ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


F-4


ヨミ: エフヨン
掲示板をミル!
87カキコ!

マクドネル・ダグラスF-4 ファントムIIMcDonnell Douglas F-4 Phantom II)とは、アメリカ合衆国マクドネルエアクラフトマクドネル・ダグラス)が開発した戦闘機である。


概要


マクドネル・ダグラスF-4
MacDonnell Douglas F-4
用途 艦上戦闘機 / 迎撃戦闘機 / 戦闘爆撃機
分類 ジェット戦闘機
製造者 マクドネルエアクラフト
マクドネル・ダグラス
運用者 アメリカ海軍
アメリカ軍 等...
総生産数 5,195
初飛行 1958年5月27日
退役 1996年 - USAF

マクドネルエアクラフト(後のマクドネル・ダグラス、現:ボーイング)がアメリカ海軍(USN)の艦上戦闘機として開発した双発式ジェット戦闘機称は「ファントムII」。複座で前席が操縦、後席がレーダー・航法を担当する。原機は1958年に初飛行している。

軍のみならず海兵隊軍も採用し、また海外にも多数輸出されている。航空自衛隊でも要撃機と偵察機として採用されている。当のアメリカでは現時点ですべて退役済。

 

 

 

 


開発までの流れ


1950年アメリカ海軍は艦隊防を行う音速戦闘機開発のを模索していた。軍初の実用的音速ジェット戦闘機であるグラマンF11Fタイガーは良好な運動を持っていたものの、小・軽量であることから搭載量や電子機器、航続距離などに不安を抱えており、音速飛行性や搭載量の優れる後続のチャンスボートF8Uクルセイダーにすぐに取って代わられることとなっていた。よりスピードを、より搭載量を、という潮で生まれた機体がこのF-4である。

開発当初の名称はAH、後に軍式の命名規定によりF4Hとなったが、最終的に米軍機の命名規定の統合によりF-4となった。

米海軍艦上戦闘機の座をかけてF8UのであるF8U-3スーパークルセイダーと争い、最終的に競争に勝利し、名実ともに米海軍となった。


性能


当時の戦闘機としては大の部類に入る。先端が上方向に折れ曲がった上反のついた画を持つ。自体の面積は機体規模に対して大きめとなっており、見たに反して良好な旋回性を持つ。反面配置の関係によって低速時の操縦性が大きく変わり(操縦桿を倒した方向とは逆に傾くアドバースヨーが発生する)、普通の機体と同様に操縦すると最悪墜落する悪癖も持っている。そのため低速時、特に着陸時の操縦がしにくい機体となっている。

搭乗員は2名。軍では前席にパイロットを乗せ、後席にRIO(Rader Intercept Officer:レーダー迎撃士官)と呼ばれるレーダー操作のみを行う専用の要員を乗せて飛行する。そのため後席からは機体の操縦はできない。
軍では後席にもパイロットが座り、飛行を行うこととなっている。そのため後席にも操縦装置がある。

エンジンJ79の双発である。J79F-104などでも採用された推と信頼性を兼ねそろえた傑作エンジンであり、これを双発とすることによって高い加速や上昇を確保する。ただしエンジンから煙が出やすく、戦闘下で発見されやすい欠点もある。後期生産ではある程度善された。エンジンの高出と上述した大きなによって支えられた搭載もきわめて高く、大量のミサイル爆弾を携行可

機種に大レーダーを装備し、当時の機体としては群を抜く探知距離を誇る。レーダーと連動してAIM-7スパロー空対空ミサイルを運用可であり、戦闘しかできない敵機に対してかなり大きなアドバンテージを持っている。しかし、ベトナム戦争初期には相打ちを恐れて視界外戦闘を禁じた交戦規定やずさんなメンテナンスなどによりミサイルの性が十分に発揮されず、戦争通じて命中率は10パーセント程度とあまり芳しいものではなかった。また、操作法も複雑で、レーダー員に大きな負担を与えていた。

空対空ミサイルは前述したスパローのほか赤外線誘導式のAIM-9サイドワインダー軍機にのみ赤外線誘導式のAIM-4ファルコンを装備可。対地兵装として各種爆弾AGM-62ウォールアTV誘導爆弾AGM-45シュライク対レーダーミサイルなど多兵器を運用可である。機関は装備していないが必要に応じてガンポッドなどを携行可、さらに軍向けの後期ではM61バルカン砲を機首に固定装備した。


運用・実戦


初飛行は1958年1961年軍への引き渡しが開始されている。翌1962年海兵隊への配備も始まった。

軍のみならず、その高い飛行軍の関心も引き、ロバート・マクナマラ防長官による軍・軍共通の戦闘機を採用することによるコストダウンへの圧もあって1964年に配備が開始された。

1965年から始まったベトナム戦争にも多数投入されている。多くの戦果をあげたものの作戦回数が多かったこともあり被撃墜数もかなりの数に上った。

湾岸戦争でもF-4Gが投入されイラク軍の地対地破壊に多大な貢献をした。

クロバットチームである軍のブルーエンジェルス、および軍のサンダーバーズにも採用されていた。ただしオイルショックを機に軍はA-4軍はT-38機種変更された。

アメリカ空海軍、および海兵隊では現在すべての機体が退役済みである。

イスラエル軍ではアメリカから多数が供与され、F-15F-16が配備されるまでは対・対地ともに機であった。第4次中東戦争では数十機がアラブ側の濃密なAAA(対火)やSAM地対空ミサイル)軍の餌食になったものの、それにもめげずに良された妨装置などを装備して果敢に爆撃任務を行った。

イラン軍にも輸出されたがイラン革命により、反米イスラム原理義政権が成立したこともあって部品の供給が途絶え、稼働率が大幅に低下した。だが裏でアメリカが補修パーツを輸出していたことが明らかになり国際問題化した(イランコントラ事件)。イランイラク戦争で実戦を経験したほか、1984にはサウジアラビア軍のF-15と交戦し、2機撃墜されている(マクドネル・ダグラス社製の戦闘機同士が交戦するという事)。

日本では航空自衛隊の第2次F-Xに採用され、1971年に部隊配備が始まっている。1980年代にF-4EJとして修が行われ、現在も現役である。現在後継機である第4次F-Xの選定作業が遅れており、状況次第ではF-4の稼働状況にも影が出る模様。

このほか韓国西ドイツイギリスイスラエルギリシャなどで採用され合計5000機以上作られた。


バリエーション



仕様


F-4E
乗員 2名
全長 19.20 m (63 ft 0 in)
全幅 5.02 m (16 ft 6 in)
全高 5.0 m (16 ft 6 in)
面積 49.2 m2530.0 ft2
虚重量 13,757 kg (30,328 lb)
全備重量 18,825 kg (41,500 lb)
最大離陸重量 28,030 kg (61,795 lb)
最高速 Mach 2.23 (2,370 km/h、1,472 mph) / 12,190 m (40,000 ft)
実用上昇高度 18,975 m (60,000 ft)
上昇率 210 m/s (41,300 ft/min
フェリー航行時航続距離 2,600 km (1,615 mi、1,403 nmi)
エンジン製造者 GEエアクラフト・エンジンズGEアビエーション
メインエンジン ゼネラル・エレクトリックJ79-GE-17A 軸流圧縮式ターボジェットエンジン × 2基
ドライ 52.53 kN (11,808 lbf) × 2
アフターバーナー 79.62 kN17,898 lbf) × 2
重量 0.86 (全備重量時)、0.58 (最大離陸重量時)

ファントム無頼


日本でのF-4EJファントム人気の一端を担うといっても過言ではない作品。
原作・史村中の人は武論尊)、作画新谷かおる


次へ»
最終更新日: 15/07/26 18:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ