ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Evans(BEMANI)


ヨミ: エヴァンス
掲示板をミル!
447カキコ!

Evansとは、コナミデジタルエンタテインメント社のアーケードゲームjubeatの楽曲のうちの一つ。

タグで広がっているのは"Evans(曲名)"であり、また"Evans"で登録されている動画もあるのでタグ検索はこちらを利用すると便利である→「Evans OR Evans(曲名) OR Evans(BEMANI)」でタグ検索[動]


概要


ジャンル HARD RENAISSANCE
アーティスト DJ YOSHITAKA
BPM 185
難易度 jubeat beatmaniaIIDX
BASIC ADVANCED EXTREME NORMAL HYPER ANOTHER
SP 6 8 10 6 11 12
DP - 7 10 12
曲名 Evans Evans -prototype- Evans
ジャンル ハードルネッサンス2
アーティスト DJ YOSHITAKA
BPM 185
担当キャラ マナ
難易度 pop'n music
EASY
ボタン数/レベル
NORMAL HYPER EX
7/12 28 40 48

2008年12月15日jubeatにてオンラインアップデートにより追加された隠し曲の一つ。DJ YOSHITAKA(および朱雀名義)のルネサンス&トランス要素をそのまま取り入れている。

Jubeatの中では、最も難しい楽曲の一つ。そのあまりの難易度の高さに当時の全jubeatプレイヤー地獄を見たという。今でもその難度の高さは依然として変わらないものの、既にエクセを取得するどころかステルスマーカーでエクセしてしまう猛者もいるとのこと。

余談だが、2010年2011年2012年と3年連続元日に「本日のおすすめ楽曲」にこの楽曲が選ばれた。コンマイ「明けましておめでとう死ぬがよい

2013年も死ぬが良い・・・と思いきや、2012年12月31日大晦日に登場。4年連続元日とはならなかった。
2013年フルコンチャレンジI'm so Happy が登場。これでも十分死ぬがよいレベルだが)

beatmaniaIIDX・pop'n musicへの移植、SOUND VOLTEXへのリミックス収録

beatmaniaIIDXにはSIRIUSの時点でjubeatとの連動企画の一環として移植されている。難易度jubeatボス曲ということもあってかSPDP共に最高レベル12を付けられており、こちらもかなりの難曲である。高密度の中で予想を裏切らない大量のスクラッチが降ってくるのでスクラッチ絡みが苦手な人は要注意。

また、ANOTHER以外は音prototype版になっている。現行版と較すると全体的に簡略化されている印を受けるが、所々アレンジされているところも見受けられる。

ちなみにこのprototype、特にSPHは10の中でもダントツ難易度が高い(クリアレートが低い)譜面として知られており、EMPRESS10では最強とされていたV2を(41%)を余裕で追い抜きSIRIUSでは37%・RAでは30%というぶっちぎりのレートの低さを発揮した。ちなみ10というくくりだけでなく、全HYPER譜面の中でもクリアレートワースト3というすばらしい詐欺っぷりである。そのせいか、Lincleでは11に格上げされた。
…のだが、その後もクリアレートは毎作11ワーストに食い込む驚異的な実績を誇っている(毎作30%台、copulaで多少上がった)。人気曲ゆえだから、なのだろうか。


■sm29788393[ニコ動]

余談だが、連動企画の関係か、SIRIUSではオリジナルコースに組み込むことができなかった(一時バグで組むこともできたが、その後のメンテナンスで修正されている)。

また、SOUND VOLTEXにはcosMo@暴走Pによるリミックスが収録されている。シンセピアノに置き換え、ジャズリミックスとなっている。

曲名 Evans VolteX Pf arrange
BPM 180
譜面難易度 NOVICE ADVANCED EXHAUST
5 9 15
エフェクト Megacycle しばまる子
ジャケット製作 XTC

さらに、pop'n musicには、Sunny Parkでのjubeatとの連動楽曲解禁イベント「ミミニャミ・コタローフライングキャッチ!」にて移植された。ジャンル名は「ハードルネッサンス2」となっているが、これはこの曲が移植される少し前(連動解禁イベント私立BEMANI学園」)に「ハードルネッサンス」として「Elemental Creation」が登場したため。先に作られたこの曲のジャンル名に2が入るのも妙な気がするが、最近のYOSHITAKAよく時を越えているようなのでまあそういうことなのだろう。また、IIDXと違い譜面難易度による曲変化はない。代わりにバトルモードではprototypeになっている。EX譜面難易度レベル50段階中の47となっており、数字だけ見れば、pop'n上級者以上にとっては「十分難しいもののjubeat最難クラスの曲としては物足りない数字」と感じるかもしれない。

が、実際は「表記こそレベル47だが実質的な難易度は少なくとも48中~強クラスであり、49をある程度埋めている人でも落とす危険のある難易度詐称曲かつ個人差曲」というとんでもない問題児であった。特にjubeat譜面で大回転だった部分に配置された高速二重階段と、その後終盤に待ち構えている長い発狂が脅威である。なのに初日にパフェしてる人がいるってどういうことなの・・・

そして、TLION69とともにGITADORAへ

曲名 Evans -TLION69 Remix-
アーティスト DJ YOSHITAKA feat. TLION69
BPM 185
BASIC ADVANCED EXTREME MASTER
譜面難易度 GUITAR 3.20 6.20 8.70 -
BASS 3.50 5.70 7.60 -
DRUM 3.10 5.10 8.00 -

その後の11月12日KAC2013GITADORA予選。追加課題曲として発表、解禁されたのはアルストロメリアとこの曲のギタドロック版であった。XG3でのFLOWERと同じTLION69のアレンジが加えられている。

ついにSOUND VOLTEXにも原曲収録へ

BPM 185
難易度 SOUND VOLTEX
NOVICE ADVANCED EXHAUST MAXIMUM
6 13 16 18
エフェクト Akizuki Nagomu
ジャケット T田

すでにCosMo@暴走Pリミックスが収録されているSOUND VOLTEXであったが、2018年4月26日から開催のjubeatとのPOLICY BREAKでついに原曲も収録された。同年11月15日からはSOUND VOLTEXのみのプレーで解禁できる(ブロック解禁)。原曲リミックスが収録されるのは「She is my wife」と天下一音ゲ祭で登場した「FLOWER」以来3例となる。またサプライズとして、EXHAUST以下の音は、「Evans -prototype-」からの出典となる。(MAXIMUMは通常音)
ちなみに今後の予定として「DJ YOSHITAKAリミックス楽曲コンテスト」の採用曲収録もあるので、リミックス楽曲もさらに増えると思われる。

エフェクターは今回が初登場となるAkizuki Nagomu。つまみ鍵盤ともに総合的な譜面になっており、jubeatでは回転する鍵盤発狂だったあの部分は鍵盤トリル後に右直→一回転と、シンプルになっている。


関連動画



原曲関連


■sm5977307[ニコ動]
■sm5562710[ニコ動]
■sm10147703[ニコ動]
■sm21032748[ニコ動]
■sm33122679[ニコ動]


Evans Voltex Pf arrange


■sm16827269[ニコ動]
■sm17070970[ニコ動]
■sm20566939[ニコ動]


Evans -TLION69 Remix-


■sm22239742[ニコ動]
■sm22241651[ニコ動]
■sm23358038[ニコ動]
■sm23007007[ニコ動]


耳コピ


■sm10123373[ニコ動]


MAD関連


■sm7012691[ニコ動]
■sm8454697[ニコ動]
■sm11426683[ニコ動]
■nm7098238[ニコ動]
■sm8134787[ニコ動]
■sm6395262[ニコ動]
■nm7719421[ニコ動]
■sm8146514[ニコ動]

■sm9770232[ニコ動]
■sm9186943[ニコ動]
■sm10734714[ニコ動]
■sm11744161[ニコ動]
■sm12253157[ニコ動]


参考資料


駄にFAILEDしたい人にオススメのEvans

jubeat@wiki[外部] 旧テンプレヨハネスブルグコピペより転載



次へ»
最終更新日: 18/12/01 18:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ