ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


GIANT KILLING


ヨミ: ジャイアントキリング
掲示板をミル!
50カキコ!

GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)とは、


  1. 英語で「番狂わせ、弱者が強者を倒す」の意。スポーツにおいてよく用いられる。
  2. 原案・取材協:綱本将也、作画:ツジトモによるサッカー漫画略称は「ジャイキリ」。

このページでは2のサッカー漫画について記す。


概要


2007年、雑誌「モーニング」にて連載開始。現在も連載中。単行本は2020年9月現在、既刊56巻。
2010年4月より9月まで、NHK BS2,BShiにてアニメ放送された。全24話。製作スタジオディーン

スポーツを題材にした漫画といえば、主人公プレーヤーであることがほとんどだが、この漫画クラブチーム監督主人公サッカー漫画である。

さまざまな人物の線で進行するストーリーと個性的なキャラクターが特徴的。監督プレーヤーだけでなく、フロント人間サポーターなど多くのキャラクターを絡ませることにより、厚みのあるストーリーになっている。

当初は「原作:綱本将也」とクレジットされていたが、89をさかいに「原案・取材協:綱本将也」へと変更された。


ストーリー


主人公の達猛は、今シーズンから、かつて自分も在籍したプロサッカークラブイースト・ トーキョー・ユナテッド」(ETU)の監督に就任することになった。しかし「ETU」は2部リーグ落ちも経験した弱小クラブ。はたして、達チームをたてなおし、「GIANT KILLING」を達成することが出来るのだろうか・・・

ネタバレ注意 登場人物&チーム一覧は、ネタバレ成分をちょくちょく含んでいます。
そのへんは、広い心で大に見てやってください。

登場人物&クラブチームの一覧



ETU(EAST TOKYO UNITED)


リーグジャパンの弱小クラブ過去に2部落ちも経験し、均観客動員数も8000人割れ。あげくの果てに、ホームタウン台東区も撤退の動きを見せはじめる始末。「味方のゴールが決まったら会社ぐるみで大喜び」し、連敗したら「お通みたいに全員で暗くなる」。チームカラーホームスタジアムは、隅田スタジアム。

登録選手

背番号:選手名(ポジション/年齢/身長/体重/血液型/利き足/登録名)

1:緑川 ミドリカワ ヒロシGK 33歳 184cm 77kg AB 右 MIDORIKAWACV:藤真秀
チーム最年長、ETUの守護称はドリさん。
2年前まで清水インパルスに所属し、その当時は日本代表にも選ばれた。
ベテランらしい落ち着きっぷりはETUの最終ラインに安定感をもたらす。
2:黒田 クロダ カズキ(DF 28170cm 67kg A 右 KURODACV:伊藤健太郎
江とともにCBを任される。称はクロ。
CBとしては上背に欠けるが、負けん気の強さは人一倍でデカイ相手にもひるむことなく向かっていく。
だが、その気の強さが災いしてチーム内でトラブルの種になることもしばしば。監督にも遠慮せずに、
思ったことをすぐに口に出す直情的な性格。達く「あいつは人をいらいらさせる才がある」。
黒田こけし」というクラブ公式グッズが存在する。
3:江勇作 スギユウサク(DF 28182cm 72kg B 右 SUGIECV:桐井大介
黒田とともにCBを任される。称はスギ
恵まれた体格と冷静な判断で相手の攻撃を防ぐ。
相棒黒田とは違い、あまり感情を表に出さないタイプ
日本代表補になったことがある。
5:石達雄 イシガミ タツオ(DF 30176cm 72kg O 右 ISHIGAMICV:中田隼人
右のSB称はガミさん。
昨年はレギュラーだったが、シーズン序盤は石の台頭によりリザーブメンバーに。
しかし、川崎戦を機にスタメン復帰。とてもマイペースな性格
6:村越茂幸 ムラコシ シゲユキ(MF 32180cm 74kg A 右 MURAKOSHI) CV:置鮎龍太郎
ETUのキャプテンボランチを任される。称はコッシー、コシ。
中盤の底で相手の攻撃の芽を摘む。
責任感がずば抜けて高く、チームメートやコーチからの信頼も厚い。
ETUが2部リーグに転落した際に他のチームから移籍のオファーがあったが、全て断った。
長年のチームに対する献身ぶりから、サポーターからもされており、「Mr.ETU」と呼ばれている。
7:椿大介 ツバキ ダイスケMF 20歳 174cm 65kg O 右 TUBAKI) CV:水島大宙
シーズンサテライトからトップチームに昇格。ボランチに入ることが多い。称はバッキー
にそのをかわれてレギュラーに抜されたが、精的に打たれ弱いところがあり、ゲームの中で
消えてしまうこともある。   
ディフェンシブな村越とは対照的に、積極的な攻撃参加が持ち味。
スピードを生かしたドリブル突破には定評があり、好調時にはかなり厄介プレーヤー
が現役時代つけていた背番号7番を受け継いでおり、ポテンシャルはかなりのもの。
8:堀田健二 ホッタ ケンジMF 29歳 178cm 73kg A 右 HOTTA) CV:哲也
中盤のポリバレント(複数ポジションをこなせる)プレーヤー
昨年までは、レギュラーメンバーとしてボランチに入ることが多かった。
足元の技術は高く、トップ下もこなす。
9:良則 サカイ ヨシノリ(FW 31174cm 69kg A 右 SAKAI) CV:川田紳司
控えのFW。称はサック。
シーズンは、木の復帰や世良の台頭もあり、なかなか出場機会に恵まれない。
ベテランの年齢に達していることもあり、体のケアを欠かさないなどプロ意識は高い。
控えという扱いに決して満足しておらず、世良や木の実を認めながらも、自分だけのプレースタイル
模索中。
10:ルイジ吉田 ルイジ ヨシダ(MF 26歳 176cm 64kg B 左 GINO) CV小野大輔
ETUのゲームメーカー称は王子ジーノはマセラティ
常に余裕と自信を持ってプレーしており、視野の広さから繰り出されるパスは、試合の勝敗を決定付けるど。
しかし、運動量は決して多くなく、ボールを追うような献身的なプレーは好まない。というかあからさまに守備を
サボってる。
年上だろうが、監督だろうが、自分のスタイル・話しかたを貫き通す。監督に対して、「次の試合は休ませて」
なんて言っちゃう のは王子だけ。
11:木陽太郎 ナツキ ヨウタロウ(FW 26歳 175cm 69kg B 右 NATUKI) CV楠大典
ETUのエースFW。称はナツ、ナッツ
快だが、人一倍落ち込みやすく、気分の浮き沈みがしい性格。
シーズン序盤は、得点王争いにからむほどの活躍を見せるが、シーズン途中にひざのじん帯を
したことにより、8ヶチームを離れることとなる。
既婚者でがいる。
座右の銘は「男のおしゃれはもみあげから」。
14:丹波聡 タンバ サトシMF 31173cm 66kg AB 右 TANBA) CV:仲恵
左のSMF。称はタン。
FWもこなす、ユーティリティープレーヤーであり、チームのムードメーカー的存在である。
15: アカサキ リョウMF 21175cm 68kg AB 右 AKASAKICV:武藤正
右のSMF。称はザッキー
オリンピック代表に選出されるなど、ETUの若手の中では高い。
サイドを切り裂くスピードを持ち、ゴール前に切れこんでシュートも狙う。
物怖じしない性格で、年長者にも遠慮なく思ったことをぶつける。そののある言い方のせいで、
チームメイトと喧になることも。
趣味音楽鑑賞。ちなみにアカサキであってアカザキではない。
16:清川 キヨカワ カズミMF 23174cm 66kg O 右 KIYOKAWACV:中川慶一
左のSB。長を染めている。
開幕からレギュラーに定着。同じサイドバックの石セットで描かれることが多い。時折見せる攻撃参加で、
得点を演出。
18:宮野剛 ミヤノ ツヨシ(FW 20歳 175cm 70kg A 右 MIYANO) CV:佐藤健輔
リザーブメンバーで、右のSMFとして起用されることが多い。
FW、MFもにこなすプレーヤー。寡黙なキャラクター
20:世良恭 セラ キョウヘイ(FW 22歳 166cm 60kg O 左 SERACV:川野剛稔
若手で生きのいいFW。称はセリー。
エース木が怪で出遅れたため、1トップとして試合に出続けた。
リーグ戦第3節の清水インパルス戦でETUの今期初ゴールを決める。
基本的には天気キャラクターだが、木の復帰にあせる場面も。
21矢野 ヤノ シンゴ(MF 24歳 170cm 68g A 右 YANO) CV:島崎信長
控えの左SMF。丹波の控え。
22:石修 イシハマ オサム(DF 23176cm 70kg B 右 ISHIHAMA) CV:深智義
パイナップルのような個性的な髪型が特徴の右SB
の控えだったが、シーズン開始時にレギュラーに抜された。
23佐野正 サノ タダシ(GK 27歳 188cm 89kg O 右 SANO)
控えのGK
レギュラーGKにドリさんがいるため出場機会は少ない。
26:小林? コバヤシ(DF 不明)
控えのCB
亀井とともにジャパンカップ清水戦でスタメンに抜される。
27:亀井武士 カメタケシ(DF 22177cm 78kg B 右 KAMEI) CV:川島得愛
控えのCB
スタメンのチャンスをもらったジャパンカップ清水戦でPKを相手に謙譲してしまう。

チームスタッフ


次へ»
最終更新日: 20/09/23 12:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ