ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


HMX-12 マルチ


ヨミ: エイチエムエックスジュウニマルチ
掲示板をミル!
77カキコ!

HMX-12 マルチとは、ゲームTo Heart」に登場するキャラクターである。
CV堀江由衣


概要


HMX-12 マルチ by ID: 0NEoi7gA3Q HMX-12マルチスレ#12

To Heart現在(当時の97~99年あたり)を舞台にした日常的な話ではあるが、登場人物に非現実的な存在である魔術師超能力者、ロボットアンドロイド)が居るという特徴がある。その内、ロボットにおいては、既に本作の舞台設定では既に実用化され、一般庭に使用されて風俗染んでしい物ではくなっている点が前二者と異なる。

マルチ庭用汎用アンドロイドの試作メイドロボであり、テストとして浩之らが通う高校1年生として入学してくる。作中では、学校の階段で転びそうになる所を浩之が受け止める形で初登場。

性格はロボットと思えない程極めて邪気で純であり、人に喜ばれる事が好きで頑りやである。
はわわ~」が口癖。その上、が付くドジっ娘であり、時々オーバーヒートして倒れてしまう事もある。

そのドジっぷりと一生懸命なその健気さに心奪われた人は数しれず、PC版の時点で行われた公式人気投票ではなんと得票率4割という数字を叩きだしぶっちぎりのトップPS版では他のキャラ人気が底上げされた関係で全体に占めるファンの割合こそ減ったが、To Heartでは不動の1番人気であるのみならず、当時のエロゲーギャルゲー系雑誌等の人気キャラランキングでも上位を独占したため、現在でも萌えの代名詞とされる事は少なくない。また、マルチシナリオは多くの人が感動し、後の「Kanon」や「AIR」等と言った泣きゲーシナリオの走りとも評されている。

彼女の生み出した「ミートせんべい」は伝説であり、ファンが実際に作って再現までした逸品である。

同時期に開発されたHMシリーズ姉妹機に「HMX-13 セリオ」が居る。(上層部の意向はマルチセリオの同時トラアウト試験の結果で成績の良い方を製品化(商品化、量産化)するというものであった。)

尚、作中の時点では最新メイドロボなだけあり、メイドロボの中でもかなり精密に作られており、や唇、更には胸も柔らかい素材でできている。また、(PC版では)Hも可となっており、アレソレまでしっかり人間同様に機する。因みに補助電水素発電を行う為、(きれいな)おしっこまで行う。

スペック的にセリオよりもかなり劣っている(人間とあまり変わらない)のだが、これは開発スタッフが敢えてそう設定した為である。

充電やデータ管理には当初PC版では専用の機材が使われていたが、PS版以降はノートPCで行われている。初期は左腕をケーブルPCに接続し、後頭部を電に接続していたが、最終的にアニメ版では左腕一本のケーブル(恐らくUSB接続と思われる)に統合されていた。

番のHMは、「ホームメイド」、もしくは「ヒューマンメイデン」の頭文字であり、試作機にはそれに加え、試作機を意味するXが付加されている。

テーマBGMは「夢見るロボット」であり、曲名の通り、マルチは夢を見る事が出来る。
尚、このテーマBGMPC版PS版若干メロディが異なる。

試作のセールスポイントとしては、感情があり表情豊かな事である。
しかし、HM-13 セリオと共に量産されたHM-12 マルチは、スペックの底上げがされたが、感情に関する機削除された。このHM-12は、感情がい(希薄な)為、HMX-12とは異なりハイライトい表現になっている。

PS版マルチシナリオクリアすると「肩揉みマルチ」というおまけモードプレイ出来るようになる。
また、ポケットステーションTo Heartセーブデータを保存するとポケステの液晶画面にセーブアイコンの代わりにアニメーションするマルチの顔が現れる。

マルチ主人公にしたスピンオフ作品に「おでかけマルチ」がある。
但し、本作に登場するマルチとは別個体である。


関連動画



■sm152982[ニコ動]

■sm14787514[ニコ動]
■sm32608[ニコ動]
■sm380100[ニコ動]
■sm70936[ニコ動]
■sm633417[ニコ動]


関連静画


■im1568751(静画)
■im1192131(静画)


関連商品


■azB00005OVX0
■ysdy2com_maruti
■azB000NVJMRI
■azB001AIRJSW


関連項目



最終更新日: 13/02/04 04:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ