ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Don't Stop Me Now


ヨミ: ドントストップミーナウ
掲示板をミル!
13カキコ!

Don't Stop Me Now (ドント・ストップ・ミー・ナウ)とは、イギリスロックバンドQUEENの楽曲である。1978年発表のアルバムJazzジャズ)」に収録され、1979年シングルカットもされた。作者フレディ・マーキュリー


概要


現代の音の魔法クイーンだけが創造しうる至上の美。ヴィヴィッドな魅あふれるポップナンバーの傑作

1979年1月26日シングルカットされた際、英国チャートは最高9位まで上るヒット曲。しかし米国では86位というビミョーな結果に終わっている。日本では4月の来日演前に来日記念盤として3月10日に発売。

フレディの軽快なピアノ名曲。そこに乗っかるロジャービートと跳ねるジョンベース、そしてブライア・・・ん?
そう、この曲の要素の中でギターが印に残っている人も多いかもしれないが、彼はこの曲においてはギターソロまで出番がなく、さらにソロが終わるとオブリガートを奏でるのみで出番が終わっている。しかしながら、一リスナーを魅了してしまうブライアンは流石、アッパレ!
だが、この曲にギターを付けた音公式で存在する。「with long-lost guiter」というバージョンが近年再発された収録アルバムJazz」に収録されている。興味のある方・ブライアン好きな方はぜひ。

ちなみに、このシングルQueen初のカセット発売シングルである。


ライブでのパフォーマンス


初めて演奏されたのはアルバム発売直後のプロモーションツアーであるJazz Tourではあるが、1978年の北では12月7日シカゴ演でSpread Your Wingsの前にイントロ演奏されただけ。

本格的に演奏されだしたのは欧州ツアーの初日1979年1月17日からで、それから年末のCrazy Tour最終日の12月26日まで演奏され続けた。

4月13日からの日本ツアー、特に4月23日以降のフレディ風邪のためにノドが死にかけており(※1)、そのせいもあってか、4月30日5月1日福岡演ではセットリストから落ちている。

しかし、1979年11月22日から始まったCrazy Tourではべ物にならないほど良い歌いっぷりを披露している(※2)。特に12月4日英国ニューキャッスル演はこの曲のベストパフォーマンスとの評判。是非聴いてもらいたい。

ちなみに、レコード版においてのブライアンはほとんど演奏がないが、ライブにおいてはバックリズムギターを弾いている様子が確認できる。

(※1)1979年4月25日 武道館

■sm2415677[ニコ動]

 

(※2)1979年12月26日 ロンドン
■sm13145353[ニコ動]


関連動画



QUEEN


※1 DVD
■sm2576141[ニコ動]

 


この曲のPVツアー中の1979年1月26日ベルギーブリュッセルコンサート前に撮影された。

監督はヨルゲン・、、、(Jorgen Kliebenst)。読めない。ググったが情報が一切出てこないの人物である。詳細む。

フロントからのカメラを1台にして撮影するためにメンバーは中心に寄っているのが大きなポイント。ほかのPVでは見られない重な演出である。

■azB00006F20T

■nm4988800[ニコ動]


カバー 


■sm2017060[ニコ動]
■sm1878605[ニコ動]

■sm7884987[ニコ動]
■sm3542779[ニコ動]

■sm12168810[ニコ動]
■sm2655926[ニコ動]

■sm10082423[ニコ動]
■sm13741543[ニコ動]


関連商品


■azB004VN7U8M
■azB004VN7W30

■azB004CHSXX8


関連コミュニティ


■co18603


関連項目



最終更新日: 16/11/03 01:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ