ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E・HERO アナザー・ネオス


ヨミ: エレメンタルヒーローアナザーネオス
掲示板をミル!
3カキコ!

E・HERO アナザー・ネオスとは、遊戯王OCGカードである。


概要


TACTICAL EVOLUTION」(2007年5月12日発売)で登場。

デュアル・効果モンスター
4/属性/戦士族/ATK 1900/DEF 1300
(1):このカードフィールド墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールド通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
このカードモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「E・HERO ネオス」として扱う。

デュアルモンスターの1体であり、再度召喚することによって「E・HERO ネオス」になる。

E・HEROデュアル戦士族など、様々なサポートカードを利用できるのが魅

そのため、優れたサーチ効果を持つ「E・HERO エアーマン」などとともに、【HEROビート】と呼ばれる下級E・HEROを中心としたデッキが登場した。このカードエアーマンや「増援」によるサーチに対応し、下級アタッカーとして攻撃も高め、太刀打ちできないモンスターを相手にした場合は「デュアルスパーク」や「超融合」で除去し、墓地へ行けば「ヒーローブラスト」で回収&除去、あるいは「ミラクル・フュージョン」で融合召喚と、サポートカードを生かした多な行動が可。効果などきに等しいため、「スキルドレイン」とも相性が良い。

サポート豊富な下級アタッカーとして、これからも活躍しつづけることだろう。
効果?ネオス?何のこと?


……再度召喚した際の効果は、自身を「E・HERO ネオス」として扱うもの。しかし、単体では何ら意味を成さず、下手に再度召喚してしまうと「デモンズ・チェーン」を受けるリスクがあるので、特に必要がない限り、可な状況でも再度召喚しないほうが良いという有様であり、上記のような【HEROビート】で再度召喚されることはほとんどない。

そういう状態なので、このカードネオスになれるということ自体を失念しそうだが、専用のデッキであれば使えないことはない。最上モンスターネオスと異なり、下級モンスターなので単体でも扱いやすく、上記のようにサポートに恵まれている。そのため、コンタクト融合などを軸にする場合はこのカードが利用できる。

しかし、再度召喚しなければならないため、「E・HERO ネオス」という名前のモンスターえると考えると意外と難しく、また、カード名を得られる状況が限られるため、「ミラクル・コンタクト」、「コンタクトアウト」のようなサポートを存分に生かせない。特に「ミラクル・コンタクト」の存在から、フィールド素材えるより手札・墓地からコンタクト融合することのほうが多く、そのときにこのカード素材にできないのが痛い。
そのため、下級モンスターだから本来のネオス以上の活躍をすると一概にはいえず、【コンタクト融合デッキに入れる場合も、基本的には使いやすい下級アタッカーとみなし、コンタクト融合などの用途はあくまで補助的なものと考えたほうが良いだろう。


効果を視しても「ネオスモンスターではあるので、「E・HERO ゴッド・ネオス」の融合素材にすることは可。特に意図がなければ、素材の「ネオスモンスターはこのカードで賄うと良いだろう。

デメリットのない下級E・HEROの中では最大の攻撃を持つ。デメリット持ちも含めれば「E・HERO キャプテンゴールド」の2100が最大。

アニメ漫画どちらの出身でもない、OCGオリジナルE・HERO。「E・HERO キャプテンゴールド」に次いで2枚であり、後に「E・HERO ノヴァマスター」や「E・HERO ブレイズマン」も登場した。

イラストに描かれているのはネオスによく似た少年。名前のアナザー(another,別の、もうひとつの)からすると、ネオスとは別人の、ネオスにあこがれる子供といったところだろうか。しかし、anotherの名が示すように、ネオスになることはほとんどない……。
数あるE・HEROの中でも採用率は高いほうで、その点では使いどころの少ないほかのカードより恵まれているが、本来の意図に反し、どんなに頑ってもネオスになることはないというのは悲しいもの。


その他の作品において


Dチーム・ゼアル」でフュージョンマスクが使用。
E・HERO オーシャン」とともに、「E・HERO アブソルートZero」へと「融合」された。


関連動画



■sm14499076[ニコ動]


関連商品


■azB004HEMPOE


関連項目



最終更新日: 16/03/08 19:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ