ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


F90


ヨミ: フォーミュラナインティ
掲示板をミル!
102カキコ!

[画像][外部]

F90(ガンダムF90とは、模型と雑誌の連動企画機動戦士ガンダムF90』の略称及びモビルスーツMS)である。


概要


F90
頭頂高 14.8m
重量 7.5t(本体)
3,160kw
74,360kg
装甲 ガンダリウム合セラミック複合材
搭乗者 デフ・スタリオン(1号機)
ベルフ・スクレット(1号機)
ウォルフ・ライル(クラスター)
ナナ・タチバナ(1.2号機)
ミノルスズキ(1号機)他多数
兵装 60mmバルカン×2
ビーム・ライフル
ビームサーベル
シールド
各種ミッションパック

ナリィ(S.N.R.I.:Strategic Naval Reseach Institute、軍戦略研究所)がフォーミュラ計画により宇宙世紀0110年頃から開発した技術検証機。ロールアウトは0112年。

実は一年戦争ホワイトベース隊に所属していたジョブジョンが重役・アドバイザーとして開発に携わっており、外観は意図的にRX-78-2ガンダム」に似せてある。

フォーミュラ計画とは宇宙世紀0102年にサナリィが提唱した「性を下げずにMSを小化させる計画」のこと。F90はそのMS化計画で開発された革新的な機体のため、従来のMSべて小化している。

高性+小化が可になった要因は、後述するサナリィが長年研究していた多種多様な新技術の導入が大きい。

マイクロハニカム構造
ヤシマ重工がサナリィに提供した「マイクロハニカム技術」を基に構築した構造。金属中に発生したミノフスキー粒子による立方格子構造を核に、異種結晶化結合を成長させることで完成する「強固かつ軽量な金属素材」を使っている。
ミッションパックによる本体の簡素化
フォーミュラ計画及びF90はチーフデザイナーアルマイア・グッゲンバイガー博士導のもと「MSの原点に立ち返る」というコンセプトで生まれた。
基本武装はビームサーベルと2門の頭部バルカンビーム・ライフルシールドとオーソドックスだが、後述のハードポイントに外付けする「ミッションパック」を扱うため必要最小限の構成である(設計段階ではバルカンも排除されていたが、自衛手段として設置)。これにより重量が極限までそぎ落とされた。
ホロキューブプロセッサ装備によるデータの高速処理
上記のミッションパック運用にあたって、既存の学習コンピュータでは処理しきれない大な火器管制データの処理をリアルタイムで行うためMSとして初のシナプスプロセッサ(運動を模した)形式の新コンピュータが導入された。多様な運用をOSの書き換えしで運用する事が前提であるため通常の学習では対応できずあらかじめ管制プログラムが入されており、後述の疑似人格A・R、C・Aは複雑・多様化したデータを処理するために構築された「癖」というべき副産物。

上記の構造を採用したF90は、「従来30薄いムーバブルフレームと装甲厚による重量減」を実現し、さらに「ガンダリウム合以上の防御」「既存のMS駕するデータ処理」を合わせ持つ高性機になった。

1号機には「A・R(タイプA.R.)」、2号機には「C.A.ⅢタイプC.A.)」と呼ばれるミッションパック統括・制御用の疑似人格コンピュータが搭載されている。


生産機数


確認出来るだけで3機が建造。1号機は従来通りのトリコロールカラー2号機はティターンズカラーチックダークブルー系統のカラーリングとなっている(後述の「ファテストフォーミュラ」では1号機のパターン味を多く追加したカラーリング)

第一次オールズ・モビル戦役の際に2号機は、火星を拠点にしていたジオン残党のオールズ・モビルに奪取され、V字形アンテナ除去、左肩にスパイクアーマーを搭載、を基調としたカラーリングになるなど、ジオンを意識した装備に装された。
2号機は戦役後に連邦軍が回収、その際に機体パーツの6割が新造され「F90II」として生まれ変わった。

後に組み立て前の3号機を素体とするYタイプF90IIIY「クラスターガンダム」が開発されている。こちらは武者頑駄に登場する「飛天頑駄将軍」のモデルになった。
おこの他にも漫画フォーミュラー戦記で予備機が登場しており、ファンの間では3号機と考察されているが、(打ち切りだった事もあり)公式には現在どのような立ち位置かは不明である。

機動戦士クロスボーン・ガンダムの七人」では1号機がF91及びF97クロスボーンガンダム)と共に木星帝国の軍勢と戦った。

2019年にはMG(マスターグレード)F90との連動企画機動戦士ガンダムF90ファテストフォーミュラ(以後FF)』が始動。ロールアウトした0112年からの軌跡が描かれる事になる。


特徴


ハードポイントシステムH.P.S.)」により兵戦や後方支援水中戦など様々な戦況に対応させたミッションパックを装備する事が出来る。その数は、なんと設定上ではアルファベット順に26種類も存在する。多すぎたのか展開当初は漫画ゲームプラモ合わせて半分以下の10種類しか出ず、どは設定文のみに留まっていた。
代表的な武装「V.S.B.R.(ヴァリアブルスピードビームライフル、通称ヴェスバー)」を搭載したV装備は、後継機F91の装備の祖となった。

F90の換装システムガンダムシリーズ全体の換装システム及びガンプラの開発史にも影を与えている。例えば宇宙世紀ではジーラインガンダムTR-6[ウーンドウォート]等、1種のMSを軸とした多用途変換構想のMSが存在する。これらはいずれもF90以前に開発された連邦MSであり、コンセプトの相似点がムック等で言及されている。

また、アナザー系でも『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』のガンダムジェミナス、『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のストライクガンダムインパルスガンダム、『機動戦士ガンダムAGE』のガンダムAGEシリーズガンプラ題の『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』のプラネッツシステムなど、現在も形を変えながら受け継がれている要素である。


搭乗者


1号
デフ・スタリオン→ベルフ・スクレットSFC)→ナナ・タチバナ(漫画クライマックスUC)→ミノルスズキ(鋼の七人)
2号機(ロールアウト仕様→濃紺色火星仕様F90II
パッツィ・アンゲリカ(FF)→シドアンバー→ボッシュ→ナナ・タチバナ(漫画クライマックスUC
3号機(F90IIIY)
ウォルフ・ライル
予備機(漫画フォーミュラー戦記)
ベルフ・スクレット

[画像][外部]


換装形態


A~Zまで存在し、いずれも本体に備わったハードポイントを介する外付けの装備である。

ただしX(Xtra)、Y(クラスターガンダム)、Z(F0)は本体設計レベルで刷新された状態のことらしく、オプション化された通常のミッションパックと異なるようだ。少なくともYタイプクラスターガンダムに関してはハードポイントを介さないため、別のミッションパックの装備が可となっている。

A(Assault,アサルトタイプ)…長距離侵攻仕様

武装:S(ショルダー)・ガン、S・キャノンメガビームバズーカ

各部に装着されたユニットによる高い機動を活かして、重要拠点にピンポイント攻撃を行う為の形態。

サイコガンダムΞガンダムでは内蔵式だったミノフスキークラフトパーツ化する事でダウンサイジングに成功した。各部のボックス上のユニットプロペラントであり、頑丈に出来ているので、シールド代わりとしても使用可。後の後継機にも技術が転用されている。

大気圏内でも飛行可で、部左右にはビームバズーカ用の予備パックが取り付けられている。

B(Bombard,ボンバードタイプ)…重爆撃仕様

武装:キャノンユニットグレネードランチャーミサイルユニット多数

全身に大ミサイルグレネードと長射程のキャノンを懸架したその名の通り重火力で制圧する。

後述のDタイプに似ているが、推進が強化されているDタイプと違い、ハードポイント全てに大の火器を搭載しているので機動性はかなり低く、支援する機体が居てこそ効果が発揮出来るとえよう。

2019年12月予約開始。

C(Coldness)
D(Destroy,デストロイドタイプ)…接近戦仕様

武装:クラッカーガトリングガン、肩部4連グレネード、5連装ロケット

クラッカーガトリングガンロケット弾と持てる武装を全て取り付けた敵勢への制圧戦向けの形態。実弾装備の多様による重量増、弾切れとなった際にもすぐに格闘戦が行えるように脚部にはスラスターが取り付けられている。

フォーミュラー戦記0122』のTVCMの際に、アニメ化したF90はこの装備だった。また、1/100ケールプラモデル絵・説明書のインストもDタイプが中心であり、F90展開の際のメインビジュアルの担当ともえる(F91開に伴いVタイプに移行している)

E(Electronic)…電子戦仕様

EBではEWACタイプとされていたが、後にムック誌でそんな物はないと訂正されている。

……だったが、2019年4月MGガンダムF90ミッションパックリリース第一弾としてSタイプ共にお披露された。背中に巨大なレドームを背負うEWAC仕様機の王道FFでもプロローグでベルフが搭乗したAタイプに続いて登場。

F(Fight,ファイトタイプ))…格闘戦仕様

腕部ユニットが展開、ビームスパイクを出しての近接格闘戦に特化した仕様。背面にも大ラスターが増設されており機動性が高い事が示されており、部にサブアーム・ユニットを装備しビームスパイク使用時もビームサーベルの使用が可2019年7月末、Mタイプとのセットリリースの発表がありプレミアムバンダイで予約開始。

G(Guards)
H(Hover)

武装:4連装大ミサイルポッド、腕部2連装グレネードランチャービームピストル

ドムを参考にしたホバー仕様。脚部・部にホバーシステムを搭載し、整地では最速480kmで走行が可

高速機動による一撃離脱戦法に特化しており、武装も重火器がメインとなっている。小化に伴う推進剤の積載量が原因で、連続走行は4時間前後が限界2019年6月ミッションパックシリーズとしてスタンバイ

I(Interceptor,インターセプトタイプ)…迎撃・追撃仕様

詳しくはF90Ⅱを参照。

ブースター内蔵の大シールドと脚部の推増強ユニット、さらに射撃と格闘が可ビームランサーが装備されている。
二次オールズ・モビル戦役から十数年後の木星帝国残党によるコロニー・レーザー発射阻止のために使われたのがこの装備である。

J(Jacket)
K(Keep,キープタイプ)…拠点防衛仕様

Iフィールド・ジェネレータを搭載した増加装甲を追加した防御特化の形態。最大の特徴が試作メガビームシールドを搭載している事。技術的に未成熟ゆえに展開には部の増加パワーパックから有線でエネルギーを供給する必要がある。Bタイプとのセット2019年12月予約開始。

L(Long range,ロングレンジタイプ)…長距離狙撃仕様

詳しくはF90Ⅱを参照。

射程距離による狙撃戦や射撃の軌を変える実験性を兼ね備えた形態。武装のロングレンジライフルビームと実弾を使い分ける。実戦運用したのはF90Ⅱだけだが、システム上F90でも運用可。開発された増加ジェネレーターや照準システムが後のVタイプに発展し新装備になっている。

M(Marine,マリンタイプ)…水中戦仕様

次へ»
最終更新日: 20/01/28 11:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ