ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


FIFAシリーズ


ヨミ: フィファシリーズ
掲示板をミル!
73カキコ!

 FIFAシリーズとは、EA(エレクトロニック・アーツ)で発売されているサッカーゲームである。ヨーロッパを中心にシリーズ世界売り上げ累計が2018年で2億6000万本をえる。

 シリーズにはクラブチームが豊富な通常のFIFAワールドクラスサッカー、W杯の時に発売するFIFAワールドカップ、少人数でするフットサルゲームのFIFAストリートと多シリーズがある。近年はこれらすべてのモードが統一化されている。


概要


 このゲームの大きな特徴の一つは収録リーグチーム数にある。プレミアリーグを始め、ラ・リーガブンデスリーガリーグ・アンといった人気ヨーロッパクラブを始め、アメリカMLSアジアKリーグ、Aリーグなど約30のリーグ、約600チーム、約15000人余りの選手が実名で収録されており、これは偽名や未収録の多い他社ライバルゲームウイニングイレブンを圧倒している。

 プレミアリーグに関しては特にライセンス契約を入れており、プレイ内外や演出でお互いに情報提供を結ぶ全独占契約を行い、FIFA15ではプレミアリーグの所属クラブの全スタジアムが収録され、FIFA17では監督すべてに固有グラフィックが追加された。

 さらにFIFA19ではリーガ・エスパニョーララ・リーガ)もFCバルセロナカンプノウを除く所属クラブのスタジアム、監督に固有グラフィックが追加されており、ブンデスリーガはFIFA20で同様の追加が施された。

 FIFA14からは南関連にもを入れており、これまでライセンスが不十分だったアルゼンチンリーグを収録し、またチリコロンビアと言ったリーグも追加されている。逆にアフリカオセアニアの地域では全なリーグライセンス関連を取得していない。

 FIFA16からは女子サッカー代表チームが収録されている。なでしこジャパンこと女子サッカー日本代表はFIFA20から正式に収録された。また倫理上の関係で男女混合戦は出来ない。

 そしてFIFA19では待望のUEFAチャンピオンズリーグの収録が発表された。


PS3、XBOX360からの簡易沿革


 始めの頃のゲーム内容は決して高評価ではなくただ実名だけが取り柄のゲームだったが、本作が劇的に変わったのはPS3XBOX360といったHD家庭用ゲーム機参入の2008年からである。

 その時期にシリーズプロデューサーDavid Rutter(デビット・ルター)氏となり、次世代機における数々の変更(AI善、物理計算の見直し)を底的に行った。結果としてそれが功をなしてゲーム評価は大きく向上。

 リオネル・メッシウェイン・ルーニーといった数多くのプロサッカー選手海外ゲーマー海外サッカーファンから多大な支持受け、近年は世界NO.1サッカーゲームの座にいている。 


日本市場における課題


 日本においての知名度は圧倒的に低い。理由としては既にウイニングイレブン内でブランド化されているのが一つとEAの日本支部であるEA.Japanが積極的に宣伝を行わないため、未だにサッカーゲーム=ウイニングイレブンといった状況が一般的であり、FIFAシリーズは現在知る人ぞ知るといった扱いのTVゲームである。

 だが2016年2月18日Jリーグトップパートナー契約を締結したことをJリーグプレスリリース[外部]で発表。そして2016年6月24日FIFA17でJ1リーグ18のクラブチームと所属選手がフルライセンスで収録され、さらにガンバ大阪の新ホームスタジアムの「市立吹田サッカースタジアム」も収録されることが正式に発表された。これは日本におけるFIFAシリーズの知名度上昇に期待のかかる出来事となった。

 ただし、あくまでも締結したのはJリーグであってサッカー日本代表の権利管轄であるJFAとは違うという事だけ注意していただきたい。(何が言いたいかと言うと、今後FIFAシリーズにJリーグは収録されるけど日本代表W杯以外は出ない可性があるよという事です。ややこしいね。)

 もとから海外クラブに所属してる日本人選手は収録されているのだがアジア軽視のためか顔が似ていなかったが、FIFA12からは日本パッケージ本田圭佑長谷部誠の両選手を起用し、更に固有フェイスになりと徐々に日本にもを入れてきている感じではある。FIFA13でも新たに7名の日本人選手を固有化しており、FIFA14では香川真司長友佑都内田篤人川島永嗣といった当時の代表クラスの選手も固有化した。Jリーグ収録時には槙野智章が3Dスキャンでの固有フェイスに選ばれている。FIFA18ではより多くのJリーガーが固有フェイスとなっている。


ライセンス(FIFA21)



収録国際大会



収録リーグ


(※)は公式リーグライセンスが未取得のものである。
)はユヴェントスASローマライセンスが未取得でピエモンテ、ローマFCの偽名で収録。
(☆)ボカ・ジュニアーズリーベル・プレートが偽名で収録。

日本語版搭載要素



日本語版実況解説陣


実況

解説


日本語版カバーパッケージの歴史


シリーズ カバーパッケージ選手
FIFA12 本田圭佑長谷部誠
FIFA13 リオネル・メッシ本田圭佑長谷部誠
FIFA14 リオネル・メッシ長谷部誠吉田麻也
FIFA15 リオネル・メッシ内田篤人
FIFA16 リオネル・メッシ香川真司
FIFA17 マルコ・ロイスカバー)、槙野智章(スリーブ
FIFA18 クリスティアーノ・ロナウド
FIFA19 クリスティアーノ・ロナウドネイマール
FIFA20 エデン・アザール(通常版)、フィルジル・ファン・ダイクCL版)

FIFAの主なシステム、特徴



次へ»
最終更新日: 20/09/25 12:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ