ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DJ Yoshitaka


ヨミ: ディージェーヨシタカ
掲示板をミル!
317カキコ!

DJ Yoshitakaとは、コナミデジタルエンタテイメント所属のコンポーザーのIKEMENDES
DJ YOSHITAKAとも表記される。本名は西村宜隆(にしむらよしたか) 。称は「よしくん」。イケメン


概要


beatmania IIDX 11 IIDX REDにて、楽曲「D.A.N.C.E.!」でデビューする。以降、beatmaniaIIDXpop'n musicを中心に楽曲提供を続けている。beatmaniaIIDXにおいては、14 GOLDから17 SIRIUSまでサウンドプロデューサーとしても活動した。
活躍の場は既存機種に留まらず、新機種としてREFLEC BEATが誕生した際は自らゲームディレクターを担当。SOUND VOLTEX IIBeatStreamでもディレクターとなった。

作曲傾向としてはJ-POPHIP HOPR&Bトランスコア(をベースにした独自ジャンルハードルネサンス)などのジャンルを得意とする。
IIDXではトランス系やハードルネサンス等が立ち、その曲の譜面においても(いろんな意味で)定評がある重なスクラッチ譜面曲を作ることでも有名。
対してポップンでは明るいガールポップなどの歌モノポップスが多く、その中で当人の歌唱曲も多い。初のメインボーカルデュエット)曲の「太陽バトル」においては「この人、歌も歌えるの!?」と話題になった。その結果、TAG楽曲における"歌ってみた"やVENUSの結成に繋がる事を知るユーザーは多い。
近年ではハードルネサンス系の曲が評価され、特にjubeatの「Evans」を中心に、いかにもボスという感じの曲調やメロディKONAMIオリジナル曲を知らない新規ユーザーに対しても受け入れられ、選曲の間口を広くする功労者となっている。
また、元DJな事もありスクラッチ技術に長けており、他コンポーザーの楽曲へスクラッチ参加することもある。音ゲーライブなどではそのスクラッチプレイを生で披露して会場を大きく盛り上げる。

楽曲によってさまざまな名義を使うが、基本的には「DJ Yoshitaka(YOSHITAKA)」名義が多い。この際、大文字の「DJ YOSHITAKA」小文字の「DJ Yoshitaka」と細かい違いがあるが、ハウスR&Bヒップホップなど、低速~ミドルテンポの楽曲を作る際には小文字ハードコアトランスなど較的BPMい楽曲を作る際には大文字の名義になる傾向が見られる。

2007年から、インターネットポータル、「i-revo」内で、「Let'S YOSHITAKA」という番組をDes-ROWと共に配信していた。

REFLEC BEATディレクターを務めていた2011年頃、新たにSOUND VOLTEXディレクターも務めていることが判明し、Ryu☆Ustreamニコ生での「すごく多忙」との話や、「映像などで見る度にやつれてる」ことから、健康を心配するが多数上がっていた。

2015年時点でのKONAMIでの役職は「第1制作本部 第1制作部長」、BEMANIシリーズの総責任者とみられる。機種単位でも神戸開発のjubeatGITADORAを除くほぼ全機種でプロデューサーを担当している。一方で単独名義での楽曲制作はほぼできていないようで、作曲に関わっているのはVENUS名義の楽曲くらいになってしまった。歌うPシリーズと言えなくもない。

そして2019年4月1日付で「執行役員 兼 第1制作本部 本部長就任することになった。[外部]Let'S YOSHITAKA時代の長オールバックタンクトップといったから12年、大出世を果たしたよしくん、もとい西村宜隆本部長の今後のBEMANI取りに期待しよう。


ニコニコ動画でのDJ Yoshitaka


ニコニコ動画においては、beatmaniaIIDX 14 GOLD提供した隠し楽曲「GOLD RUSH」と、jubeatEvans(BEMANI)が高い認知度を誇る。

タグ表記では「DJ_Yoshitaka」で検索すること。

よくアンチを見かけるが、不毛な議論になるためなるべく視すること。


余談


beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERSデフォルトカテゴリボイスはDJ YOSHITAKAによるものである。

モバイル版の公式コラムにて、本人が「あ、もちろんデフォルトの方です。カスタマイズで出るSUPER STARの方ではないです。」と発言している。


DJ Yoshitakaの関連動画



■sm4073182[ニコ動]

■sm5977307[ニコ動]
■sm314183[ニコ動]
■sm8590228[ニコ動]


代表曲


D.A.N.C.E.!(DJ Yoshitaka feat.星野奏子)
beatmaniaIIDX 11 IIDX RED収録のデビュー曲。
ゆったりしたテンポと、本人のラップ星野奏子によるポップヴォーカル曲。
ゲーム版とサントラロングではアレンジが異なる。
High School Love
pop'n music 14 FEVER!収録。後にbeatmaniaIIDX 14 GOLDREFLEC BEAT colette移植
女性ボーカルアップテンポな明るいポップス。まさかの公式振り向き曲。あの日からっ!!( ゚д゚ )彡
ライブなどにおいてもYoshitaka氏本人が率先して催促してくる。確信犯である。
本人作画の図解付き解説は必見。(画伯的意味で)→ハイスピードラブソング[外部]
CaptivAte~浄化~(A/I)
beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY収録。前作、IIDX REDエンディングテーマセルフアレンジ
現在収録されているCaptivAteシリーズの2番ストーリーに当たる。
CaptivAte~裁き~(DJ YOSHITAKA feat.A/I)
GuitarFreaks & DrumMania V2初出。後にbeatmaniaIIDX 14 GOLD移植
これまでの浄化・誓いとは打って変わって、速いテンポギターの音を全面に出している曲である。
またCaptivAteシリーズの1番ストーリーにあたる。
IIDX 17 SIRIUSではbeatnation summitで披露した(SUBLIME TECHNO MIX)が収録。こちらは朱雀名義のCONTRACTとのマッシュアップになっている。
CaptivAte~誓い~(A/I)
beatmaniaIIDX 14 GOLD初出。のちにDance Dance Revolution SuperNOVA 2に移植。(Dance Dance Revolution SuperNOVA 2においては名義が「DJ YOSHITAKA feat. A/I」となっている)
前作、DistorteDのオープニングテーマである「CUSTOM DRIVE」及びEXPERTモードでのシステムBGMセルフアレンジ
VANESSA(朱雀)
beatmaniaIIDX 14 GOLDEXTRA曲。朱雀名義に共通する「ピギャー」という音とニュースタイルガバ的なピアノ三連譜のメロディが特徴。またムービー伯爵の肖像画が燃えていく演出も相まって、非常に強な印を与える一曲。
GuitarFreaks&DrumMania V5にてTAGによりアレンジされて移植されている。BGAも悪乗り的なアレンジが加えられている。また、REFLEC BEAT coletteではL.E.D.によるスピードコアリミックスが収録されている。
原曲DDRX2移植されており、IIDXギタドラムービーの表示変更の都合もあってムービー削除されいるため、伯爵のご尊顔を拝めるのは現在DDRのみとなっている。
GOLD RUSH(DJ YOSHITAKA-G feat.Michael a la mode)
beatmaniaIIDX 14 GOLDボスフォルダ、「VIP ROOM」の「SILVER ROOM」の曲。
ひたすらにハイテンションな曲調と歌詞空耳ニコニコ動画においても高い知名度を誇る。
中間部では初代からGOLDまでのタイトルコールしていくため、さまざまなMADにも使われている。
後にpop'n music 18 せんごく列伝及びDDRX2移植。こちらでは歴代のタイトル名(DDRではAC版とCS版合わせて3分岐する)をコールしていく。
Evans
jubeatオンラインアップデートによって追加された隠し曲。追加直後から、その高難易度譜面しい曲調からボス曲として君臨している、YOSHITAKA関連でも上位クラス高難易度曲。ブレイク直前の渦巻き譜面と、発狂地帯の花火乱れ咲きっぷりは隅田花火大会さながらである。キレーダナー。
後に beatmaniaIIDX 17 SIRIUSpop'n music SunnyPark、GITADORAREFLEC BEAT colette移植SOUND VOLTEXではCosMo@暴走Pリミックスが稼動初期から収録されている。IIDXではANOTHERのみそのままで、NORMALHYPERprototypeというアレンジになっている。
Elisha
beatmaniaIIDX 17 SIRIUS初出の楽曲。SIRIUSからの新要素であるチャージノートバックスピンスクラッチをロケテストの頃から採用されていた。中盤のバックスピンスクラッチは「やかんスクラッチ」とも呼ばれている。
FLOWER
APPEND FESTIVAL連動曲で初出はjubeat knitREFLEC BEAT(同時収録扱い)
DJYOSHITAKA楽曲の中ではもっとも移植がなされておりDDRX3IIDX tricoro(ロケテ収録)pop'n Sunny Park(fantasiaにて先行解禁)、SOUND VOLTEXREDALiCEによるリミックスギタドラにはTLION69によるリミックスが収録され、ダンエボにも収録。ミライダガッキへは稼働日から各支局として収録されている(現バージョンではデフォルト曲)。KONAMI現機種(ハロポプは忘れてください)では残るはビートストリームだけだったのだが、それを飛び越えてグルーヴコースターmaimai太鼓の達人天下一音ゲ祭で収録されてしまった。どの機種の譜面YOSHITAKA曲らしい高難度譜面ばかりである。

名義一覧


楽曲提供の際に使用した名義(製作者として表示された名前)

名義 備考
DJ YOSHITAKA
DJ Yoshitaka
よしくん
朱雀
Caldeira / Galdeira
TOMOSUKEとの合作時の名義
The Plastic Ambition junとの合作時の名義
つよし 肥塚良彦合作時の名義
Humanoid
よしくん海賊
Des-ROW組・スペシアルz
臨界点パニック pop'n music 15 ADVENTURE
Des-ROW+Y
Lucky Vacuum
Creative Life TSU-NAと共作した際の名義
SE-NA  from 4C-STATE
バッチトシ
ガキ大将ティーム 山岡晃との合作時の名義
よしくんマン
秀よし君 pop'n music 18 せんごく列伝
VENUS Sota Fujimoriとの合作時の名義
Sprrigan

他多数


関連商品


■dw3243350
■dw3246087
■dw3246078
■dw3246051


関連コミュニティ


■co172


楽曲(記事)



DJ Yoshitaka名義・他



朱雀名義



次へ»
最終更新日: 19/03/21 02:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ