ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E Ink


ヨミ: イーインク

E Ink(イーインク)とは次のものをす。

  1. 電気泳動インクのこと。
  2. アメリカで創業し現在台湾を拠点とする企業。またその製品ブランド

本項では、2のE Ink社とその製品について述べる。


E Ink社


E Ink社は、1997年アメリカマサチューセッツ州で創業した電子ディスプレイメーカーである。多くの企業パートナー契約を結び、同社の電子ペーパーが各社の製品に採用されている。

2009年台湾Prime View InternationalPVI)がE Ink社を買収し、後にPVIからE Ink Holdingsに社名を変更した。その後ライバル企業の撤退などが続き、2013年には世界の電子ペーパー市場シェア95以上を占める結果となり、ほぼ独占状態にある。


製品ブランド


E Ink社が販売する電子ペーパーのブランド。同社が開発したマイクロカプセル電気泳動方式を利用している。液晶や有機ELなどの薄ディスプレイと違い画面の書き換え時にしか電を消費しないので、採用製品の長時間駆動や、バッテリーの小化による端末の薄軽量化が可とされている。現在モノクロのものが流で、カラーのE Inkはそれほど普及していない。

マイクロカプセル電気泳動方式について簡略に説明すると、ガラス上に透明なマイクロカプセルを敷き詰め、カプセルの内部には帯電したの顔料とオイルを封入する。そこに電圧をかけることで顔料を移動させ、を表示している。


E Inkの世代


※右の( )内は発表年。

Vizplex2007)
従来問題とされていた書き換え速度や反射率を善。
これ以前にも同社の電子ペーパーは存在したが、NookやKindlekoboなど各社の電子書籍端末に採用されたことから、第一世代E Inkと呼ばれることもある。
Pearl2010)
コントラスト善したVizplexの次の世代。
日本で発売されたものでは、Sony Reader2010〜2013発売機種)、Kindle Paperwhite2012)、kobo gloおよびaura等に採用された。
Carta2013)
Pearlからさらにコントラスト善。
Kindle Paperwhite2013)に採用。

軽量ディスプレイ

Mobius(2013)
ソニーとの共同開発によるフレキシブル電子ペーパー。
従来のガラスからプラスチックTFTにすることで折り曲げや軽量化を実現。
Sony デジタルペーパーに採用予定。
Fina(2013)
ガラスのまま従来製品から重量・厚さを半減。
Pocket CAD Readerに採用予定。

カラーディスプレイ

Triton2010)
16階調グレーケール4096色を表示可
RGBの4ピクセルが2x2の正方形に並んだグリッドから構成される。
Triton 2(2012)
従来製品より高コントラストになり、正方形グリッドからストライプに。
Jetbook Color 2に採用。

その他

Regal waveform(2013)
従来では数ページごとに白黒反転していたリフレッシュを大幅に減少させる技術。
CartaPearlで利用可

関連商品


■az4781301762
■az4797350539


関連項目



最終更新日: 13/12/17 17:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ