

DDラミア

チューナー・効果モンスター
1/闇属性/悪魔族/ATK 100/DEF 1900
「DDラミア」の効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
手札および自分フィールドの表側表示のカードの中から
「DDラミア」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を
墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

DDか契約書と引き換えに特殊召喚できる。

自身を特殊召喚できるチューナーであり、適当なほかのモンスターシンクロ召喚につなげることができる。ほかのDDチューナーとは異なり特殊召喚できる種族に縛りはないので、シンクロ先の選択肢は広い。

墓地へ送るというコストを持つことから、ペンデュラムモンスターコストにすることはできない点には注意が必要。

2016年10月1日に準制限カード定されたが、2017年4月1日に制限解除されている。

ラミア(Lamia)とは、ギリシア神話に登場する怪物。
元々ポセイドン息子ベロスと、そのリビュエの間にできたであり、その美貌をゼウスに見初められたことでゼウスの妻ヘラの怒りを買い、上半身が女性で下半身がの怪物に変えられてしまった。


アニメにも逆輸入される形で登場しており、ロジェとのデュエルで使用された。
融合素材になる際は「未来に流される血」と呼ばれている。

DDゴースト

チューナー・効果モンスター
2/闇属性/悪魔族/ATK 600/DEF 300
(1):このカード墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地
「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対として発動できる。
そのカードの同名カード1枚をデッキから墓地へ送る。
アニメ版)

チューナー・効果モンスター
2/闇属性/悪魔族/ATK 600/DEF 300
(1):このカード墓地へ送られた場合、自分の墓地の「DDゴースト」以外の
「DD」モンスター1体または「契約書」カード1枚を対として発動できる。
その同名カード1枚をデッキから墓地へ送る。
(2):このカードが除外された場合、除外されている自分のカードの中から、
「DDゴースト」以外の「DD」モンスター1体または
契約書」カード1枚を対として発動できる。
そのカード墓地に戻す。

墓地のDDか契約書と同名カードデッキから墓地へ送る。

遊矢とタッグでの王とのデュエルで登場。
ペンデュラム召喚された直後に「DDバフォメット」、「DDネクロスライム」とともに「DDD疾風アレクサンダー」のシンクロ素材となって効果を発動し、「DDバフォメット」を墓地へ送った後に「DDネクロスライム」の効果で「DDD烈火テムジン」の融合素材となった。

ゴースト(ghost)とはご存知の通り幽霊のことだが、イラストには半透明の容器にシルエットだけのが入っている。よく見ると上の方にもの顔がある。何がモチーフかわかりにくい。シュレディンガーの猫だろうか。
融合召喚時には「闇に蠢く亡霊」と呼ばれている。


OCGでは「マキシマムクライシス」(2017年1月14日発売)で登場。
同名カードモンスター以外のDDを墓地送りできなくなったが、除外された場合に除外カード墓地に戻す効果が追加された。

(1)の条件はどこからどのように送られても良いので、発動自体は簡単。しかし、墓地に送りたいカードと同名カードがないと使えないので、序盤には使えない。

(2)で除外カード墓地に戻せる。自身が除外された時なので、「魔神王の契約書」などで除外されると条件が満たせる。除外された「DDネクロスライム」などの再利用が狙える。

DDスワラル・スライム

効果モンスター
2/闇属性/悪魔族/ATK 200/DEF 200
(1):手札のこのカードと手札の「DD」モンスターを、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターとして墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚できる。 
アニメ版、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」第50話による) 

効果モンスター
2/闇属性/悪魔族/ATK 200/DEF 200
「DDスワラル・スライム」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。
DDD融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「DD」モンスター1体を特殊召喚する。
OCG版)

融合カードを使用せずに融合召喚できる。

遊矢との再戦で登場。手札から「DDバフォメット」とともに「DDD烈火テムジン」の融合素材となった後、テムジンの効果で復活し、バフォメットの効果でレベル4となり「DDD怒涛王シーザー」のエクシーズ素材となった。

名前のスワラルは、「渦巻き」を意味する英単のswirlからか(「スワール」と表記するのが一般的)。「DDD烈火テムジン」の融合素材にされる際には、「自在に形を変える秘の渦」と呼ばれている。


「ディメンション・オブカオス」(2015年7月18日発売)でOCGに登場。
融合先はDDDに限定された。また、墓地の自身をコストとして手札のDDを特殊召喚する効果が追加された。

魔法カードに頼らずに手札融合できるため、普通に手札融合するより手札消費を抑えられるのが利点。何かもう1枚DDがあれば、「DDD烈火テムジン」か「DDD託王ダルク」が融合できるため、「魔神王の契約書」でサーチできる点と合わせて融合が非常に狙いやすく、上級DDが手札に来ても事故にならずに済む。

2つの効果も、最上DDDを容易に展開できる。しかし、「DDリリス」等で墓地からこのカードを回収すれば再度の融合召喚を狙うこともできるため、除外すべきかはよく考えたい。

2016年世界大会での実績故か、同年10月に上記のラミアとともに準制限カードとなった。

DDナイト・ハウリング

チューナー・効果モンスター
3/闇属性/悪魔族/ATK 300/DEF 600
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃・守備は0になり、
そのモンスターが破壊された場合に自分は1000ダメージを受ける。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔モンスターしか特殊召喚できない。
OCG版)

アニメテキストは不明だが、「このカードの召喚に成功したとき、墓地に存在するレベル4以下のDDと名のつくモンスター1体を攻撃0にして特殊召喚することができる」効果を持つ。

アニメでの遊矢との初戦で登場。通常召喚され、墓地の「DDリリス」を特殊召喚して、ともに「DDD疾風アレクサンダー」のシンクロ素材となった。

遊矢との再戦でも登場。墓地から「DDバフォメット」を特殊召喚し、アレクサンダーシンクロ素材となった。

ハウリングhowling)とは、哮、遠吠えの意。また、音響機器に起こる共振現マイクスピーカーを近づけた際に起こる「キーン」という音などが一例)をすこともある。
DDD疾風アレクサンダー」のシンクロ素材になった際には、1回では「闇を切り裂く哮」、2回では「闇を切り裂く哮」と呼ばれていた。



次へ»
最終更新日: 18/11/21 12:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ