ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ELS


ヨミ: エルス
掲示板をミル!
670カキコ!

ELSとは、機動戦士ガンダム00劇場版 機動戦士ガンダム00 ‐A wakening of the Trailblazer‐)に登場する『未知なるモノ=異体』である。


概要


名称であるELSは『エルス』と発音する。
由来は、『Extraterrestrial Livingmetal Shapeshifter(地球外変異性金属体)』の頭文字より。


人類との接触の過程


1:ファーストコンタクト

西暦2314年
木星圏に遺棄されていた木星船「エウロパ」と未知の手段で融合

内部に残されていたデータベースから地球(知的生命体が居住している惑星)の存在を知り、自身のコミュニケーション手段として使用している量子を感知したことで地球に向けて航行を開始する。

地球連邦軍がエウロパを粉砕するも、融合していた破片が地球に落下する。

2:地球上での活動、その後

破片として地球に落下した後は軍用車両地下鉄列車等の機物に融合

それらの仕組みを理解し、運用を模倣することで量子を発する人間イノベイターへの変革の兆しを見せていた人間」とのコミュニケーションをとるために接触しようとしたことで、世界各地で不可解な事件事故が多発した。

事件の検証により地球側に異体として認知され、ELS(エルス)と呼称される。 


 ELSの生態、および能力


1:性質

自在な変異を可とする金属の体を持ち、木星エウロパへの擬態に始まり地球上の施設・機器との同化、さらには人体の模倣など姿は多種多様に変化する。
活動する際にはある程度の大きさを保つ必要があり、それ未満のサイズに分断された場合は活動が一時的に停止し地球上の金属と差異のい性質に変わる。

に擬態した個体が「爆破されて体積が半分以下まで減った」際に活動停止したことから、活動可な最小サイズ人間とほぼ同等の大きさであると考えられる。

活動停止した個体は活動中の別個体と融合する事で再び活性化し、活動を再開する。

2:コミュニケーション

ELSは群体であり、個別の意思はく一般的に「個体」と呼ばれる生態を持つ。
群体内での情報伝達には量子波を使用し、これにより間的に全個体での共有が可

もっとも強量子波を伝達するために他者との直接的な接触、及び融合を用いる。

知性はあるが、群れで一つの頭を構成するため彼らには『個』という概念がなく、融合によって個が活動を停止すると「個がなくなる=死んでしまう」という事を彼らは理解できなかった。
そのため様々な惑星コミュニケーションを行おうとするたびにその惑星の有機生物は死滅し
融合すればその個は活動を停止しても、群体の意識と意思疎通できるというコミュニケーションしか知らないため)、機物でできた惑星は(ELSと同様の生命体でなかったため)そのまま融合しきってしまって定住が不可能になっていた。

個体別の情報を統括して認識できるため情報の処理天井知らず。
ミサイル程度の単純な作りならば触れた間模倣し、数回の接触でMSすら複製してみせた。

3:ワームホールによるワープ

彼らは未知の手段でワームホール生成、経由することで一種のワープを行う事ができる。
先遣隊として少数の個体が多種族の生命体の探を行い、発見次第コロニーに通達しこれを利用して出現する。
そのため彼らELSの活動範囲は広大現在もその規模は判明していない。

5:ELSの「叫び」

人類も使用可になりつつあった量子波だったが、長い年量子波と同じものを用いて進化している上にとてつもない数の群体によってそれらを使用していることで、人類の個人には到底許容できるものではなく。そのため彼らの量子波を感じ取れる人間には漠然と叫んでいることしか理解できなかった。

※例えるなら、幼児の元で大人が大でまくしたて続けるようなものである。(何を言っているのか理解できないどころか鼓膜の損傷まであり得る状態)


目的


生まれた惑星が居住不可能な状態になってしまったため、本体から分離したコロニーが脱出
安住の地をめて宇宙を放浪していた。つまり彼らは亡命申請の話し合いをしたいだけであって意はなかった。

しかしELSを侵略者と認定し迎撃を行ってしまったことで、それらの戦闘行動が「地球でのコミュニケーション手段」と勘違いしたELSは人類と話すためそれらを模倣。

つまり行為としては「大規模な異生命体同士の戦争」なのだが、ELS側にとってはただ会話のための第一歩だったのである
※おそらく生誕以降「全な個体」として進化してきたため、そもそも「闘争」「戦闘」等の「生物同士の衝突」といった概念すら彼らには存在しなかった。


対話成立


世界中で人間融合し続けたため多くの人間がその変異に耐えられず死亡するも、なんとか対話に成功した人間はその浸食を止めさせることで死を免れた。

決定打として、人類で一となったイノベイター「刹那・F・セイエイ」による対話を以てELSは人類の生態(個という概念や自分らに浸食されると活動できない等)を理解し、彼によって伝わった彼自身の平和意志の徴たる「花」に形を変え戦いは終結した。


対話成立後


ファーストコンタクトで敵性勢認定されてしまったことや多大な被害を出したこと、使用する情報伝達手段が人類に増加傾向にあったイノベイターと同じ量子波だったことが相まって、イノベイターにならなかった人類「旧人類軍」とイノベイターとの確執においてやり玉に挙げられた。

イノベイターは「ELS感染者」と揶揄又は本気で侮蔑され、諸共に排斥すべきという流れが統合戦争を助長した。

当のELSは人間と触れ合ったことでその生態の違いに感化され、統合戦争が起きた頃には個別に性格をもったELSが発生。個々の判断でイノベイターにを貸す者、静観を通すもの等の個性が発現した。

そうした戦いを経て約50年後の世界では人類と友好関係を築けており、人間と共同で操縦する新ワークローダー「サキブレ」なども開発されている。


分類



外伝作品での活躍


スパロボGジェネシリーズでは最初こそ理解不明な怪物扱いであるが、最終的に対話が成功して人類の手助けとなる展開が多い。
特にスパロボUXでは性質の似たフェストゥムとも協働し、インプラントにより先兵化されたヴァジュラと交戦した主人公達の援軍として登場。敵の攻撃から主人公らをい、同化を生かしてヴァジュラ達からインプラント装置を片っ端から除去・破棄するという手助けをしてくれた。


ニコニコ動画におけるELSの活動(メタル化シリーズ)


前述した通り、ELSの活動は広範囲に広がっており、そのらがニコニコ動画においても確認されている。 


■sm6138954[ニコ動]


次へ»
最終更新日: 20/02/02 20:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ