ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


HTTPステータスコードの一覧


ヨミ: エイチティーティーピーステータスコードノイチラン
掲示板をミル!
15カキコ!

HTTPステータスコードとは、RFC2616によって定められた、サーバからのレスポンスの意味を表現するものである。3桁の数字からなる。


コード一覧


HTTPステータスコードは100の位で大まかな種別を識別し、下2桁で細かい内容を識別する。
また、IISでは、401403404をさらに細かく区分しているが本来これは標準ではないので割愛する。
概略を説明すると診断のために必要な情報であるという程度である。

原則として、IANAが提供しているHTTPステータスコード一覧[外部]に掲載されているものについて取り扱う。ただし、418については掲載されていないが記事があるので触れる。

また、ニコニコ大百科に個別に記事のあるステータスコード太字で記載するので、詳しくはリンク先の記事も参照にされたい。


1xx - Informational


この系列は暫定的なレスポンスとして返される。そのため、レスポンスには中身がない。

1xxステータスコード一覧
番号・説明句 概要 出典
100 - Continue クライアントリクエスト継続すべきである。サーバはすべてを処理した後最終応答を返さなければならない。一般にこのコードが使われることはほぼないはずである。こちらから要をしない限りは。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
101 - Switching Protocols サーバクライアントから示されたことに従いプロトコルを変更する用意がある。このコードは一般に見えることはないが、WebSocket(RFC6455[外部])という技術を使う場合は確実に使うことになるので今後お世話になる機会は増えるだろう。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
102 - Processing リクエストは受理されたがまだ了していない(おそらく20以上かかるだろう)。後継規格のRFC4918[外部]では削除されている。 RFC2518[外部](WEBDAV)
103 - Early Hints 予定されるレスポンスの一部である。これにより、先読みブラウザに可にさせる。 RFC8297[外部](ヒント提示)

2xx - Success


この系列では原則としてリクエストは正常に受信され、処理され、受理されたということを示す。

2xxステータスコード一覧
番号・説明句 概要 出典
200 - OK リクエストは成功した。一般的にはこれに一番お世話になっているが気づくことはないのが普通。ただ、ステータスコードが200でも「ページが見つかりません」とか言うやつがたまにいる(いわゆるソフト404)ので注意。クローラーもこれには苦戦する。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
201 - Created は正常に作成された。レスポンスボディ内部にその資の場所は書かれていてもっともそれをよくあらわすものはLocationヘッダにある、とされている。とはいえまずこれのお世話になることはないはず。POSTなら200が戻るはずなので。それと、これが戻ってきた段階ですでに資は作成されているべきである。そうでないならば202を戻すこと。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
202 - Accepted は受け付けられたが処理はまだ了していない。このステータスに伴う応答本体には現在状況と、監視場所か要了見込み時刻のどちらかがあるべきである。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
203 - Non-Authoritative Information この資は自分で管理しているものではなく、ローカルもしくは第三者からのコピーである。スーパーセットサブセットでもかまわない。その場合でも必ずしも203である必要はなく200でもよい。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
204 - No Content メタ情報更新はあるが応答の中身は一切ない。UAは見え方を一切更新すべきではない。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
205 - Reset Content UAは見せ方を更新すべきである。この応答には中身を一切含んではならない。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
206 - Partial Content 部分的GETをサポートする場合で、その資定された一部分である。部分的GETといってなじみがないかもしれないが、実際に2chブラウザの一部はこれをサポートしている。これによりいちいち毎回書き込み全部を読み込む必要がなくなるので回線を圧迫しなくなる。2chブラウザにおける部分的GETの使い方についてはこちら[外部]から。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
207 - Multi-Status COPYメソッドで複数資を対にしたが一部資について失敗したなどの場合に返る。 RFC4918[外部](WebDAV)
208 - Already Reported 同一集合に対する複数束縛の内部メンバの模倣を回避するために使われる、とかかれているが何を言っているのか著者には不明。詳細わかる人執筆希望 RFC5842[外部](WebDAV)
226 - IM Used この要素について1以上のインスタンス操作が行われている。 RFC3229[外部](HTTPにおける差分符号化)

3xx - Redirection


この系列ではユーザーエージェント(ブラウザロボット)に対し追加のアクションめる。たいていの場合は別のURLリクエストを変更することになるだろう。なお、古い規格ではリダイレクトの回数は5回までに制限することが推奨されていた。基本的にリダイレクトは帯域を圧迫するなどデメリットしかないので何らかの方法で無限ループを抑止するべきである。

3xxステータスコード一覧
番号・説明句 概要 出典
300 - Multiple Choices この資には複数の表現が存在するからユーザはお好みの場所を選択すること。そうすればそこへリダイレクトされるだろう。ただ、実際にこれが使われることはほぼないといってよい。というのもたいていはそうは組まないからである。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
301 - Moved Parmanently その資は新しい永続的URIへ移転した。たいていの場合末尾にスラッシュを忘れた場合にスラッシュを付与するために使われるが、本当にサイトそのものが移転した場合にも使われる。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
302 - Found そのURLは一時的に別の場所に移転している。リクエストメソッドを本来は変更してはならないのだが、しばしば303の用途に用いられてしまったため(あちらはメソッドをGETに変更する)本来の用途のために307が新しく作られた。2chブラウザの場合はたいていdat落ちした場合に使われる。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
303 - See Other 示された場所をGETするように。ただ、多くのUA303をうまく認識しないため、302が代用として使われてしまうという状況に陥っている。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
304 - Not Modified 条件付GETで特に問題はないが、更新がない場合に発生する。2chブラウザの場合、差分GETをしようとしたときに何も更新がない場合に使われる。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
305 - Use Proxy Locationヘッダで示されたプロキシを使うこと。なお、この応答はオリジンサーバ(要するに元コンテンツをもってるサーバ)以外は生成してはいけない RFC2616[外部](HTTP/1.1)
306 - (Unused) このコードはかつては使われていたが現在バージョンでは使われていない。なので予約済み。1996年のドラフト[外部]では、Switch Proxy(別のプロキシを使うこと。当然プロキシサーバが生成する)が割り当てられていたようである。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
307 - Temporary Redirect 一時的に別のURIにある。要するに302が誤用されすぎたために代わりに増えたコードである。 RFC2616[外部](HTTP/1.1)
308 - Permanent Redirect 永続的307と考えれば差し支えない。 RFC7238[外部](HTTPステータスコード308(永続的リダイレクト))

4xx - Client Error


この系列ではクライアントリクエストには何らかの問題を抱えていてサーバリクエストを処理することができない。たいていの場合本番環境なら本当にクライアントに原因があるが、開発環境だとしばしば、本番環境でもまれにサーバ側に原因がある場合がある(たとえば.htaccessの設定を間違えたとか)。


次へ»
最終更新日: 20/10/13 07:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ