ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


GM(機動戦士ガンダム)


ヨミ: ジム
掲示板をミル!
445カキコ!

GM(ジム)とは、TVアニメ機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ(MSMobile Suit)、架人型ロボット兵器 / 人型機動兵器である。

その他曖昧さ回避GM(ジーエム)については「GM」の記事を参照のこと。

概要

戦いは数だよ兄貴

ジオン公国軍宇宙攻撃軍ドズル・ザビ中将

勇猛果敢にビームサーベルを振るうGM!

式番号:RGM-79
地球連邦軍が兵戦用の試作機RX-78ガンダム』の戦闘データを基に開発した量産型MSである。

生産コストを抑えるためにガンダムではルナチタニウムだった装甲をチタン系合に変更、予備のビームサーべルやコアブロックシステム止、同時に高価で生産数の少なかったビームライフルに代わり、扱いやすいビームスプレーガンやハイパーバズーカメイン武装としている。

バックパックそのものはガンダムと同モデルを有し、不要な装備を削った結果ガンダムべて若干の軽量化に成功している。
重量ガンダムを上回り、スペック上ではジオン軍ザクはもとよりリック・ドムとも互以上に渡り合う事が可
また、センサーにも良が施され、ガンダムを上回る有効探知距離を持つことになった。

しかし、初期生産は数優先の粗製乱造とも言われ、予想以上に要スペックを満たすことができなかった。そのためすぐにが開発されている。作中でほとんど活躍シーンがないせいか、ゲームではジム役の「コロニーの落ちた地で…」ですらザクⅡと同スペックとして扱われる事が多いが、本来はザクⅡよりも格段に上である。

ジムには先行量産試作、前期生産、後期生産が存在する。Bクラブ70号の『MSジャーナル』によると、一年戦争において、生機を含め3800機以上生産されたと言われる。
書籍『戦略戦術大図鑑』の設定では終戦時、MS類は実働可機が8000機以上、生産中の機体が4000機以上あったらしく、ジムが何割かを占めている事になる。

先行量産試作」は絶対数が不足していたRX-79[G] 陸戦型ガンダムの数合わせの為に、完成間近のジムパーツを利用して作られたデータ収集用の先行試作機である。
一方で先行量産型の先行稼働データもフィードバックされた「前期生産」は、戦局を押し戻すために生産行程を大幅に簡略化した機体。所期のスペックもろくに発揮できず、設計を視した機体すら有ったとされ、一部資料では“粗悪品”とまで断じられている。
ただし、最初だけで後は生産行程を見直した後期流となっていた。較的新しい企画MSV-Rだと第二次生産~第四次生産までが確認されている。

大戦末期に開発された「後期生産」はホワイトベース隊の実働データをフィードバックし、本来のスペックを発揮出来るように調整されている文句なしの機体。後期生産は基本に忠実な設計で、ジェネレーターも同を使用しているにも関わらず各部の刷新によって出は20%程も向上を見せた。
後期生産にてRGM-79は本来のあるべきスペックを取り戻し、ようやく「完成」に至ったと言える。

後期生産ジムはアッパーバージョン局地戦仕様が複数拠点で並行して開発されていた。これらの開発にはデータの共有・フィードバックが行われていたようだ。
後期系ジムに属するオーガスタ工のRGM-79D「ジム寒冷地仕様」やルナツーのRGM-79E「ジムE型」、ジャブローのRGM-79C「後期型ジム」などが設似通った設計なのはこのためである。

29話の初登場ではいきなり赤蟹シャア専用ズゴックにボディを貫かれた。このとき、やられる直前までビームライフルを装備していたのに貫かれたシーンではビームスプレーガンに変わっていることがよくネタにされる。本編劇中ではフルボッコにされてばかりだがある時期以降の作品では善戦し、ジオン軍を撃墜する場面も増えている。

GMの最大の強みは連携、そして『数』にあり、同じように大量生産されたモビルポッドボール』と組んでジオン軍MSを圧倒し、連邦軍を勝利に導いた。

GM系MSの一覧

GM連邦軍のMSということもあり、その後の作品でも様々な発展機などが登場する。下には1stガンダム以降に登場するGM系統のMSを記しておく。尚、Zガンダム以降には『ネモ』などGMコンセプトを受け継いだMSも登場し、それらも挙げるときりがないのでここでは『GM』の名が冠された機体に限って記述する。


次へ»
最終更新日: 21/06/20 22:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ