ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


E・HERO エスクリダオ


ヨミ: エレメンタルヒーローエスクリダオ
掲示板をミル!
17カキコ!

E・HERO エスクリダオとは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカードである。


概要


遊城十代の使用カード

漫画GX終盤、ついに復活を遂げたトラゴエディアと十代&万丈デュエルで登場。墓地の「E・HERO」1体につき攻撃100ポイント上昇する効果を持つ。

ヒーローシグナル」で呼び出した「E・HERO シャドー・ミスト」と手札の「E・HERO オーシャン」を融合素材として融合召喚。自身の効果で攻撃3000に上昇させ、「茫漠の死者」を戦闘破壊したが、返しのターンには「The supremacy SUN」と相打ちとなった。

その後は特に描写はないが、カード希望未来」で(エクストラデッキに戻っていると思われる。


効果名は「ダークコンセントレイション」、攻撃名は「Dark diffusion」(ダークディフュージョン)。
攻撃の際は自身の右腕の鋭いを飛ばして攻撃する。この攻撃を受けた「茫漠の死者」は見事にばらばらになっていた。

このカードの見たは、融合素材となった「E・HERO シャドー・ミスト」の特徴を色濃く残している。むしろオーシャンらしさなどほとんど残っていない。漫画版の融合素材定についてははっきりとは分からないが、もしかしたらシャドー・ミストは固定の融合素材なのかもしれない。

エスクリダオ(Escuridão)はポルトガル語で闇という意味。あまりなじみのない言葉なので、このカードカード名もエクスリダオ、エスクダリオなどと間違われやすい。「Sだお(^ω^)」とでも覚えておけば間違えにくいかもしれない。

漫画GX終盤、ようやく登場した闇属性融合E・HERO。連載終了した漫画GXの置き土産
超融合」を投入したE・HERO使いの多くがOCG化を臨んでいたことだろう。そして……。


遊戯王OCG


漫画遊☆戯☆王GX』最終巻となる第9巻(2011年6月3日発売)の付録カードとしてOCGに登場。

融合・効果モンスター
8/闇属性/戦士族/攻 2500/守 2000
E・HERO」と名のついたモンスター+闇属性モンスター
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの攻撃は、自分の墓地に存在する
E・HERO」と名のついたモンスターの数×100ポイントアップする。

ジャンプコミックス遊☆戯☆王GX 第9巻』付属のカード(YG09-JP001)による

ほぼ再現OCGに登場。これにより、E・HEROデッキにおいて、「超融合」が万除去として働くようになった。

ほぼ全てのBFインフェルニティシャドールなどのほか、「ダーク・アームド・ドラゴン」など、強な闇属性カードは多い。闇属性以外の属性に統一したデッキでなければ、大体のデッキに闇属性モンスターが入っているので、召喚の機会は多い。破壊耐性を回避できるのも心強いので、「超融合」を使用したE・HEROデッキを組むならぜひとも投入したい。
一方、闇属性デッキを使用する側がE・HEROを相手にする際は、常に「超融合」を警するようにしたい。発動されるとほぼ防ぎようがないのでやっかい。

属性E・HEROには、「E・HERO シャドー・ミスト」などが存在する。シャドー・ミストは便利な効果を持っているため採用しやすく、「超融合」ではない融合召喚を狙うこともそう難しくはない。手札・フィールドから融合させた場合は、そのままシャドー・ミストの効果につなげることができる。ただし、「ミラクル・フュージョン」や「フュージョンゲート」による除外とはあまり相性が良くない。

とはいえ、シャドー・ミストを使って融合召喚する場合でも、このカードの効果自体は大したものではないため、もう1つの素材属性に対応するE・HEROが優先されることが多いだろう。あるいは、E・HEROではない闇属性モンスターE・HERO融合召喚するならば選択肢はこれしかなくなる。「召喚僧サモンプリースト」などはレベル4の多いE・HEROとも相性がいいので、それを素材にする場合はこのカードを出すこともあるかもしれない。この場合はエクシーズ召喚ライバルになるが。

効果は墓地E・HERO×100ポイント攻撃が上昇するというもの。「E・HERO シャイニングフレアウィングマン」にべて上昇値が低く、墓地E・HEROを除外してしまう「ミラクル・フュージョン」との相性もあまりよくないが、あって損するものではない。数枚墓地に落ちていれば並の上級モンスターくらいは一方的に倒せるようになる。

単純な融合モンスターとしてのはさほど高くないが、「超融合」で闇属性モンスターを除去できるのが大きい。


未来融合-フューチャー・フュージョン」が禁止カードになる以前は、このカードを利用してデッキから闇属性モンスター墓地へ送ることができた。

属性HEROということで、「マスクチェンジ」から「M・HERO ダークロウ」へつなぐことが可

D-HEROデッキでも、HEROサーチ効果を持つ「E・HERO エアーマン」や「E・HERO シャドー・ミスト」は理なく採用できるので、やろうと思えばこのカード融合召喚も狙えなくはない。「Dragoon D-END」の融合召喚を狙うタイプデッキ素材わない場合の保険にはなるかもしれないが、E・HERO墓地にたまらないため相性はあまりよくなく、HERO2体で出せる「V・HERO アドレイション」のほうがD-HEROだけでも融合召喚できるため適任。

シャドール融合モンスターエルシドール)は、「『シャドールモンスター+○属性モンスター」という似たような素材定を持っているため、「超融合」による除去というE・HEROと同じような戦術ができる。向こうの闇属性担当は「エルシドールミドラーシュ」。


関連動画



■sm24090405[ニコ動]


関連静画


■im3570776(静画)


関連商品


 ■azB00549DBPS
■az4088702336


関連項目



最終更新日: 16/03/09 05:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ