ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


K.I


ヨミ: ケーアイ
掲示板をミル!
482カキコ!

画像はゆりかわ先生の漫画に出てくるK.I氏をモチーフとしたキャラクター「店長」

K.Iとは、格闘ゲームプレイヤーでもある。

かつては中野TRFプロに所属する作業用アイドル修羅店員として名を馳せていた。

タグに「KI[動]」。


概要


K.Iとは、中野TRFプロ所属の最強修羅である。
年齢一桁台からのゲーセン通いから生まれた類の勝負強さ、
一日24時間感謝の作業によって培われた正確コンボ精度から「精密KI械」とも言われている。


プレイヤーとしての戦歴・特徴



特徴


常人とは情報処理が違う」とさえ言われるその実を支えているのは、

などが代表的な要素である。

特筆すべきなのは「追い詰められてからのしぶとさ、勝負強さ」である。
実際、この判断・精は一種の懸り的なものがあり、
「体ドットまで追い詰められながらも、当たり前のように反撃し、勝負をひっくり返す」
という様が度々撃されている。

一撃もらえばそのまま10割持っていかれることが普通」とさえ言われる「北斗の拳」において、
このしぶとさは異常であり、そのあまりの理不尽さに「KI補正」なるものが噂されるほど。
(「実はUSBで筐体に接続し、数値を操作しているのでは?」など言われるほど)

この辺りの勝負強さが育まれた背景には、親に隠れてゲーマーをしていた上にバイトも禁止されていた為、ゲームをつぎ込めなかった(食代を削るなどして代を確保していた)が故に長く遊ぶ為には強くなるしかなかった」事が、結果として勝つための貪欲さへと繋がったのであろう。

ちなみに、ダムラジ!第13回でのDAICHI の発言によると、「格ゲー以外のゲームはあまり得意ではない」らしく、特にぷよぷよなどのパズルゲームは相当に苦手らしい。
実際、モミアゲ邸実況ロックマンプレイした際は、小学生でもやらないようなミスを連発。
「この人ホントに闘劇優勝したっす?」などと視聴者から疑われる始末であった。

だが人間だけでFPDの大会決勝まで進出するなど、潜在的なポテンシャルはかなり高い様子。


戦歴


北斗の拳(アーケード)において全一レイ使い。闘劇08、DRCの覇者
またトキユダラオウといったサブキャラでも大会の優勝経験を持つ。
それどころか、中堅キャラケンシロウで74連勝をマークし、弱キャラであるはずのシンを使って24連勝するなど、他キャラを用いたときもトップクラス の実を持つ。
(本人く「ジャギマミヤハート以外は全一クラス」とのこと)

また、北斗以外にも色々な格ゲープレイしている。
餓狼MOWでは牙ストリートファイター4ではサガットを使い、
KOF98の大会に参加したり、新宿ミカドで「ゼクスアリマスカ?」と聞いたりする姿が撃されている。

もちろん、強キャラを使うことには全くためらいがい。さすが機械である。


K.Iの経歴



逸話


それでもTRFの皆に好かれており、ボタン交換の様子を実況されたり、あのひげが、
ガチンコ過ぎて、その姿勢にあこがれる」
「男が惚れる男。志郎みたいな」
などとコメントしている程。実況などでものまねされるのもゆえにであろう。


闘劇08での活躍 そして覇者へ…


闘劇08:北斗の拳には当然のように出場。
2回戦ではデータベースい動きをする28号の前にフリーズを起こすも、即座にリカバリー機が発動。
窮地を脱した彼の前では闘劇06優勝者紅の豚ですら敵ではなく、最後は一撃必殺義によるストレート勝ち。

それは北斗の拳衰退期の頃からイチひげと共に戦い続け、
あれほどの強さを持ちながら大きな大会での優勝経験が長らくかった彼が、
世紀末覇者となった間でもあった。


■sm5534009[ニコ動]


闘劇以後


修羅たちの宴が終わった後も、K.I.は北斗をやめなかった。
ヘキサメチレンナオリぽちといったレジェンドプレイヤーが去っていく中、
彼はランキングバトルにも引き続き参加し、闘劇を制覇したことから覇者と呼ばれるようになった。

2009年3月ミカド店員になった「じょにお」と入れ替わるように新店員としてサプライズ入荷。
「名実共にTRF徴となるのか」「K.I.が皿片付けてる姿とか見たくない」などと言われた。

同年3月4日中野TRF。筐体のボタンの不具合が起きたことにより筐体と初対戦となった。
が、筐体の固いガードを崩すことができず大苦戦。援軍ゲージ活用しての、ほろ苦い辛勝となった。

現在仕事にも慣れ、エプロン姿もに付いてきたご様子。
実況もするようになり、かつての寡黙なプレイヤーとしてのイメージ過去のものとしている。
(同時に愉快なイメージが付き始めているが)

2009年7月6日月曜拳にて、甘いものが大好きであるという事実が発覚。
以前から商品に食べ物がある大会での優勝率が半端ではなく、「食い物が懸かってる試合・大会では負けない」、とはよく言われていたが、それが本人の言によって確定した。
甘いものへの執着は尋常ではなく、この大会での優勝商品となった、お客さんからの「差し入れのドーナツ」をほたる艦長に1つ取られ、「チームメンバー分のドーナツいので店員し」と言われるやいなや、実況しながら「ドーナツドーナツ」としくほしがり、「自分に勝てなかったらドーナツ権委譲」というルールをでっち上げて、卒業試験を迎えたモヒカン自らが全で殺しに行く(しかもトキという暴挙に出た。

■sm7562393[ニコ動]

この一件以降、「商品として甘いものを持ってくる→K.Iが欲しがる→またかが持ってくる」ループコンボによってK.Iの体重が増加。二週間で5kgも総重量が増加し、下半身ドクターが発動したらしい。元々縦にはでかいが横にもでかくなりつつある。

ただしごく稀にだが、甘いものが賞品として提供されても、それを受け取らない事もある。例をあげるならば、2010年10月30日土曜拳では、お菓子とポスターの二つが賞品として提供されたのだが、優勝したK.Iはお菓子を選ばずにポスターを選びとった。

■sm12653929[ニコ動]

ちなみにこのポスターなのだが、当日の生放送において大会終了後、2010年阿波踊りのPR用ポスター2枚組である事が明かされた。ヤフオクで3~4万の値が付いていたという、TRF史上最高額の賞品である。

参考URLhttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100708_awa_toho_kara/[外部]

 

2009年以降、08闘劇前後のキレが見受けられなくなったとして、「最盛期ほどの実はない」「衰えたなK.I」などと動画コメントで言われていた(それでもTRFの大会での優勝率は群を抜いていた)が、2009年12月26日大山ニュートンで開催された、「第一回ダムラジ杯」において、その仕上がりっぷりを見せつけ、見事に優勝した。
プログラムアップデートは万全だったようだ。流石覇者は格が違った。
そこ、あのヘビィがなかったら負けてたとか言わない。

2010年になるともはや北斗に対するモチベーションは下がりきってしまったらしく、
大会以外はほとんど触らずに軸をスト4KOF98へと全に移していた。

2010年7月
とある成年コミック作品に「どう見ても中野TRF」なゲーセンが登場し、「どう見てもロボ」な店員が登場。
中野TRFホットミルクの液に包まれる。
「K.Iだコレ」と散々突っ込まれつつ、自分が漫画キャラになったのがうれしかったのか、
漫画台詞を自ら読み上げたり、作者に次回作のリクエストをしたりと、かなりはしゃいでいた。

■sm11319493[ニコ動]

同年7月寝坊して開店を5時間遅らせ、到着即ロマキャン土下座で謝罪という大失敗をやらかした
夏コミで発行されたTRF同人本でもそのことを暴露され、さらにその土下座写真まで載せられてしまった。
……もっとも、下手をすればワンチャン解雇もある大失態を、土下座で済ませてもらったのだから、
ある意味では幸いである。

2010年12月、なんだかんだでスト4ランバトでトップになってしまい、さらには大幅ハンデ&不調の中(スト4浮気しすぎ?)、北斗ランバトも大逆転優勝を果たしTRF2冠にく。錆び付いたとか言われてもKIはKIだった。

また、年間のシングル大会優勝率が五割だったことも明らかにされたが(つまり二回に一回は優勝している)それを聞いたK.Iは「え、そんな負けてるの」と驚いていたという。

2011年3月東日本大震災ショックも覚めやらぬ視聴者勢の間に「K.IがTRFを退職した」という衝撃の知らせが届く。
現在TRFには来店しているとの事だが、退職以降大会動画には出演しておらず「もうK.Iがマイクを握る事はないのか」と嘆くファンもいる。

2011年6月、とある青年漫画雑誌に「明らかにK.Iをモチーフとした」メイドロボが「エジモチーフにした疑惑がある」店員ニャンニャンする漫画が登場。中野RINの汁に包まれた。
例え動画で喋らなくとも、店員じゃなくなっても、K.Iは人気者なのであった。

2012年には持ちキャラケンシロウに変更して大会に出場したが、後に「今はもう全キャラ使いみたいな感じです」という発言をしている。


次へ»
最終更新日: 15/10/12 16:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ