ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


EF200


ヨミ: イーエフニヒャク
掲示板をミル!
18カキコ!

EF200とは、JR貨物が保有する電気機関車である。

概要

JR貨物が旺盛な貨物需要に対応する的で開発された、内では類を見ない大出を誇る直流電気機関車1990年に試作機が登場、91年から93年にかけて量産され計21両が落成した。

JRの発足当時、日本は好気に沸き鉄道貨物も輸送の増強がめられてた。そこでJR貨物機関車の出を上げることで、列車あたりの輸送量を向上すること論んだ。その結果誕生したEF200は最大出6000kW(当社1.5倍)となった。これは日本電気機関車いて、単なる性向上の範疇をえた桁違いな数字である。

制御方式には当時技術が成熟しつつあったVVVFインバータ制御を、日本の量産電気機関車として初めて採用。きめ細かな加速制御やモーター耐久性向上の恩恵で、従来と変わらない動輪6軸での出向上が実現している。
他にもシングルアームパンタグラフ搭載や吊り掛けモーターからの脱却など、先進的な技術を多数取り込んだ形式である。それらが評価され、1993年には鉄道友の会からローレルが贈られている。

大柄な体は面的でライトグレーを基調とした明るい塗装により、従来の電気機関車にあった複雑で重厚なイメージを一新した。ヨーロピアンスタイルとも評される前面はくの字折れでスピード感を感じさせ、ライトブルー塗装は直流機の格式を爽やかに織り込んだ。
体側面には「INVERTER HI-TECH LOCO」と書き込まれ、新技術の結晶であることをアピールしている。

変化

以上の性を生かし活躍を期待されたEF200だが、結果として全開で運用されることはなくなった。消費する大電流が架線に許容を越える電圧降下を引き起こす、行中に変電所間をわたり電流変化の保護回路を作動させるなど、電設備に過大な負荷を与えたことが原因である。
鉄道車両だけでなく、電・軌・信号・保守など取り巻く個々の設備全てが全体の性を握っているのだ。残念なことに変電所の増強はその後の需要減少によって見送られ、EF200は出を抑えて運用している。

2004年頃より体の塗装められ、EF210に準じたダークグレーブルーツートンになった。側面ロゴJRFマークに描き変えられてしまったが、以前よりからし色だった運転室はそのままの色が残されアクセントになっている。

運用

東海道山陽本線の高速コンテナ列車として運用されている。

EF66後輩経済EF210でも牽引可な、24両以下の列車の牽引が多い。しかし2007年から26両編成の列車が運行開始し、出に余裕があるEF200が優先的に任に当たっている。

関連動画


■sm2512144[ニコ動]

■sm5881134[ニコ動]

迷列車シリーズにも登場
■nm13153888[ニコ動]

関連商品

■azB0003KDF6I
■azB001AS1DQG

関連項目


最終更新日: 20/09/05 14:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ