ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


EXPERTモード


ヨミ: エキスパートモード
掲示板をミル!
9カキコ!

EXPERTモードとは、音楽ゲームにおけるモードの一つである。具体的には、特定の楽曲を(原則として)選曲画面を挟まずに連続してプレーするモードのことをす。名称は機種によって異なるが、ここではbeatmaniaIIDXに存在するモード名を記事名として採用した。

似たモード段位認定が存在するが、段位認定レベルに合わせた腕試しの要素が強いのに対し、EXPERTモードはテーマにあわせた楽曲で楽しむ要素が強い。腕試し・を試すテストの要素が強いモード段位認定を参照。

以下、各機種について解説していく。


beatmaniaIIDX


beatmaniaIIDXにおけるEXPERTモードには、新旧2種類が存在する。これは、一度Lincleをもってモードが消滅し、3作後のPENDUAL仕様を変えて復活したためである。以下、それぞれを解説していく。


旧・EXPERTモード(~Lincle)


任意の楽曲を連続してプレーするモードであった。段位認定との違いとして、選曲が腕前チェックとは関係なくテーマに従ってなされている点が挙げられる。このため、各コースともNORMALHYPERANOTHERの3段階が選択できた。曲数は5曲で、各プレイヤーが曲を設定できるコースのみ4曲であった。

ゲージは専用のゲージ(通称エキスパゲージ)が用いられた。段位認定同様の100%スタート・0閉店30以下で減少量補正ありであるが、ミス時の減少量が楽曲のノーツ数に依存する仕様であった。具体的には、(SPA)の2000ノーツよりも5.1.1.(SPN)の99ノーツの方がゲージの減りがいという具合である。

選択できるコースは次のようなものがあった。


新・EXPERTモード(PENDUAL~)


2015年2月14日に復活実装。任意の楽曲を連続してプレーするモードである。

曲数が全てのコースで4曲に減らされたほか、ゲージ仕様段位認定と同一のものに変更されている。

選択できるコースは次のようなものがある。

有料オプション

新しいEXPERTモードでは、PASELI払い時に追加購入できるVIP PASS制度が導入された(VIP PASS自体は既に別モードに導入済み)。このVIP PASSを使用することで、次のような特典が発生する。


共通事項



pop'n music


pop'n musicにおけるこの手のモードには、新旧2種類が存在する。これは、一度THE MOVIE(17)をもってエキスパートモードが消滅し、5作後のラピストリアコースモードとして復活したためである。以下では、せんごく列伝のみで設定されたポップン検定、fantasiaのみで設定されたナビゲートモードを含めてそれぞれを解説していく。


エキスパートモード(~THE MOVIE)


定の4曲をプレーするモードポップンとしてはしい閉店ありゲージフルゲージ開始・ゲージ量引継ぎ・ゲージ残量ゼロ閉店)による通しプレーである。同一曲ながら、NORMALHYPER譜面プレーする無印版とHYPEREX譜面プレーするHARD版が存在した(例外あり)。一部のコースは、ポップン特有のオジャマが強制適用されるようになっていた。なお、こちらも一定期間内にプレーすることで全ランキング集計の対となるインターネットランキングの対になっていた。

このモードにおける恒例として、HELLコースの存在がある。これは、段位認定に類する存在がないポップンにおける制作者からの挑戦状のようなもので、そのバージョンの新曲の中で最も難しい4曲を使ったコースである。コース名はHELLxxxxバージョン番号)。例えば、THE MOVIEであれば、次のようなコースであった。いずれも現行レベル47~50の楽曲である。

  1. ハードPf+fffff op.2)
  2. カイジュウ(突然ゴルゴンゾーラ
  3. メタリックオペラGeiselhaus
  4. サイレント音楽

HELLコースに限っては全曲EX譜面コース無印に据えられ、HARD版はない。その人気ぶりは、HELLコースの記事が2011年に既に書かれていたことからも伺える。


ポップン検定(せんごく列伝)


せんごく列伝のみに存在したモード。連続プレーよりもやりこみに重が移っており、プレーする曲数は1~4曲に変わっている。例えば、「あさき検定 5」であれば、プレーする楽曲は「近代絶頂音楽天庭)」のNORMAL譜面1曲のみである。また、ポップンに存在した「ノルマ」制度を活用する形となっており、各検定には固定のノルマ課題が付属している。(上記「あさき検定 5」であれば、最大コンボ200以上でのクリアがノルマである)

ちなみに、ポップン検定にもHELLコースは存在する。名前こそ異なるものの「きほん検定 10-2」がそれで、スタッフからも言された。

なお、この作品からインターネットランキングは通常モードでの開催に変わり、期間中に専用フォルダから選曲する形式になった。


ナビゲートモード(fantasia)


fantasiaのみに存在したモード。やや毛色が異なるものの、選曲なしで連続プレーであるためここで取り上げる。

各種条件を定することで自動生成されるコースプレーするモードである。通常ゲージによるプレーとなり、ゲージ量は楽曲毎にリセットがかかる。その代わり、LIFEコース開始時に3つ与えられ、クリア失敗時にはLIFEを1つ失う。LIFEを全て失うとコースクリア失敗となり、新たにコースを設定してプレーし直すことになる。

各種条件は、具体的には次の通り。これらを設定し、生成されたコースプレーする。なお、設定内容が同一であれば、コースの内容(楽曲・プレー順・オジャマの種類や出現タイミング)は同一であった模様。

このモードの場合は、通常モードの設定曲数に加え1曲分がサービスされた。また、PASELIの場合は追加払いすることで引き続いて遊ぶことができた(ただし割高)。


コースモード(ラピストリア~)


2014年12月22日スタートインターネットランキングが(KAC予選を兼ねて)コースモードへ移行、HELLコースが(過去HELLコースのなかったバージョンを含め)設定など、旧・エキスパートモードがほぼそのまま復活した形となる。以下、過去エキスパートモードとの差異を説明する。


サバイバルモード(CS2)


庭用版pop'n music 2のみに存在したモードで、pop'n musicにおけるEXPERTモードのルーツの一つ。
基本的なルールは楽曲数こそ異なる(1コースにつき5曲)が現コースモードとほぼ同一なので割愛
ポップンにおける他のコースモードとの大きな違いは、
2倍速と4倍速Hi-SPEEDが同作において一設定可モードである点と、
容量の都合でAC版ではカットされた初代pop'n musicキャラクターが「サバイバー」という名前で復活している点。

特に前者は他のモードではパーティーモードのオジャマでしか発動できなかったHi-SPEEDオプションで常時発動する事ができるということもあってか、
HS設定が当たり前になっている現行のBEMANIシリーズから本作を遊んだプレイヤー
「隠し要素でサバイバルモードを解禁させた後はこのモードしか遊ばない」という状態になりやすく、
ディーノチャーリーといった初代ポップンキャラプレイヤーキャラに出来る事も相まって、
いわゆるサバイバルモード難民に陥る可性があるので、たまにはHSのい他のモードも遊んであげておこう。


ハイパーモード(AC&CS3)


アーケード版及び庭用版pop'n music 3のみに存在したモードで、pop'n musicにおけるEXPERTモードのルーツの一つ。
基本的なルールは現コースモードとほぼ同一なので割愛
EXPERTモードやサバイバルモードと異なる点は、コースの構成楽曲が全てHYPER譜面である点であり、このモードでしか遊ぶ事が出来ない譜面もある。

このモード専用のHYPER譜面があるせいか、譜面プレイ的としてこのモードを選ぶプレイヤーも多かった模様。


jubeat


2014年3月3日jubeat saucer fulfill稼動とともにスタートした「COURSE MODE」がそれに当たる。


次へ»
最終更新日: 16/05/20 16:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ