ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


FM-7


ヨミ: エフエムセブン
掲示板をミル!
4カキコ!

FM-7(Fujitsu Micro 7)とは、富士通1982年に発売した8bitパソコンとそのシリーズの総称である。
この機種のヒットにより、富士通は先行した日立を押しのけて、NECシャープと共に「8ビット御三家」と並び称されることになる。


概要


前年に発売されたFM-8の下位機種であるが、あまり使われなかった機を省く一方、プロセッサーが高速化され価格が大幅に引き下げられた。このため、「価格半分、機は倍」などと呼ばれた。
アナログポートとバブルメモリ削除は特に問題にはならなかったが、RS-232Cポートの削除は致命的な欠点になってしまう。拡スロットで増設は可であったが、2つしかなかったため漢字ROMFM音源ボードと取り合いになってしまったのである。そのため、後に漢字ROMRS-232Cを一緒にした日本語通信カードが登場するなどした。

最大の特徴であるデュアルCPU構成はFM-8と基本的には同じであるが、ところどころ良が施されている。PSGも追加され、ビジネスユースを想定したFM-8から一転してホビーユースに強く訴するマシンとなった。

1984年には後継機のFM-77が登場した。キーボード分離となり、フロッピーディスクドライブ内蔵モデルのみが発売された。ただ、FM-7の外付けフロッピーディスクドライブは5インチが既に普及していたものの、FM-77には3.5インチが採用されたため、ソフトハウスはFM-7/77向けには二種類のメディアで発売しなければならなくなった。

1985年にはFM77AVが登場した。4096色同時発色という、当時では他に類を見ない驚異的なグラフィックスを実現した。FM77AVはマイナーチェンジを繰り返して1988年まで新機種が出続けたが、1989年発売の32bitパソコンFM TOWNSを譲って退場した。


主なラインナップ



FM-7


1982年発売。
上述したように、FM-8から一部機を削減して定価を大幅に下げたマシンである。126,000円とFM-8から半額近い定価となり、それに加えてCPUメインサブ共にMBL68B09にアップグレードされた。当時ヒットしていたNECPC-8801より十万円も安く、しかも高性であったことで人気を呼んだ。これが後の富士通パソコン普及の礎となった。

1984年には廉価モデルであるFM-New7が発売された。互換性を保ちつつ内部パーツ点数を減らすことで十万円を切る価格を実現した。


FM-77


1984年発売。ライバル機であるPC-8801シリーズ同様にキーボードと本体が分離された筐体を搭載した。
本体には3.5インチ2Dドライブが搭載された。
400ラインセットを導入(一部機種は最初から内蔵)することで、他社の上位機同様の400ライン表示を実現できるようになった。


FM77AV


1985年発売。全体的に大幅な強化が行われた。 
まずグラフィック320×200ピクセルで最大4096色同時発色を実現し、「総天然ショック」というキャッチコピーまで付けられるほどであった。
さらに64色2画面、16色3画面にすることで多重グラフィックが可になり、さらに縦方向に1ピクセル単位でのハードウェアスクロールが出来るようになったことで、ゲーム機のようなスムーズスクロールを使ったゲームも登場した。
また、サウンド面でもFM音源YM2203)を採用し、 FM3音+PSG3音へ強化された。
これ以降、FM77AVがソフトウェアの標準機となった。奇しくも同年に登場したPC-8801mkIISRと同じ運命をたどることとなる。
直接の後継機はAV20、AV20EXである。


FM77AV40


1986年発売。グラフィックがさらに強化され、26万色表示を実現した(320x200=64,000のため、厳密には最大64,000色同時発色である)。さらにAVでは利用不可能になっていた400ライン表示にも対応している、 また、フロッピードライブも2DDに対応した。

翌年には拡メモリーへのアクセス時にクロックダウンした問題を解決し、4096色2画面表示に対応したFM77AV40EXが発売、1988年には静止画ビデオキャプチャーを標準搭載したFM77AV40SXが発売された。  


イメージキャラクター



関連動画



■sm2571065[ニコ動]

■sm909882[ニコ動]
■sm911577[ニコ動]
■sm896462[ニコ動]
■sm3686296[ニコ動]
■sm1442978[ニコ動]


関連商品


■az4816303049
■azB000J7BNQY
■azB000J7DLP0
■azB000J79I1G


関連項目



最終更新日: 15/09/13 21:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ