ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


GLAY


ヨミ: グレイ
掲示板をミル!
131カキコ!

GLAYとは、日本ロックバンドCD総売り上げ枚数は約3900万枚(日本歴代8位)。

1994年メジャーデビュー以降、く間に日本を代表するロックバンドとなる。1997年ベストアルバムREVIEW」では、当時日本歴代1位となる売上487万枚(現在では歴代3位)を記録したほか、1996年以来23年連続でシングルオリコントップ10入りの記録を保持、現在継続中である(V6と並び日本歴代1位タイ)。また、1999年の有料ライブで記録した120万人動員の世界記録20年を経た今なお破られていない。平成カラオケで歌われたアーティストランキングでは総合3位を記録している。

デビュー以来毎年シングルリリース、また、全ホールアリーナツアーから、スタジアム、ドーム演などライブを定期的に行い、休むことなく安定した活動体制の下、幅広い世代からの根強い人気を集めている。


来歴1(1988年/結成〜2000年/全盛期)


1988年北海道函館市で当時高校生だったTAKUROTERUが中心となってGLAYを結成。その後ほどなくしてHISASHIが加入し、メンバー後の1992年JIROが加入。現在の形となる。ドラムパートについては結成直後からメジャーデビュー直後まで、複数のメンバーが加入と脱退を繰り返す状態が続いていたが、1995年ツアーサポートに入った永井TOSHI Nagai)を事実上の固定メンバーとすることで落ち着き、現在に至る。

1994年5月25日X JAPANYOSHIKIに見出され、シングルRAIN」でメジャーデビュー。その後、1996年シングルグロリアス」で約60万枚、直後にリリースされたアルバムBEAT out!」で約80万枚を売り上げるとともにシングルアルバム通して初のオリコン1位を獲得しブレイクする。
この後、1996年から2001年の間のシングル総売り上げ枚数は全アーティストで総合1位を記録するなど、GLAYは1990年代後半から2000年代初頭にかけて「社会」と言われるほどの圧倒的な人気を得る。

1996年アルバムBELOVED」で152万枚を売り上げ、初のミリオンヒットを記録。1997年シングル「口唇」でシングル初のオリコン1位シングル「HOWEVER」で5週間1位を獲得し、シングル初のミリオンセラーを達成。同曲で日本有線大賞・大賞を受賞した。さらに、初のベストアルバムREVIEW」で487万枚を売り上げオリコン年間アルバムランキング1位、当時のアルバムの売り上げ日本記録を更新した。

1998年シングル「誘惑」と「SOUL LOVE」を当時としては異例の2枚同時リリース、2週連続でオリコン1位2位を独占した。「誘惑」はオリコン年間シングルランキング1位を記録した。アルバムpure soul」は242万枚シングル「BE WITH YOU」は117万枚の売り上げを記録。また、この年の2月には、ツアーチケットの予約が殺到し電話回線がパンク長野五輪にまで影する事態が起きた。その出来事が新聞に掲載されるほどにまで人気が絶頂した。

1999年シングルWinter, Again」が自己最高となる164万枚を売り上げシングル5作連続ミリオンセラーを達成。年間ランキングでも2位を記録したほか、この曲で日本レコード大賞日本有線大賞・大賞を受賞した。ビデオシングルとして発売した「サバイバル」が約90万枚を売り上げ、日本ミュージックビデオ作品として歴代最高の売上を記録。アルバムでは「HEAVY GAUGE」が235万枚を売り上げた。

そして、同年7月31日、GLAYの歴史を振り返る上で欠かせない大規模ライブ「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」が開催される。幕張メッセで開催されたこの演は日本ライブ史上最多となる20万人を動員し、また有料ライブに限定した動員数では世界記録を更新した。また、この年には75万人動員の全4大ドームツアーも開催している。

2000年シングル「とまどい/SPECIAL THANKS」が約100万枚を売り上げ、シングル6作ミリオンセラーを記録(日本歴代4位)。また、ベストアルバムDRIVE」が263万枚を売り上げ、BELOVED」からアルバム5作連続ミリオンセラーを達成した(REVIEWからDRIVEまでは4作連続ダブルミリオン) 。また4月からスタートしたアリーナツアーでは、19ヶ所77演で100万人を動員した。


来歴2(2001年〜2014年/デビュー20周年)


この頃より、日本CDセールスのバブルが弾けた影もあり、爆発的なCDセールスは90年代べると立たなくなったものの、CD年間トータルセールスランキングでは2001年4位、2002年7位、2005年には22位を記録するなど、21世紀以降もヒット作品を多数輩出している。またライブ動員においても各地方で数々の動員記録を作っていくことになり、ビジュアル系バンドブームが去った後でも世代をえた人気を誇る独自の立ち位置を確立していく。

2001年シングル「GLOBAL COMMUNICATION」が約50万枚を売り上げオリコン1位を記録、シングル10作連続1位を達成した。5月には「GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION」を開催。東京(2演)、北海道石狩北九州市の全4演で構成された大規模イベントで合計28万人を動員。北海道での10万人ライブ北海道史上最多動員数を記録したほか、九州でのライブではアジア圏の様々なアーティストとの共演で8万人を動員し、こちらも九州地方史上最多動員を記録。12月から翌年にかけて50万人動員の2度の全ドームツアー(自身初の5大ドームツアー)を開催。

2002年シングルWay of Difference」が73万枚を売り上げるヒットオリコン年間ランキング5位を記録し、有線リクエストランキングでは総合1位を記録した。10月には、日中交正常化30周年を記念して中国北京にて「GLAY ONE LOVE in 北京」を開催し3万5000人を動員。当時の中国音楽イベントの最多動員数記録を塗り替えた。

デビュー10周年2004年には4枚のシングルリリースし、その全てがオリコン1位を記録。7月には大阪ユニバーサルスタジオジャパンUSJ)にて「GLAY EXPO 2004 THE FRUSTRATED」を開催し、10万人を動員した。

2005年、3度の全ドームツアータイトルともなった、初のバラードベストWHITE ROAD」が40万枚えるヒットを記録(その中の新曲「つづれ織り ~so far yet so close~」は2014年ファン投票1位を記録するなど、今なお人気が高い)。さらにEXILEとのコラボシングルSCREAM」も54万枚を売り上げ、同年の年間ランキング5位にランクインした。

その一方で、この頃所属していた大手事務所を脱退して独立しており、(特に活動休止を明言してはいないが)思うように活動を行えない時期があった事が後に明らかとなっている。所属していた事務所との対立、特に印税の未払い問題については裁判に発展しており、2009年にGLAY側が全勝訴する形で決着を見せている。
レーベルについても、2010年レーベルloversoul music & associates」を設立(2016年に「LSG」に名)後、2012年にはポニーキャニオンパートナーシップ契約を締結している。

2006年、「Re-birth」のコンセプトの下に武道館ライブを行い、全復活をアピール。同年にはメンバー全員が敬する元BOØWY氷室京介と、シングルANSWER」でのコラボを果たした。

デビュー15周年の2009年ベストアルバム「THE GREAT VACATION VOL.1, 2」をリリース8月には横浜日産スタジアムにて2daysライブを行い、計15万人を動員した。 

2012年大阪・長居スタジアムにて2daysライブを行い、計10万人を動員。このライブアンコールにて、TERUが「絶対に解散はしません!」と宣言。

2013年アルバムJUSTICE」と「GUILTY」を2枚同時発売し、オリコン1位2位を独占。5月にはアジアツアーを敢行し、香港台湾ライブを行った(韓国演とタイ演は中止)。7月にはメンバーの故郷である函館で野外ライブを開催し、2日間で計5万人を動員した。 

デビュー20周年の2014年、ひとめぼれスタジアム宮城(旧・宮城スタジアム)にて2004年以来10年ぶりとなる「GLAY EXPO」を開催、東北史上最多となる5万5000人を動員した。


最近の活動(2015年〜/新たな黄金期)


2015年、10年ぶりの東京ドーム演で、2days計11万人を動員。7月には函館ライブの第2弾として、落成されたばかりの函館アリーナこけら落とし演を行った。

2016年53シングル「G4・IV」が、2008年の「VERB」以来約8年ぶりとなる通算24作オリコン1位を獲得したことにより、シングルアルバムの両方で1990, 2000, 2010年代の3つの年代での首位達成を果たした。

2017年アルバムSUMMERDELICS」が通算14作オリコン1位獲得。また、全アリーナツアーでは23万人を動員した。

結成から30周年を迎えた2018年2013年以来となる香港台湾演を実施。函館ライブの第3弾として野外ライブを開催、2日間で計5万人を動員した。

デビュー25周年の2019年元日の新聞広告と、5月25日デビュー記念日の2回に分けて、同年〜翌2020年にかけての活動内容を「7つの約」という形で発表した。この中には年内のシングルアルバムリリース論、西武ドーム演2daysアリーナツアー海外ツアードームツアー、そしてベストアルバムREVIEW 」のリリースも含まれている。


メンバー


正式メンバー全員北海道函館市出身(HISASHIのみ青森県弘前市生まれ)。メンバーの詳細については各記事を参照されたし。

TERUボーカル) 本名:小橋こばし てるひこ) 1971年6月8日生まれ

TAKUROギター) 本名:久保 郎(くぼ たくろう) 1971年5月26日生まれ

HISASHIギター) 本名:外村 尚(とのむら ひさし) 1972年2月2日生まれ

JIROベース) 本名:和山 義仁(わやま よしひと) 1972年10月17日生まれ

サポートメンバー・プロデューサー

ドラム担当。1995年SPEED POPツアー以来、ほぼ全てのライブレコーディングに参加、これまで900回をえるGLAYのステージドラム叩き続けてきた、正正銘5人メンバーライブでのメンバー紹介では「TOSHI」と呼ばれることが多い。

キーボードストリングスアレンジ担当。2006年から2015年にかけてライブレコーディングに参加。ライブでのメンバー紹介では「セイちゃん」と呼ばれることが多い。


次へ»
最終更新日: 19/07/04 07:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ