ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


Half-Life


ヨミ: ハーフライフ
掲示板をミル!
58カキコ!
  1. Half-Life(ゲーム) - Valve Software社が開発したFPSシリーズ本稿で解説。
  2. 半減期 - にRIが半分になるまでの時間のこと。
  3. Half-Life(バンド) - 日本ロックバンド

概要


Half-Lifeハーフライフ)とはValve Software社が開発したFPSシリーズである。1998年に「Half-Life」、以降に3つの外伝Opposing-Force」「Blueshift」「Decay」、2004年に続編である「Half-Life2」が発売された。また、2012年にはユーザーによる初代のリメイク作「Black Mesa」が発表された。

ロゴになっているλ」(ラムダ半減期を意味する記号

他にMODから生したCounter-StrikeシリーズTeam Fortressシリーズ。設定に繋がりを持つPortalシリーズがある。


Half-Life


主人公ゴードン・フリーマンニューメキシコにあるブラックメサ研究所の研究員に就任し、その初仕事で特殊物質の実験に参加、しかしその実験中に異常が発生、異世界XENからエイリアンが侵入し、研究所は壊滅状態になる。さらに、事件の揉み消しに海兵隊派遣され、ゴードンエイリアン海兵隊との三つの戦いに巻き込まれる…

それまでの従来のFPSはただ出てくる敵を倒すという内容で、物語ムービーカットシーンで描かれることが多かったなか、ムービーカットシーンなどの演出を一切使わず、すべての出来事がゲームプレイの中で描かれる独自の没入感あふれる演出を付け加えたことでFPS業界に革命を起こしたとされる。また、リアル音響効果、優れたAIバラエティ溢れるレベル、等々ゲーム自体のクオリティも素らしく非常に高い評価を受けた。現在でもなおFPSを代表するタイトルと言えるだろう。

レベルデザインゲームバランスは繊細な設計がされており難しい部類に入るといわれている。(常に緊感が出るように作られているということで理不尽に難しいというわけではない)そのためか競技としてのTAS現在でも新記録が登場するほど製作されている。

また旧GoldSrcエンジンの頃からMOD製作が盛んで、特に「Counter-Strike」や「Team Fortress」は後に製品化されて大ヒット作となった。そのほか、Day of Defeat、Sven-Coop、The Ship、など人気作となったMODは数多く、近年でもCry of Fearのような大MODも発表されている。(詳しくは該当記事MODの記事も参照)

なお、現在Steamで購入できるのはSource Engineリメイクされた「Half-Life:Source」であり、発売当時とは大きく仕様が異なっている。古いMODを導入するにはCD媒体で発売されているバージョンが必要になるので注意。

公式では日本語に対応していないがユーザー製の日本語MODが作られている。余談ではあるが、旧オリジナル版ではもともと字幕表示の機がなく、NPCの音にあわせて字幕を表示するMODを開発するという気合の入った日本語MODが作られていた。


■sm1386813?[ニコ動]

■sm23324149[ニコ動]


Opposing-Force


HL物語外伝的作品。開発は後にBorderlandsシリーズを開発したGearbox Software

本編で敵対勢Opposing-Force)であった海兵隊側の視点物語を追うという内容。ストーリーHLと同じ時間軸にあり、HL本編られていなかった物語背景が本作で明らかになり、またある場面ではHL主人公であるゴードン・フリーマン撃することになる。

■sm1505662[ニコ動]


Blueshift


2作外伝作品。開発はGearbox SoftwareHL本編の冒頭でいていた警備員バーニィ・カルフーンの視点から事件を追うという内容。HLからHL2までの間のバーニィの行く末が描かれている。またこちらもある場面でゴードン・フリーマンと遭遇することになる。

発売当時はHLグラフィックを強化するパッチも同梱されていた。

■sm1716264[ニコ動]


Decay


PS2で発売された3作外伝作品。ブラックメサ職員の2人の女性科学者(Blueshiftで監視カメラに映っていたハザードスーツの人物)の視点で描かれている。Co-opプレイ専用として設計されており、PC版の発売も予定されていたがそちらは開発中止となった。現在ではユーザーによるMOD版が存在している。

http://www.moddb.com/mods/half-life-decay[外部]


Uplink


かつてWeb上で開されていたオリジナル版の体験版。当時のグラフィックボードに付属していた体験版本編とは異なる独自の内容になっている。現在Steamでは開されていないが、ファンサイトからダウンロードすることが出来る。

http://www.halflifeuplink.com/[外部]


Further Data


現地の小売店を通じで償で配布された追加データ集のCD-ROMUplinkとマルチプレイで使用できるスプレーキャラクターモデルを収録したものであった。Steamでは開されていない。こちらも現在ファンサイトでダウンロードすることが出来る。

http://www.halflifeuplink.com/furtherdata/[外部]


Black Mesa


ユーザーによって製作されたSource engineHL本編の内容を全て再構築したリメイク的作品。当初は2004年HL2が発売された直後、HL2MODBlack Mesa: Source」として開発が始まったものだった。クローズドな環境で開発が進められており長らく音沙汰がなかったため、一時期コミュニティの間では関発の頓挫を疑われてしまうこともあったが、2012年スタンドアロータイトルフリーゲーム)として発表された。本作はModbdでの2012年度の大賞に選出され、現在最も高い評価[外部]を得ているMODである。

2014年現在リリースされているバージョンでは本編終盤のXENに突入する直前までをプレイすることができる。また、UplinkをリメイクしたBlack Mesa:Uplinkもリリースされている。

■sm18886949[ニコ動]
■sm19693414[ニコ動]


Half-Life2


前作のおよそ20年後を舞台にしている。その間ゴードンはG-MANに閉されており、老化はしていないようだ。年を経てXEN生物地球上に根付いたらしい描写がされている。ゴードンブラックメサ時代の上ブリーン博士の作り出したCity17という都市舞台に、ゴードンレジスタンスとともに、ブリーン博士コンバインに立ち向かっていくという内容。

新しく開発されたSourceEngineを採用しており、当時は「次世代のグラフィック」とも言われていた。また、物理演算を生かしたギミックの評価も高い。(より詳しい内容はHalf-Life2も参照)

■sm119092[ニコ動]


Lost Coast


2005年に発表されたHL2外伝的作品。現在ではHL2の製品に付属されている。HL2本編で没になった内容を再利用したものである。ゲームというよりも当時の技術デモに近い内容。続編の開発の遅れを誤魔化してたとかなんとか・・・。

■sm309412[ニコ動]


Episode One, Episode Two


HL2物語の続編。2006年2007年リリースされた。ゲームエンジンにも若干良が加えられている。Episode Twoの最後にはEpisode Threeへの布石とも言える展開が待っているが・・・。

■sm318206[ニコ動]
■sm1249157[ニコ動]


Half-Life2 Suvivor


2006年6月タイトーアーケード用にカスタマイズした対戦FPS。2つのジョイスティックと2つのペダルを使って操作する。バトルモードストーリーモードミッションモードがある。バトルモードは4v4のマッチプレイが楽しめた。ミッションモードは制限時間以内に定のポイントアイテムを集めたり、ゴールまで移動する3つのものがある。ストーリーモード本編の一部でアイテム暴力表現が一部変更されていた。2010年2月サービス終了


Episode Three, Half-Life 3


2007年に発売されるとされていたが延期され、2008年コンセプトアートの一部を開してからは全く音沙汰がない状態である。2014年現在では半ばFOREVER的な扱いがされたり、プレイヤーたちによってValveゲームのどこかに"3"にまつわるメッセージが隠されているではとこじつけ解析がされている。


関連商品


■azB000VGS6WC
■azB000BT7EFY
■azB00005BIQK
■azB00I8ZT8Z2


関連作品



関連項目



最終更新日: 14/11/13 21:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ