ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


DRUNK MONKY


ヨミ: ドランクモンキー
掲示板をミル!
22カキコ!

DRUNK MONKYは、5鍵beatmaniaおよびbeatmaniaIIDXに収録された、ヒロシワタナベの楽曲である。


概要


ジャンル MINIMAL
アーティスト名義 DJ ODDBALL
BPM 145
譜面難易度 beatmania beatmania IIDX
NORMAL HARD ANOTHER NORMAL HYPER ANOTHER
シングル(SP) 5 6 9 7 10 12
ダブル(DP) 5 8 9 6→7 9 11

初登場はbeatmania 4thMIX

曲名は間違えやすいが“DRUNK MONKEY”ではない。MONKEY)ではなく、MONKY(モンク、僧)である。意訳するなら「酔拳」が妥当だろうか(ジャッキー・チェン演の映画の「酔拳」の英題の一つが"DRUNKEN MONKEY IN THE TIGER'S EYE"であることからも)。

一定のパターンを繰り返すベースラインリズム、そして中盤に入るうねるようなシンセと僅かな効果音のみで構成された非常にシンプルな楽曲で、まさにMINIMALと呼ぶに相応しい。


穴猿「穴猿」と呼ばれるANOTHER譜面で有名。
上記の通り曲自体の音数は少ないにも関わらず、まるで出ている音をほとんど演奏させるかのような詰め込み譜面であり、当時としては規格外の高難易度譜面として恐れられた(初登場の4thMIX当時はハイスピードオプションというものがなかったことが難易度に影していた部分もある)。

そのノート数はシングルプレイ681、ダブルプレイ678。
最近のIIDXの楽曲と較すると少ないイメージだが、これは曲自体の尺が短いため。2分あたりのノート数に換算すると概ね1000程度となる。
それを5つの鍵盤とスクラッチに割り振ったのであるから、1レーンあたりの単位時間あたりのノート数はIIDX高難易度譜面にも匹敵する凄まじさである。

特に難しいのが、25小節に登場する怒涛の16分縦連打と、41小節以降のスクラッチが絡む箇所。そのあまりにも高い難易度は、SKA a go go2ndMIXボス曲)やsuper highway3rdMIXボス曲)を撃破した猛者ですら余裕で絶望できるほどであり、長らく5鍵最難譜面のひとつとして君臨していた。

beatmaniaの最終作であるTHE FINALでは、ハイスピードオプションが3段階で変更可であることなどから、初登場時にべると大分易化した印がある。加えてRE-ROOTSやREFERENCEIMPLANTATIONといった高難易度譜面5鍵で続々と登場し、ボスとしての威厳は次第に薄れていくと思われた。


ところがその後、CSbeatmaniaIIDX 13 DistorteDにてまさかの収録実現。AC版では初出から20年が経った2019年に26 Rootageにて、イベント「蜃気楼の図書館」の解禁曲として収録されている。しかも、譜面IIDXオリジナルのものが用意され(CSでは5KEYSオプションを使えば5鍵版の譜面プレイすることも可)、より悪になって再びプレイヤーの前に立ちはだかったのである。

IIDX版のANOTHER譜面ノート数はSPで1177、DP1104。これを2分あたりのノート数に換算すると1600前後となる。
難易度的には嘆きの樹quell ~the seventh slave~といったDistorteD同期最上譜面較するとさすがに一歩劣るものの、往年の絶望を思い起こさせるボス曲に相応しい変化といえよう。


余談であるが、5鍵版のANOTHER譜面のみ、なぜかシンバルの音が一部なくなっている。


関連動画



■sm1573269[ニコ動]

■sm2746725[ニコ動]
■sm34546844[ニコ動]


関連商品


■azB00005QBNZ
■azB000RSVVIK


関連コミュニティ


■co172


関連項目



最終更新日: 19/02/10 05:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ