ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


IV号戦車


ヨミ: ヨンゴウセンシャ
掲示板をミル!
155カキコ!

IV号戦車とは、ドイツ第二次世界大戦時に使用した中戦車で、大戦全期にわたってワークホースとしてドイツ機甲師団の中核を担った縁の下の持ちである。


概要


ドイツ再軍備に伴い計画された戦車開発の中で、対戦車戦闘III号戦車に随伴し歩兵火力支援を行う車両としてIV号戦車が開発されることになった。そのため開発秘匿名称もベグライトヴァーゲン(B.W.)として呼ばれることになる。III号戦車のときと同じく複数社の競作が行われ、クルップ社のB.W.I.が選ばれることになる。

体のコンセプトIII号戦車以上に大きいターレトリングをもち、後の発展良に耐えうる形をもつほか、バスケットなどを備えていた。ただしその他の部分では保守的な装備で、サスペンションはIII号戦車のトーションバー方式ではなくリーフサスペンション(バネ)方式を選択した。歩兵支援ということもありそれほど過大なを積むことはないという考えもあったかもしれない。

1937年10月より生産がスタートしたIV号戦車(A型)だったが、もともと歩兵火力支援ということもあり、火力(7.5cm/L24)も装甲(20mm)も貧弱なものだった。これは当時の諸外における歩兵支援戦車ルノーR35Mk2マチルダIIべると火力は同等でも装甲という面では見劣りしていた。とはいえ装甲が軽いことは機動に優れているということでもあった。以後、F1(F前期)までじりじりと装甲は厚くなるものの、短身7.5cmは相変わらずのままだった。

とはいうもののフランス戦で予見できた対戦車火力の貧弱さはバルバロッサ作戦以降の独ソ戦全に露見。ソ連戦車T-34にたいしてIII号戦車、IV号戦車共に火力で対抗できず、8.8cm Flak発射でなければ撃破できないという状況に陥り方針転換、F2で7.5cm/L43という長身7.5cmに換装(直後GよりL48に変更)。合わせて装甲も体前面50mmに増加され、ここにIII号戦車に代わって対戦車戦車としてドイツ軍戦車部隊のとなり、以後Jにいたるまで細かいアップデートを繰り返していくことになる。V号戦車が開発されたあとも生産は続き、実質ドイツ軍戦車部隊の中核として最初から最後まで戦うことなり、ワークホースと呼ばれる所以となった。

またその体を生かしてさまざまなバリエーション車両が現れた。代表的なものとしてはIV号突撃IV号突撃戦車<ブルムベア>、IV号駆逐戦車ナースホルンフンメルといった自走砲メーベルワーゲン、ヴィルベルヴィントといった自走対戦闘車両などなどである。

このように様々な活躍をしているが、同時期に活躍したⅢ号戦車や大戦後期に劣勢になったドイツ軍を支えたパンターⅤ号戦車)やティーガーⅥ号戦車)といった戦車のせいで一般ではあまり知られていない可哀想な戦車であった。

しかし、2012年に放映されたアニメガールズ&パンツァー」においてなんと号D主人公たちの乗として登場し、大活躍した。その甲斐あってか、ありがたいことにパンターにも引けを取らない知名度を獲得した。また、そのおかげか日本各地の模型ショップから号をはじめとする戦車プラモデルが軒並み売り切れるという現も一時起きた。知名度が上がるよやったね号!


バリエーション



次へ»
最終更新日: 19/05/11 15:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ