ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


F/A-18E/F


ヨミ: エフエージュウハチイーエフ
掲示板をミル!
130カキコ!

F/A-18E/Fとは、マグドネルダグラス社(MD社:現ボーイング社)が同社のF/A-18(A~D)の発展として開発した艦上戦闘機戦闘攻撃機)である。


概要


初飛行は1998年で運用開始(初期作戦付与)は2001年1998年MD社はボーイングに合併されているので、現在ではボーイング社が製造販売している。 また、米軍での正式名称はFA-18E or FA-18Fである(/などの記号が使えないから)。

艦上攻撃機A-7ルセアIIを置き換える計画として、軍のATA(先進戦術攻撃機プロジェクトではMD社とジェネラルダイナミクス(現ロッキード・マーティン、以下GD)がA-12アベンジャーIIを受注・開発していた。MD社は行してF/A-18ホーネットを発展させたホーネット2000計画を輸出用として計画していたが、他の関心は集まらなかった。しかし冷戦終結などによる予算削減により、開発が難航しコストが上昇していたA-12の計画が中止されたことと、F-14の維持コストが老朽化により高くなってしまった事から、従来機の発展であるホーネット2000計画が再開されることとなった。

従来からの修点は、入装置がタッチネルとなったことでモニターが4つに増えた事や、機体の大化や航続距離の増加、ステルス性強化のためエアインテーク二次元化(丸からになった)、エンジンの強化、アビオニクス強化(ただし初期生産レーダーの開発が間に合わず、従来機と同一のものを搭載)などが挙げられる。

この換装されたエンジンF-15などとべてムチクチャうるさい為、米軍機の発着する厚木基地などでは問題となっている。本アメリカでも裁判にまで発展した。また、空気抵抗が増大しているため従来機にべて加速性や飛行速度が低下している。

2019年3月ボーイング社は米海軍より最新ブロックを78機受注したことを明らかにしている。ブロックでは耐用命数は6000時間から1万時間に延長される予定で、ネットワークの強化、航続距離延伸(胴体にコンフォーマルタンクを追加する)、RCS低減、コクピットシステムや通信システムの強化も実現される。ボーイング、米海軍よりF/A-18ブロックIIIを初受注[外部] 2019.3.22


バリエーション



関連商品


■azB001G9Q5VW
■azB003WIYQ6G


関連項目



最終更新日: 19/05/18 22:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ