ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Eureka


ヨミ: エウレカ
掲示板をミル!
10カキコ!

ερηκα(ヘウレーカ)とは、古代ギリシア語の動詞「見つける(ερίσκω:ヘウリスコー)」の一人称単数了直説法動態である。意味は「見つけた」「分かった」となる。

このερηκαラテン文字化されたのがEureka(エウレカ)である。

アルキメデスアルキメデスの原理を発見したときの逸話が有名。


”εὕρηκα”の概要


当時、ギリシア人の植民都市であったシラクサの僭エロ2世細工師にを渡し、純金の王冠を作らせた。ところが、細工師はに混ぜ物をして王から預かったの一部を盗んだ、という噂が広まった。そこでヒエロンはアルキメデスに、王冠を壊さずに混ぜ物がしてあるかどうか調べるように命じた。

アルキメデスは困り果てたが、ある日風呂に入ったところ、が湯船からあふれるのを見てアルキメデスの原理のヒントを発見したと言われる。このとき、浴場から飛び出たアルキメデスは「ερηκαερηκα!(分かったぞ!)」と叫びながら裸で走っていったという伝説も残っている(もっとも、この時代のギリシアでは男性は裸で運動するのが普通で、裸で外を走っていても別にしくはなかった)。

アルキメデスは、細工師に渡したのと同じ重量の塊を用意し、これと王冠を秤棒にるしてバランスを取り、った容器に入れた。空気中では、秤棒はてこの原理によりバランスが保たれる。てこの原理は水中でも変わらないので、塊と王冠を水中に沈めても秤棒のバランスは保たれるはずである。しかし、水中でのバランスが崩れたために王冠と塊の重が違うということが判明し、細工師の不正が明らかになった。これがアルキメデスの発見した浮の原理である。細工師の名は知られていないが、その後死刑になったと伝えられる。


関連静画


■im791346(静画)


”Eureka”の概要


曖昧さ回避 以下の記事は曖昧さ回避です

日本語ではエウレカユリーカ、ユリイカ、ユーレカなどとも表記される。日本のみならず世界中で名前に用いられている。

以下に一例を示す。不足があれば追記お願いします。


実在のEureka



組織・ブランド



天体



地名



人名



品種名



器具名



作品名



架空のEureka



関連項目



最終更新日: 13/11/16 22:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ