ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


EH500


ヨミ: イーエイチゴヒャク
掲示板をミル!
22カキコ!

EH500 前面EH500とは、JR貨物が保有する2連結電気機関車である。

概要

かつて首都圏北海道を結ぶ高速コンテナ列車では、途中2回の機関車付け替えを必要としていた。これには連結作業のタイムロスや5両もの機関車の整備が伴い、高速・効率化をJR貨物にとって大きな障だった。

そんな事情を背景に、一度は鉄道車両製造から撤退した東芝から直通用の巨大な機関車が提案された。VVVF制御、直流・交流複周波数対応、耐寒耐青函トンネル全適応、そしてそれらを実現する動輪8軸・2連結・・・
EH500の誕生であった。

[画像を見る]
[画像を見る]
+ [画像を見る]
[画像を見る]
+ [画像を見る]
[画像を見る]

本機の特徴はなんと言っても2連結方式に尽きる。これによって1体3台車よりさらに動輪を増やしたが、その第一の的は単純な出増強ではなく、高湿・急勾配が続く青函トンネル内を空転せずに牽引するためだ。よって旧国鉄の2体8軸機・EH10とは根本からいきさつが異なるし、実際にも出EF210と同等である。
また、2体で1台の機関車という扱いになるため、従来の重連運用を置き換えた区間に関しては、客会社へ支払う線路使用料が機関車2台分であったものが半分の1台分で済む、というJR貨物にとっての利点もある。

2つの体にはそれぞれに同じ機器が搭載され、二重システムとして故障への対応を強化している。だからといって片側ずつが自で走行することはできず、一心同体と言うがまさにぴったり。2つの体は東芝にて鉄板から組み上げられるときから常に共に行動を共にし、その関係はまで続くことだろう。

量産初年の2000年に、EF210DF200同様の称が募集された。結果ECO-POWER 金太郎に決定され、体側面には大きくロゴが貼られている。一般への定着もまずまずのようだ。他にもEH10の再来ということで非公式ながらも「平成マンモス」と呼ばれている。

バリエーション

1997年の試作機の落成、2000年から現在まで続く量産と、長い期間にわたって製造が行われている。その間、特に初期においては塗色や前照などが幾度か変更されていた。旧モデルが後期のものにあわせて改造されることは現在のところなく、登場時からの形態を保っているのが趣味的にも面い。またどの形態も共通運用されている。

以下に分類ごとの前面のイラスト塗装の色味、特筆事項、在籍数をまとめる。

[画像を見る]
試作機
[画像を見る]
一次形
[画像を見る]
二次
[画像を見る]
三次
スカーレット 深紅 クリムゾン
前頭部屋根が丸く、側面の通や明かり取りの位置が他形態と異なる。
赤色部は他と色のように強な色調。
試作機から引き継ぐ部の前照を持つ。
前面の帯が認識性を強めるため太くなり、側面まで回り込んでいる。
赤色部は大人な印に。
前照が多く付着してしまう問題が発生し、ライトケース帯部まで持ち上げられた。さながらEF210
それ以外の点は一次形と共通のため、側面では見分けがつかない
直流機EH200と意えたのか、帯はライトケース間に、塗装だけに狭められた。
この形態で安定し、10号機以降大量に製造された。
1両 2両 7両 63両以上・継続量産中

運用

東北本線津軽海峡線ロングパスする運用に就いているが、多くの列車では磯にて任を解かれ、以南はEF210などの直流電気機関車バトンタッチとなっている。貨物列車の多くが深夜に走ることと併せ、首都圏でその姿を見ることは難しい。
近年ED75EF81の置き換えが進んだことから、EF510と共に常磐線へも進出している。

また青函トンネル内での実績が評価され、総延長は短いながら更に過酷な環境関門トンネルにも新たに配置され運用している。こちらは峡内を受け渡す下関(生操場)~福岡貨物ターミナルのみの運用で、ATCを搭載しないなど東北のものとは区別されている。

関連動画

その強い容姿のためか、JR貨物設計の電気機関車において動画投稿数が最も多いようだ。

試作機
 
■sm19389523[ニコ動]

一次形
■sm3338382[ニコ動]
二次
■sm3344167[ニコ動]
三次
■sm4383324[ニコ動]
■sm9120257[ニコ動]
■sm2931978[ニコ動]

関連商品

Nゲージ鉄道模型では自重が大きく牽引力があり集電性も考慮されたTOMIX製が編集者オススメ
■azB0004D75EM
■azB0004D75G0
■azB0014Z99A2

関連項目


最終更新日: 13/01/26 21:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ