ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


JSF


ヨミ: ジェイエスエフ
掲示板をミル!
2カキコ!

JSFとは、以下のことを表す。

  1. Joint Strike Fighter (統合攻撃戦闘機)。アメリカで進められている次世代戦闘機開発計画。現在ロッキード・マーティン社のF-35 ライトニング IIが選定され、開発継続中。
  2. JavaServer Faces
  3. SpecialForce 日本
  4. 軍事ブログである週刊オブイェクト管理人。→ 週刊オブイェクト

1.の概要「JSF計画の歩み」小林 健  航空ファン2006年9月号


アメリカでは、軍のF-16A-10軍・海兵隊A-6F/A-18海兵隊のAV-8Bといった機体について、21世紀に入ると後継機が必要になると考えられていた。当然これらの後継機は個別に開発する計画が立てられていたが、ソ連崩壊に伴いアメリカ防支出は削減されつつあり、防総も装備品について「アフォーダビリティ(取得性)」を重視するようになっていることが影し、いかにコストを抑えて開発を行うかが重要になった。

まず1993年に各種の開発計画を「統合先進攻撃技術機(JAST:Joint Advanced Strike Technology)」に一本化することが決められた。1994年には共用アフォーダブル軽量戦闘機(CALF:Common Affordable Light-weight Fighter)と呼ばれる研究計画もJASTに吸収された。ここでプログラム名は統合攻撃戦闘機(JSF:Joint Strike Fighter)にめられ、航空機メーカー各社から提案を受けてそこから2社を選んで飛行試験を実施、そして1つの原機からCTOLCVSTOVLの3タイプを容易に製造できることを実することをめていくことが決められた。

まず概念実段階(CDP:Concept Demonstration Phase)において防総1996年を期限として各航空機メーカーに提案要書を発出、ボーイングロッキード・マーティン、マクダネルダグラスの3社が回答した。提案書の審を行い、ボーイングロッキード・マーティンチームを選定、それぞれに対して実物大実機を開発して試験を行う契約を行った。ボーイングX-32を、ロッキード・マーティンはX-35をそれぞれ2機製造、X-32の初号機は2000年9月に初飛行、X-35の初号機も2000年10月に初飛行し、試験を行った。

2001年10月26日防総CDP審の結果を発表し、次の段階であるシステム開発実SDD)に進む企業ロッキード・マーティン名している。


関連項目



3.の概要


JSFとは韓国人気オンラインFPSゲーム SpecialForce(通称SF)の日本版のことである。 韓国SFがKSF(Korea SpecialForce)と呼ばれるのに対し、日本版をJSF(Japan SpecialForce)と呼んでいる。アメリカ版(アメリカ版はSoldierFront)をUSF(U.S.A.SpecialForce)タイ版をTSF中国版をCSFと呼ぶことが多い。

ラグ・ロスのいKSFべ、JSFは回線の状況によって弾ロスが起きたり、ラグが発生することが頻繁にある。そのゲーム性、運営Hangame無料ゆえに「ゆとり世代」と呼ばれる世代が多く、プレイヤーによる暴言・オーバーキルなどマナーの悪さから日本での人気はあまり高くない。

非公式ファンサイトのSpecialForce-SNS企画された「衛生兵杯」・「SNS杯」は最も盛り上がる非公式大会である。


関連項目



最終更新日: 18/03/15 23:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ