ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Everybody's Rich


ヨミ: エブリバディズリッチ
掲示板をミル!
3カキコ!

Everybody's Richとは、jubeat clanに収録された楽曲である。


概要


アーティスト REMO-CON
illust 山本章史
BPM 160
譜面難易度 BASIC ADVANCED EXTREME
5 8 10.6

【全難易度クリアがあったら入りたい
【全難易度フルコンボ】ごめんよ。このマンホール一人用なんだ。

jubeatシリーズ稼働10周年企画clan各キャラクター&楽曲」の一環として登場した楽曲の一つ。同企画ではboy sideとgirl sideの2つに分かれているが、本曲はCyanttleboy sideに属している。

2018年6月7日より開催していた「第4回対抗戦」にて2000pow貯めると楽曲を解禁する事が出来た。次回作のfestoでは伝導またはSHOPからの解禁となっている。

REMO-CON単独名義ではjubeatではsaucerの「Vermilion」以来、実に6年ぶりになった書き下ろし提供。本曲は氏によると「オトナな楽曲」とのこと。年の音楽であるテックダンスジャズスウィングの融合が印的。

本曲のジャケットデュエルマスターズ三国志大戦カードイラストでお染みの山本章史氏による書き下ろし。ジャケットに描かれているキャラクターCyanttleの住民という設定。だが「マンホールの中を住処にしている」という設定面はもちろんのこと、アフロヘアーとグラサン着用のマッスルガイという容姿であるため、個性的を通り越して速「変態」と言わざるを得ないだろう。 どうみても不審者です。本当にありがとうございました。
他の「clan各オリジナルキャラクター」同様、ジャケットキャラクタースペシャルEMBLEM実装されている。EMBLEMフォーマットに合わせてややデフォルメされているとはいえ、存在感インパクトは抜群。

jubeatにおけるREMO-CON単独名義の楽曲といえば過去に収録された2曲とも譜面が曲者であったが、本曲も例に漏れず曲者譜面を引っさげての登場になった。

[EXT]譜面で大きく眼を引くのはホールドマーカー地帯。本曲のテックダンス部分に存在するホールドマーカー地帯は「16パネルの四隅を反時計回りホールド処理する」という前代未聞の形状が実に特徴的。同地帯ではこのホールドマーカーと共に同時押しや16分も処理しなければならない。回転ホールド地帯以外の中も大回転やスライドで構成されていて、トドメは高速ホールドマーカーによるラス殺し。このように本曲の[EXT]譜面は非常にインパクトが強く、過去REMO-CON単独名義曲と引けを取らないどころか、これまで以上のテクニカル譜面と評されている。当然、個人差も強く、本曲を制するのなら例のホールドマーカー地帯の研究次第といっても過言ではないだろう。

なお、[EXT]のインパクトに隠れがちだが、下位譜面であるの[ADV]もなかなかの曲者。[ADV]譜面の方も例によってテックダンス地帯の出来が全てを制するが、流石に全体的な配置自体は流石に[EXT]よりは大きく簡単になっている。しかし、こちらの方も「16パネルの四隅をクロス状にホールド処理する」という、これまた[ADV]譜面としては類を見ない独特なホールド配置が特徴的。当然ながらこちらもホールドマーカーの研究を行わないと高スコアすら出すこともままならない。

clan各街オリジナルキャラクター&楽曲[外部]
Redbelk Pale Garden
Dirty Androids
Singularity
xi
Cyanttle Northern Wind
Nhato
Everybody's Rich
REMO-CON
Greenesia Alive in my Soul
aran
One More Reason
GUHROOVY
Plumpark Fairy Fair
ぺのれり
Rampage☆Rag
かめりあ

関連動画



■sm33369920[ニコ動]

■sm33419032[ニコ動]


関連商品


■azB00G61X1SA
■azB00HVV38CS


関連項目



最終更新日: 18/10/23 10:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ