ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


III号突撃砲


ヨミ: サンゴウトツゲキホウ
掲示板をミル!
18カキコ!

III号突撃砲とは、第二次世界大戦ドイツ軍が開発・運用した兵器である。
当記事では「突撃」の全般についても記述する。


概要


第一次世界大戦にて初めてその姿を現した「戦車」は、歩兵部隊の戦闘支援するための兵器として登場した。第一次大戦後の戦間期においても、世界はこの概念を元に新戦車の開発を続けていった。

一方ドイツでは、複数の戦車をもって編成したものを「戦車師団(機甲師団)」と名づけ、歩兵部隊とは別に独立して作戦行動を行うことができる機動のある部隊を生み出した。その中で、より本格的な歩兵支援のための兵器として新たに開発されたものが「突撃」である。

開発は1936年中旬よりダイムラーベンツ社にてスタートし、1939年末に制式採用されアルケット社での生産が始まった。「III号突撃砲」という名前は大戦後期にIV号突撃が開発された際につけられたもので、それまでは単に「突撃Sturmgeschütz、シュトゥルムゲシュッツ)」と呼ばれていた。ドイツ外では専ら「自走砲」として扱われた。


突撃砲について



開発経緯


が開発される発端となったのは、第一次世界大戦終結からおよそ10年後のことであった。

な榴弾を発射できる「野」は歩兵では撃破が困難なトーチカの攻撃に役立ったものの、間接射撃では命中精度に難があり前線への進出が望まれていた。しかし強大な火力ゆえの重量や、地形の状況や人に頼らざるを得ない機動性、さらに飛び交う前線における砲兵の安全性に関する問題も同時に生じていた。

そこでドイツは、民間向けのキャタピラトラクターに第一次大戦後期に活躍した77mm野各種(7.7cm FK 96 nAや7.7cm FK 16など)を搭載したオープントップ式の車両を作り上げ、機動性の問題を解消した。さらにその後は乗員を守るために様々な部位に装甲を施し、最終的に戦闘室は全に密閉された。

こうして生まれた兵器が、歩兵部隊の「突撃」のために高火力提供する自走式の「」、「突撃」である。第二次世界大戦で使用された突撃は本格的な戦闘車両である戦車ベースとなっているが、先述した開発経緯をもつため運用兵科は砲兵部隊であり戦車部隊ではない。


支援戦車との違い


当時のドイツでは同じ75mm短を搭載する車両としてIV号戦車が存在するが、これは対戦車戦闘主任務とする「戦車」として開発されたIII号戦車に対し、機関銃座やトーチカなど歩兵部隊の脅威となる障物を排除することを主任務とする「支援戦車」として開発されたものである。

IV号戦車とIII号突撃砲は同じを備えその標も同一であるため一見運用法の違いが分かりにくいかもしれないが、IV号戦車の役割が「先を切り後続する歩兵部隊のためにを切り開く」ことに対し、III号突撃砲は「歩兵部隊と行動を共にし相手にとどめを刺す」という考え方である。IV号戦車が全周旋回を生かした機動戦闘を行う一方でIII号突撃砲はを持たない代わりに火力と装甲を強化し、文字通り歩兵部隊の「」の役割を果たした。

先述の通り当時の世界における戦車歩兵セットえる「歩兵直協」という概念が当たり前となっており、そのような中で生まれたドイツの発想は新かつ優れたものであり、電撃戦による々しい勝利に繋がったのである。


「駆逐戦車」への変遷


独ソ戦が始まると歩兵部隊にとっての最大の脅威はコンクリートで固められた頑強な地である「トーチカ」ではなく、より高い火力と防御、そして何よりも機動を備えどこにでも弾を撃てる「戦車」へと変わっていった。また同時期に戦車の対戦車にも不足が立ちはじめたため、それと並行する形で長身化が進み「駆逐戦車」へと変わっていった。

に限りがある点は変わらないが、戦車よりも防御や生産性に優れた本は特に大戦後期になって増えてきた防御戦闘においてはかなり重宝された。それ故に「どの部隊で運用すべきか」という議論まで発生し、本の配属先を巡り機甲科と砲兵科で取り合いとなったこともあるほどであった。

こうして「突撃」は本来の歩兵支援任務ではなく対戦車戦闘任務が体となってしまった。しかし決して歩兵部隊が見捨てられたわけではなく、正式な歩兵支援専用車両も別途開発されている。これについてはの項で解説する。


バリエーション


Sturmgeschütz III Ausf.A(III号突撃砲A型
最初の生産Sd.Kfz142の特殊車両番号が与えられた。
被発見率や被弾率を下げるため高は一般的な歩兵身長えないように設計されており、それにより低くなったシルエットが大きな特徴である。ベースとなった台はIII号戦車Fのものであり、これはIII号突撃砲Dまで使用され続ける。
武装は75mm戦車37(7.5cm KwK 37)の突撃である「75mm突撃加農砲37(7.5cm StuK 37)」を1門(携行弾数44発)、装甲は最大50mm、最高速度は40km/hである。
突撃が搭載するは用途によってつけられる名前の違いのみで戦車とは外見から構造にいたるまで変化はないが、新たに間接照準器が搭載され6000mまでの間接射撃が可となった。主任務である直接照準射撃による戦闘だけでなくある程度の間接照準射撃もできることから、いわば「装甲の厚い自走榴弾」といった位置付けである。
さらにトーチカなどコンクリート製の地を攻撃するために、い段階から成形炸薬弾が開発された。この弾は戦車に対しても威を発揮し、厚い装甲と低いシルエットを生かした巧みな待ち伏せ戦術によって当時のIV号戦車よりも対戦車戦闘において活躍した。
1940年1月から同年5月にかけて30両が生産された。なお、後にティーガーエースとして名を馳せるミハエル・ヴィットマンバルバロッサ作戦時に乗り込んだのもこのA型であり、たった1両で実に16両ものT-26戦車を葬ったといわれている。
Sturmgeschütz III Ausf.B(III号突撃砲B型
A型で、上部補助輪の位置変更や新の起動輪および誘導輪の採用、ならび履帯幅の変更などに足回りの良が行われた。
1940年6月から1941年3月にかけて320両が生産された。
Sturmgeschütz III Ausf.C/D(III号突撃砲C/D
B型で、操縦士用視察口の上にあった観測用ピラミッドを内側から見たように段々になっている部分)をし、新たにその背面上部にハッチを設けそこから間接照準眼鏡を使用することができるようにした。
DはCの内装のうち伝管を咽頭(いんとう)マイクに変更したものであり、外見上の変化はない。
Cが1941年3月から同年5月にかけて50両、Dが1941年5月から同年9月にかけて150両が生産された。
Sturmgeschütz III Ausf.E(III号突撃砲E
C/Dで、内装備として7.92mm MG34(携行弾数600発)が装備された。また体前面下部に予備履帯を搭載するためのラックも追加された。さらに戦闘室が若干設計変更され75mm弾の装弾数が50発に増えた。台はIII号戦車Hのものが使用され、後述するIII号突撃砲Fについても同様である。
1941年9月から1942年3月にかけておよそ280両が生産された。本来ならば500両ほど生産される予定であったが、独ソ戦で遭遇したT-34KV-1といった重装甲の車両には成形炸薬弾をもってしても火力不足であったため打ち切りに至った。
Sturmgeschütz III Ausf.F(III号突撃砲F
戦車用に設計されたうちの最初の。ほぼ同じ時期に登場したIV号戦車F2と同様に長身の43口径75mm戦車40(7.5cm KwK 40 L/43)の突撃である「43口径75mm突撃加農砲40(7.5cm StuK 40 L/43)」を搭載した。これにより尾部分が上部装甲と干渉してしまったため当該部分をかさ上げして解消し、同時にベンチレーターも追加し発射ガスの充満を防いだ。また内容積の良も行われ、75mm弾の装弾数が54発に増えた。さらに体前面の装甲が50mmから80mmに増圧された。
1942年3月から同年9月にかけておよそ360両が生産された。このうち最後の31両に関してはより強48口径75mm戦車40(7.5cm KwK 40 L/48)の突撃48口径75mm突撃加農砲40(7.5cm StuK 40 L/48)」を搭載した。
Sturmgeschütz III Ausf.F/8(III号突撃砲F/8
Fのうち第8期生産分から台が変更となり新系列として扱われた。新たにSd.Kfz142/1の特殊車両番号が与えられた。
新たに使用されることになった台はIII号戦車JおよびLのもので、後述するIII号突撃砲Gでも使用された。には48口径75mm突撃加農砲40が最初から装備され、体の前後にあった牽引用フック体側面を延長加工したハトに変更されたことが外見上の違いとなっている。この様式もGに引き継がれた。
1942年8月から同年12月にかけて250両が生産された。
Sturmgeschütz III Ausf.G(III号突撃砲G
F/8で、III号突撃砲シリーズの最終である。台にはIII号戦車J/Lの他にMも使用された。
体はそれまで垂直面が多かったが、本はわずかながら傾斜を持つ装甲で全体を構成するようになった。
新たに回転可長用キューポラが装備されたが、途中で駆動部分に使われるボールベアリングが連合軍の爆撃で調達困難となってしまったため19439月から1944年2月の間はボルトで止めて固定式とした。
内装式であった7.92mm MG34体上部に移動し、折り畳み式の防を通して対地対の双方に射撃ができるようになった。1944年4月にはこれを内から遠隔操作するテストが行われ、前線部隊からの反応が良好であったためそのまま採用された。さらに同年6月には同軸機も追加された。
その他の良点を挙げると、ピストルポート・シュルツェン・ツィメリットコーティングの追加や戦闘室内各視察口の防弾強化および構造の簡略化、基部のザウコフ(の頭)の装備、履帯や転輪ならびに変速機の善による機動性の維持などがある。これらは生産時期によって仕様が異なっている。
の生産が開始される頃にはIII号戦車戦車としての性不足が明瞭となったため、それまでの生産ラインをすべて突撃台に切り替えられることが決定した。これに加えて前線からの突撃増備の要望が増え続けたため、従来べて生産数は爆発的に増加した。
1942年12月から1945年7月にかけて7893両が生産された。このうち修理のために前線から引き上げられた車両改造したものが173両である。
III号突撃砲各種の総生産数を合算するとおよそ10500両にものぼり、ドイツ軍車両として最多を誇ることからも本がいかに優れていた兵器かをよく表している。

派生型


Sturminfanteriegeschütz 33B(33式突撃歩兵
III号突撃砲E台に15cm sIG 33(厳密には車載用の15cm sIG 33/1)を搭載した自走重歩兵
III号火炎放射戦車と同様にスターリングラードでの戦の化によって必要とされた車両の一つであり、それまでの自走重歩兵とは異なり全に密閉された戦闘室を持つ防御に優れた車両となった。
1941年12月から1943年初頭にかけて24両が生産された。
Sturmhaubitze 42(42式突撃榴弾
を10.5cm leFH 18に換装し火力向上を図った突撃Sd.Kfz.142/2の特殊車両番号が与えられた。
従来が対戦車仕様となったために新たに開発されたと思われがちだが、本の開発が始まったのは1941年半ばであり従来改造で作られた試作9両が同年11月レニングラード戦線に投入されているため、長身化よりもかなりい段階で実用化が進んでいた。ただし本格的な量産に入ったのは大戦中期からであった。
1942年12月から1212両が生産された。本も生産中にIII号突撃砲Gに則った各種良がおこなわれた。

関連動画



■sm7218782[ニコ動]

フィンランドソ連の間で繰り広げられた継続戦争を描いた戦争映画「Tali-Ihantala 1944」の序盤にT-34戦闘を繰り広げるシーンがある。ここで登場するGは機の変更や雑具が追加されたフィンランド仕様となっている。

■sm8452621[ニコ動]

動態保存されていたGを用いて実戦の様子を模擬的に演じた様子を映した映像。対戦車戦闘に適した低いシルエット歩兵直協の様子がよくお分かり頂けるであろう。


関連商品



次へ»
最終更新日: 13/08/14 20:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ