ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Drラウドネス


ヨミ: ドクターラウドネス
掲示板をミル!
2カキコ!

Drラウドネスとは、ガストバンプレストが共同制作したPS2RPGシリーズアルトネリコシリーズの第二作
Ar Tonelico II~世界に響く少女達の創造詩』の登場人物である。


概要


Drラウドネスとは、『Ar Tonelico II~世界に響く少女達の創造詩』に登場する音科学の専門であり、ストーリー上の重要人物である。

Drラウドネスは元々は、シリーズ第三作『Ar tonelico III~世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』の舞台となるソルクラスタに存在する『アルキア研究所』で若くして第一研究室室長となった天才科学者であったが、部下であるラファエーレの策謀もあってか、自らメタファルスに渡って重要アイテム『四次正中核擐』通称『大地の心臓』の回収を行う事となった。(ラウドネスした計画自体は出発後、ラファエーレの示で別計画に移行し、ラウドネスの成果もラファエーレに奪われた)

メタファルスにおいては、若き第一執政官であったアルフマンと結託。当時の政府が実行寸前であった『ハイバネーション』を武クーデター阻止して実権を握り、『メタファリカ計画』の準備としてのとの戦争してのIPDの増加を行い、強引にメタファリカを推し進めた。

多くの悲劇を巻き起こしつつも的達成をしたDrラウドネスではあったが、最後はその研究バカとでもいうべき性格が災いしたのか、アルトネリコ2黒幕であったガードロボット『ラキ』によって突き飛ばされてへと落下し、その生涯を閉じた。享年51歳。


性格


前述したように『研究馬鹿』『駄目人間』であったDrラウドネスではあるが、私生活においてはミュートを溺するそれなりに良い父親ではあった模様。
しかし、仕事と私生活を分けて考えられない不器用なところがあったため、そのミュートにも人体実験を施すなどの行動を取っていた。(参考リンク[外部]
また、3の開始々に登場して死亡したエンシェントリーダーであるキラハとは、強敵と書いて友と読む関係であり、かつてはご近所さんとして、また、対立する研究グループのそれぞれの長として発明自慢合戦などをしていた。


関連商品


■azB001ANDJ2M


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 13/01/26 13:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ