ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


GA 芸術科アートデザインクラス


ヨミ: ジーエーゲイジュツカアートデザインクラス
掲示板をミル!
421カキコ!

GA 芸術科アートデザインクラス』とは、芳文社刊雑誌「まんがタイムきららキャラット」にて連載されていた四コマ漫画である。作者きゆづきさとこ

同作品を原作としたアニメ2009年7月より放送され、テレビ未放送の第13話はOVAとして発売された。またPSPゲームソフト『GA 芸術科アートデザインクラス Slapstick WONDER LAND』が発売されている。


概要


GA 芸術科アートデザインクラス(以下GA)とは、高校(正式には井学園工業大学付属高等学校)の芸術科AクラスGA)に通う個性豊かな五人の女子高生を中心に、和気あいあいとした楽しい日常が描かれた四コマ漫画である。

平和出版の「COMICぎゅっと!」にて創刊号から連載されたが同誌が第3号にて休刊(実質廃刊)となったために芳文社刊雑誌「まんがタイムきららキャラット」に移籍して連載。本来なら3話で終了するはずだった作品が最終的に10年近く連載したという遍歴を辿っている。(「まんがタイムきららキャラット」に移籍した後も、2005年8月号~11月号までは単発だったためにコミックス1巻の冒頭は「COMICぎゅっと!」の3回分+単発が収録されている。)

まんがタイムきららキャラット2016年2月号を以て完結グランドフィナーレを記念して2016年2月27日からGoFaにて、GA及び「棺担ぎのクロ。〜懐中旅話〜」をメインとした「きゆづきさとこ展」が開催される。偶然にも、開催日初日にはコミックス最終巻(7巻)が発売される。
また、同年にはGAイラストめた画集の発売も予定している。

主人公達の高校生活と美術科という特殊な授業を中心に描かれているが、GAは特に美術に関する用や、美術関連の授業や課題の様子、美術関連の小ネタ知識が多く、さらにそんな美術関連の知識がかなり見られるにもかかわらず美術を知らない読者にも読みやすい、美術にちょっとずつ詳しくなれるという良い所がある。現に登場する美術用や知識は多い。

特に「色」に関しては詳細な記述が多く、片面1を使った色や画材に関する紹介とともにキャラクター小ネタがある。

裏表ユーモアに飛んでおり、方一面はキャラを使った架の雑誌の表、もう片方は通販の案内であったり、本当に現実にあるような井学園の学校案内が描かれてあったりする。

なお、雑誌での連載とは別に、同人ショップとらのあな」の無料広報誌である「とらだよ。」でも、「GA材置き場」という1ページの短編コミックを連載していた。(詳細は後述)

ちなみにGAは先述通り「芸術科Aクラス」の略であり(芸術科には美術専攻のAクラス音楽専攻のBクラスがある)、"Geijutsuka Art design class" の略称ではない。"Ganbare Atashitachi"でも、"Galaxy Angel"でも、ましてや"Global Armaments"でもない。


GA材置き場


まんがタイムきららキャラット」の連載とは別に「とらのあな」の無料広告雑誌「とらだよ。」にて連載している1ページの短編コミック。毎回のようにフルカラーで色関連の話が読めるという内容。この「GA材置き場」は現在の既刊に収録されてはいないが、データベースPDF形式でバックナンバーが読める。

また、とらのあなでのコミックス購入特典の中には出張版として、表込みで4ページの冊子が付属される巻もある。


主な登場人物


キャラクターGA1年の五人の女子グループであるが、物語の途中に美術部部員に焦点が当てられる話も登場する。彼らは、メインキャラクターとは独立したエピソードでの登場も多く、キャラ以外の物語によって作品の広がりが見られる。


芸術科Aクラス1年 (GA1年)


山口如月 (やまぐち きさらぎ)

GA1年の女子生徒。地味時々天然眼鏡&ポニーテール少女。通称「キサラギ」。眼を取ってポニーテールを縛る位置を上にするとかなり可愛い
作中では苗字山口ではなく、名前の如月で呼ばれることが多い。では二匹の(名前はそれぞれクヌギとツツジ)を飼っている。
デフォルト敬語を使い、仲の良い友達幼馴染にでも敬語である。また、可愛い物にはがなく特にには敏感。
この物語の中では主人公格なのだが、周りのキャラ濃過ぎる所為で微妙キャラが負け気味。が、それが逆にキサラギと言うキャラを立てているため、存在感は決して薄くない。

的な努であり、熱中すると周りが見えなくなるほど一生懸命になる。課題の評価はの域を出る物ではないが、潜在的な才は相当な物である模様。
ド近眼で眼鏡いと距離でもモノが良く見えなくなり、ナミコさんがひまわりに見えたり、ノダがタコに見えたりする。…が、そうして見えたものを用いて仕上げた課題が教師からは総じて高評価を得られており、眼鏡=才抑制装置の説あり。

料理運動が苦手であり、前者では作ろうとした麺料理イカスミ色と化し、後者に至っては運動会を中止にすべく巨大な逆さてるてる坊主を作るほどであるが、陸上競技限定なのか水泳では50Mは泳げる。

GA3年に2つ上の幼馴染渕がいる。彼女から譲り受けた絵がきっかけでスケッチブック具を購入する等、如月芸術人生に大きく影を与えている。

イメージトーンは淡色で、二巻見開きでは【パステル】、【Pale Tone】(ペール・トーン)の背景

大道雅 (おおみち みやび)

GA1年の女子生徒。多くは「キョージュ」という通称で呼ばれるが、野崎奈三子からは名前の読みを捩った「マサ)」と呼ばれる。
寡黙フシギな優等生。博識だが、どこかずれた感性を持つ。身長推定165cmと高1の女子高生にしては結構長身までの長い黒髪を持っており、ゴムめても落ちてしまうほどさらさら。常に無表情にみえるが如月たちには喜怒哀楽の区別がつくらしい。
独特の喋り方で名前の最後には必ず「殿」をつけたり、「あの方」を「御仁」といったりする。

などの動物コミュニケーションができる、幽霊や魂などの霊体が見える、水中も5分程度なら素潜りが出来る・・・など非エピソードが多い。また、何故か金属がくっ付いたり、近くに置いたラジオ電波受信出来なくなるなど、その素性にはが多い。
では着物デフォ。未だ会ったことはないが婚約者がいる「らしい」(本人談)。

イメージトーンはで、二巻見開きでは【インク】、【Dark Tone】(ダーク・トーン)の背景

友兼 (ともかね)

GA1年の女子生徒。キャラ5人の中で一名前が明かされていない。友兼は苗字。通称「トモカネ」。
一本足りない熱血。何事も、体で解決する。言葉遣いが少々乱暴なオレっ娘一人称がオレ)である。女子生徒には見えないツンツンに立った短い男性のような髪型で、私姿だとよく男性と間違われる。
GA1年五人の中で最も体があり、スポーツが得意だが水泳だけが苦手。

元気が有り余りすぎというトラブルメーカーで、野田ミキと一緒になって騒がしくよく何かを起こす。ちなみに友兼がお父さん役で野田ミキお母さん役の漫才ポジション
同じGAの二年にがいる。口では色々と言ってはいるが大事に思っており、が倒れた時にはその『信号』を受信し、っ先に駆けつけていた。

イメージトーンは微暗色で、二巻見開きでは【色鉛筆】、【Strong Tone】(ストロング・トーン)の背景

野崎奈三子 (のざき なみこ)

GA1年の女子生徒。であるが姉御肌で面倒見が良く、GA1年5人グループリーダー的存在でまとめ役である。そんな立ち位置故か、如月達からは「ナミコさん」の敬称付けで呼ばれることが多い。
グループツッコミポジションにいるが本人はいたって普通の人である(周囲が、特にトモカネとノダミキが騒がしいため)。5人の中ではスタイルに恵まれており、よくそのことをノダにネタにされる(そしてノダにツッコミをいれる)。
大人びた貌繋がりか大と行動することが多く、等は一緒に登校してくる。
汚さない為か、授業前には必ずブレザーの上着を脱いでワイシャツ姿になっているのがデフォルトである。

イメージトーンは中灰色で、二巻見開きでは【油絵具】、【Dull Tone】(ダル・トーン)の背景

野田ミキ (のだ みき)

GA1年の女子生徒。ノダミキ如月達からは「ノダ、ノダちゃん」と呼ばれている。または「」。
お祭り大好きなムードメーカーおしゃれが好きでよく髪型が変わる。身長が結構小さいご様子(141cm)。悪戯好きなトラブルメーカーだが、お菓子を作ってくるなど女の子らしい面もある。ナミコさんと同じように授業が始まる前にはブレザーを脱いでジャージ姿がデフォルト

如月とは違う方向で天才肌であるが、気分で描いているのでよく才能の無駄遣いをしている。
課題の提出速度はかなり速い。手抜きをするときは手を抜くが、琴線に触れればかなりの集中をみせる。
同じ高校普通科特別進学クラスに通うと、登場していないがいるらしい。ちなみに、では「マシマロ」と言う名前の真っ白い毛並みをしたを飼っている。

イメージトーンは純色で、二巻見開きでは【ポスターカラー】、【Vivid Tone】(ビビッド・トーン)の背景

マリアンヌ・ファン・ティエネン

PSPゲームソフト『GA 芸術科アートデザインクラス Slapstick WONDER LAND』の主人公。通称「マリ」。フランス人。
日本に住んでいた亡き祖の遺したスケッチブックの絵に色を塗ると言う約束を果たす為に来日を決意し、井学園GA1年のキサラギ達のクラスに交換期間留学生として転校して来た。
日本語は堪だが日本文化には疎く、時々とんでもない勘違いをする事がある。
詳細は後述。原作漫画版にもゲスト出演した事がある。


美術部関係者


芦原ちかこ (あわら ちかこ)

GA3年の女子生徒。仲間うちでは「あーさん」と呼ばれている。ブレザーを脱ぎ、シャツの上にのセーターを着ているのがデフォルト
美術部部長関西弁に類似した北陸寄りの中部弁(福井県出身・在住である作者の話し言葉がモデルであると考えられる)を喋る暴力。訛り故か七味唐辛子の「しちみ」の「し」を発音できず「ひちみ」と発音する。
口より手が先に出る騒がしい性格で親友のぶちさんによってやんわりあしらわれている。

卒業した元美術部長野崎という先輩ナミコさんの)を敬愛しており、美術部をこよなく愛している。それ故、美術部止の際には四苦八苦と走り回った。

部長魚住との掛け合いが多く、そのフラグの多さから美術部の話と行してニヤニヤしながらその行方を見守れる。 

水渕 (みずぶち)

GA3年の女子生徒。学園生活環境部の部長。(後に美術部と色々ある)原からは「ぶちさん」、如月からは「みっちゃん」と呼ばれている。
あーさんの保護者を自認しており、長い付き合いで彼女のあしらい方にも長けている。
おっとりした、お姉さん的な優しい性格だが、あーさんの規格外の悪ふざけにはあらあらといいながらお仕置きをする。仲は非常に良い。

魚住 (うおずみ)

普通科特別進学クラスFA)3年の男子生徒。美術部副部長眼鏡をしている知的、冷静なツッコミ役。
暴走するあーさんをよくあしらったりする。あーさんフラグ多し。

保村 (ほむら)

工業科自動車整備クラス(KJ)2年の男子生徒。美術部の部員。美術部員であるのにあんまり美術には詳しくない。
美術部に入った要因はあーさんの「すげぇ微妙関西弁で宣伝する女がいる」とクラス話題になり、「その自爆っぷりに未来部長の器を感じたから」。
惚れっぽい性格で、教諭の宇佐美由美に端を発し、ノダの原の同級生三井に一惚れした。

友兼の兄 (ともかねのあに)

GA2年の男子生徒。1年の友兼はである。と違い病弱おとなしいが、時々大胆な行動をする。見たをやや薄めにしたような感じである。
1年の頃から保健室にいることが多く、出席日数が微妙だったため進路に有利になるように美術部に入部する。
同様、下の名前は明かされていない。

早苗ちゃん (さなえちゃん)

素描用の等身大人形。部員としておかれているが当然の如く認められていない。部員歴8年。
今はGC芸術科Cクラス飾系)の部屋に放置されていた物である。よく変なポーズをさせられている。

野崎風二子(のざき ふじこ)

本編より2年前にGA卒業した元美術部部長ナミコさんの4つ年上ので、現在実家を出て大学に通っている。
整った顔立ちに抜群のスタイル身長を持ち、自由奔放で快活な性格で、尚且つ頭も良い。


次へ»
最終更新日: 18/05/29 00:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ