ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DNS


ヨミ: ディーエヌエス
掲示板をミル!
7カキコ!

DNS(Domain Name System)とは、ドメイン名Domain name)をさまざま情報に関連付けするためのシステムである。とくにホスト名をIPアドレスに関連付ける機が重要。


概要


ニコニコ大百科WebサーバグロバルIPアドレスである210.135.99.89アクセスするとニコニコ大百科トップページが表示される。

だが、ネット広告や雑誌などで「ここへアクセス!→210.135.99.89」と書かれても大変解りづらい。
そこでDNSの登場だ。

DNSサーバーは"dic.nicovideo.jp"などのURL情報IPアドレスと関連付けする情報が保存されている。
つまりDNSサーバーには「dic.nicovideo.jp210.135.99.89]というテーブルが組み込まれていることになる。
だからdic.nicovideo.jpアクセスすると自動的に210.135.99.89に繋がってくれるのだ。

またDNSサーバードメイン(.comや.frなど)によって管轄が違う。

DNSサーバーは自分の内部データで解らない場合には、登録してある一つ上のDNSサーバーに参照に行く。そうやってだどって行く一番上のDNSがルートサーバルートネームサーバ)である。


ルートサーバ


世界に13存在する名前解決用のトップドメイン管理用ルータたちである。
アメリカ所属が10か所、スウェーデンオランダ日本に所属しているものが一つづつで合計13となる。
Aから順番にアルファベットが降られており、日本の所管するのはMサーバとなる。
多くがアメリカにあるのはインターネットそのものの発祥がアメリカだったからという理由であり、他の三か所についてはインターネット初期において発展に多大な貢献をした組織がそのまま担当したのが今に続いている。
日本の場合、学術ネットであったJUNET(WIDEプロジェクト)がほぼ独断・独で参加し今に至る。
ルートサーバのほとんどがエニーキャストによる負荷分散とディザスタリカバリを行ってる。つまり複数のサーバを束ねてルートサーバとして動作している。

これはインターネットクラッシュリスク回避のためである。このため日本に所属しているMサーバ海外でも複数動作していたり、逆に海外所属のF、I、 J、Kサーバたちの一部が日本国内にもいたりする。


関連項目



最終更新日: 14/09/10 19:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ